新世紀エヴァンゲリオン劇場版 シト新生の作品情報・感想・評価

「新世紀エヴァンゲリオン劇場版 シト新生」に投稿された感想・評価

言葉足らずなシーンを断片だけ見る

この時代から総集編の劇場版ってあったんだな

やっぱりエヴァは「観る」じゃなくて「考える」なんだよな

厨二的な教養が必要。
ほーく

ほーくの感想・評価

2.5
ナイト・オブ・ザ・リビングデッド、つまんないって言ったひとが倒れてる…

あいつ死んでいいと思うby嘴平伊之助


【千差万別】

私の好きな言葉です

皆さんのレビューやコメントを拝読をしていると、
「でしょ、でしょ!」と相槌を打ったり
「ほほう、なるほど〜」と感銘を受けたり
「なんと、そんな解釈が(*_*)」と目からウロコが落ちたり
いろんな経験をさせてもらってます

皆さんに感謝を


では、作品について


これを映画館で観たみんなは、もっと怒っていいと思う

あ、でも、「魂のルフラン」は神曲


ちなみにどういうことがあったのか
Wikipediaよりコピペです

主人公たちの内面を描いたTVシリーズ第弐拾伍話と最終話の2話は、TVシリーズ第弐拾四話までの伏線や謎の回収を完全に放棄しており、一般的な作劇の方法から見れば物語の完結と言えるものではなかった。本作のパンフレットなどによれば、製作者もそのことは承知していたようである。そのため、TVシリーズ放映終了1か月後の1996年4月に、最終2話は当初の脚本に沿った形でリメイクし、すでに順次発売されていたVHSとLDでソフトとして発売すること、次いで最終2話のリメイクとは別の完全新作の劇場版の製作・公開が発表された。その後、この2つの企画は連動し、1996年11月1日に東京都内において記者会見が開かれ、そこで1997年春にTVシリーズの総集編とリメイク版第25話・第26話をセットにした完結編『新世紀エヴァンゲリオン劇場版 シト新生』が、同年夏には完全新作の劇場版が公開されることが発表された。


岡田茂東映及び、東急レクリエーション会長は「劇場版エヴァンゲリオンは、角川書店の方から持ち込まれ、ぜひ東映で配給して欲しいということで始めたものです。最初は20〜30の劇場で上映を始めたんです。それが、だんだん上映する映画館が増え、150館を超えるようになった。それで、あっという間に配給収入が11億円にまでいってしまった。支援団体から『けしからん、まだ完結してないじゃないか。監督は何をやっている、完結編を早く作れ』ということになって、急遽完結編を作ることになった」、「『失楽園』と『エヴァンゲリオン』は東映で作ってもよくて5億か6億円と普通の数字しか達成できないと判断し、非常に情熱があった角川書店の映画部に全部任せたんです」と述べている。


前売券発売開始日の1996年11月23日には、早朝からオリジナルテレホンカード付きの前売券を購入するファンが行列を作り、一般メディアでも報道された。映画公開前には20万枚以上も売れ、当時の前売券の日本記録を更新したとされる。


しかし、『REBIRTH』編の完成は当初の公開時期に設定されていた1997年春には間に合わないことが事前に判明したため、劇場公開1か月前の1997年2月14日に緊急記者会見が開かれた。その席上で総監督の庵野秀明が謝罪を行い、春の映画では『DEATH』編と制作途中の『REBIRTH』編が公開され、夏に完全版『REBIRTH』編となる『新世紀エヴァンゲリオン劇場版 Air/まごころを、君に』が公開されることが発表された。すでに販売されていた春の映画の前売券は、未使用の券に限り夏の映画でも有効との措置が採られた。


上記のような制作上の遅延もあり、『エヴァンゲリオン』は「まごころを、君に」をもって完結とされ、当初予定されていた「完全新作の劇場版」は制作されずに終わった。後に、2014年の第27回東京国際映画祭のインタビューで庵野秀明自身から「完全新作の劇場版」についての当初のプロットを明かしており、本人曰く「『進撃の巨人』とそっくり」な内容だったという。また、第27回東京国際映画祭の企画である「庵野秀明の世界」において『新世紀エヴァンゲリオン劇場版 DEATH (TRUE)² / Air / まごころを、君に』がTOHOシネマズ日本橋で上映された
旧劇その1

序章に過ぎないよまだ。
問題なのはこの次です。
ヒナ

ヒナの感想・評価

1.5
一生エヴァ詳しい友達に解説してもらいながら観てたけど分かんなかったし私はエヴァハマれないんだろうなーて思った。難しい。
アニメ版を一気見した流れで鑑賞。


絶対自分が好きなタイプの作品と思いつつ、世間での評価の高さから天邪鬼精神が発動してしまい今まで観てこなかったが多感な時期に観ておけば良かったと後悔。
いや今観ても心揺さぶられたけど。


今作はアニメ版のダイジェスト…と見せかけて時系列がバラバラだったりで特殊な作りで、アニメ版全部観てるとそこまで観る必要を感じず、アニメ観てないとさっぱりなので正直どういう位置にあるのかよく分からない作品だった。
この映画はともかくアニメ版は最高。
ひろ

ひろの感想・評価

3.0

このレビューはネタバレを含みます

エヴァ劇場版、GW一気見しちゃいました😊

今までに衝撃を受けたアニメが2つあります。
小学生の時に見た『アキラ』
そして、大学生として見た『エヴァンゲリオン』

こんな投げっぱなしジャーマンいいのか・・と、
20年以上もモヤモヤさせられるアニメなんて、間違いなくエヴァだけです😅

ちなみに劇場版は、全く見ていません。
なんとなく、オリジナルの余韻というか、モヤモヤを壊したくなかったんですよね・・

この作品は?でしたが、調べると制作が間に合わないけれど、大人の都合でリリースしちゃったみたいな、総集編+次回予告ですよね😢
次の『Air』からが本番、期待して次いってみよう!
なるき

なるきの感想・評価

4.9
前日にテレビアニメ版を全て鑑賞した
総集編らしいしな…観なくていいかな…と思いながら観たけど、ただの総集編じゃねえじゃん!
アスカを中心にしてるしセカンドインパクトの原因も言及されてるし、観るべき!
JOE

JOEの感想・評価

-
かなり久々にVHS版を観直したので再投稿
TVアニメ版第弐拾四話までの総集編に加え第弐拾伍話と最終話を作り直したものを公開する予定が諸事情により総集編に新作の第弐拾伍話の一部だけを足して公開された作品
シト新生には劇場公開版以外にもいくつかバリエーションがあるが、これは劇場公開後に再編集し発売されたもの
総集編といっても内容はキャラごとのエピソードで振り分けたような感じになっていてTVアニメの順番通りという訳でもなく、TV版本編をみてないと若干ついていけない可能性もあるような気はしたかな
DETH編が第弐拾四話での長い沈黙後のアレで終わってたの全然覚えてなかった…
そこからエンディングのカノンから休憩とか出てくるのも記憶から飛んでたし
REBIRTH編はまごころを君にの最初から量産型が出て来て輪になって翔んでるとこまでで、そこから高橋洋子さんの魂のルフランが流れて終わるのは記憶通りだったけど、もしあの頃劇場で観てたらここからあの後味の悪さへ繋がっていくとは思わなかっただろうなとは感じた
ある意味シト新生はここまでで良かったのかもしれない
DEATH(TRUE)2として見ました。
総集編としての話で、新しい映像も多いが、中身がテレビアニメを履修してないと分からない内容なので見たことがない人が見ても何もわからないと思う(そもそも総集編でまとめられる作品ではない。)
Air/まごころを、君に を見る人にとっては「あー、はいはい」と振り返られる作品なのでファンにお勧めする作品です。
荻

荻の感想・評価

3.5
総集編だった!
アスカ元気になったの?よかったうれしい
続きがありそうな終わり方で気になるけどまごころみたら分かるのかな?

魂のルフラン聞けてまんぞく〜(^.^)
>|

あなたにおすすめの記事

似ている作品