ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Qの作品情報・感想・評価

「ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q」に投稿された感想・評価

このレビューはネタバレを含みます

どういうことだってばよ。
っていう終わり方を明らかに意図してつくってあるだろうから、謎はシンにとっておくとして。でもシン一本で本当に終われんのかね。
せっかく破で成長したシンジ君も、進んだはずのカセットテープも、彼がQで望んだのは巻き戻すことであって、期待した未来になっていなければ過去からやり直すって、それは要は現状に満足できないからってリセットボタンを押す子供そのものですやん。それこそエヴァの呪いってか。序で始まり破で成長し、Qで後退し、シンではどうなるんだろうね。いつまでもエヴァンゲリオンに拘り、庵野を縛る視聴者もまたその呪いにかかったチルドレンなのかもね。
とみー

とみーの感想・評価

3.5
ひたすらにレズ
カオル君のやりたい放題
そして突然さよなら
でもそれが面白い早よ次作
主人公と一緒に見ているこっちも展開に置いていかれる。
良くも悪くも主人公の視点でストーリーが楽しめる。
バトルシーンは圧倒的に綺麗で見応えあり。
新しいストーリーに新しいキャラクターと、要素がこれでもかと詰め込まれているので満足度も高いが、理解が追いつくには1回見ただけでは厳しいかもしれない。
いらっいらした笑
多分これはいい意味なんだろう!
女性陣の冷たさハンパない。
お前ら何年シンジといるんだよ!そろそろ扱い方わかれよ!あーーほらーーいっちゃったじゃーーん ってかんじ。
んー、考察できる点ばっかで面白そうなんだけど、イマイチ首突っ込みたくないなー。

いや、面白いよ?
でもこれ以上興味のウイング広げたくないんだよなー。

でも胸アツ展開多いっすね。いいっすね。

次回作いつっすかね?
うひゃあ。まさかここに来て黒庵野が復活するとは。せっかく旧劇での鬱状態から脱して戻ってきたのに、また鬱に逆戻りしてもうた。エヴァ創りはよっぽど神経を擦り減らすとみえる。

っていうかシンちゃん可哀想…
せっかく綾波を助けたのに、只の綾波のクローンの1人だったなんて悲しすぎる。
みんなして説明も何も無しに一方的に攻められるし、親父は変なサングラスしてるし…あんまりだ。
あげくの果てにカヲル君まであんなことになっちゃってさ…

カヲル君のくだりはテレビの24話より、ニアサードインパクトは旧劇「まごころを、君に」からのリメイクには他ならないのだろうが、ではここで終わらないならこの先何があるのか?
シン・エヴァへの期待値を高めるだけ高めて続く。
そう考えるとこの鬱展開も重要な気がする。この鬱憤は次作で晴らされる為に溜め込まれたものに違いない。

散々待たされているが、この飢餓感は旧劇を待ち望んだ時と似ている。シン・ゴジラを経て真のエヴァンゲリオンの完結編が見れるのか。
庵野のライフワークというよりは、監督としてのケジメみたいなモノだと思われる。次作刮目して待ってます。
わま

わまの感想・評価

4.5
破の日常感は個人的に大好きなんだけれども、Qの“真に”エヴァっぽい、シンジくん救われなさ過ぎ加減もバカみたいに好き。

何も知らないシンジくん超かわええ。

早よ続き見さしてーーーー!
モリ公

モリ公の感想・評価

3.2
100分間が早い!
でもでも結局続きを見ないことにはって感じになってしまうよ
破があんな終わり方したしQも続編に続く感じで終わってしまったのわずるい、はよ新作作ってください
序盤から胸熱な展開が続きテンポ良く見れた
途中途中のシリアスギャグ、どこまでも置いてけぼりで結果暴走しちゃうシンジ君には笑ってしまった

このレビューはネタバレを含みます

 アスカとマリが宇宙空間で戦闘中、何かを奪還している様子。謎の光を放つ箱が地球に落下する。それを見上げるカヲルくんが言う「おかえり、シンジくん」とここから何を言ってもネタバレになる話。 

 【序】【破】【TV版】【旧劇場版】を見ていないと完全にわからない内容で、少なくとも【序】【破】は見ていないと全くわからない内容になっていました。しかも、話の続きから続きで終わるので物語のカタルシスを得られにくいやボーイズラブスメルが強すぎなどがありましたが。それに前情報を入れずに見に行ったのがよくて、何が起こるかわからない展開で100分あっという間に見ることができました。そのためいろんな人が感想を書いてると思いますが、見てから読んだほうがいいと思います。 

 前2作を見直して軽くストーリーや登場人物を頭に入れてみると、とても楽しめる内容になっていたと思います。 
macoc

macocの感想・評価

2.3
大学生の頃、テレビアニメのエヴァを観てた世代は結構そう云う人いるのではと思うんだけど、「ヱヴァ」になってからのキャラ設定とか重要視してる点とか、少し向かう方向性が違ってしまい、ややモヤモヤしつつ、「まあそれでも気になるし、まあ面白いとも思うし」くらいには感じていた。

前回の「破」にしても、そんなわけでまだセーフだったのだが、「Q」はよくわからんなあ。。。わからない、というのではないな。正直、いまいちつまらなかった。
がらっと変わってしまった世界の説明はろくになく、戦闘シーンは手を抜かずに描く。いや、説明はなくてもいい。だが、それなら戦闘シーンを長々と描く意味がわからない。
もう一度見れば違うのかな?でもいいや。

それでいて、次回作は気にしてるし、また絶対観るだろう。
>|