新世紀エヴァンゲリオン劇場版 Air/まごころを、君にの作品情報・感想・評価・動画配信

新世紀エヴァンゲリオン劇場版 Air/まごころを、君に1997年製作の映画)

Neon Genesis Evangelion - The End of Evangelion

上映日:1997年07月19日

製作国:

上映時間:87分

ジャンル:

3.8

「新世紀エヴァンゲリオン劇場版 Air/まごころを、君に」に投稿された感想・評価

このレビューはネタバレを含みます

見返してた。

初めてエヴァを見たのは中学1年生の頃だ。
そこから自分の人生の全てが変わった気がする。
オタク的な趣味を始めたのもエヴァのせい
考察系の映画や漫画にも興味持ったのもエヴァのせい
サブカル的なものにハマり出したのもエヴァのせい
自己嫌悪と自己愛に苦しみ出したのとのエヴァのせい

大学生になる頃にはエヴァには卒業したけれど
自分の根っこ的な部分にはエヴァが残っていてそんな根っこを外してくれたのがシンエヴァであるとは思う。
正直、旧劇場版の完成度はめちゃくちゃ高くてアスカの戦闘シーンだったり、補完計画の設定の解説だったり、拒絶による現実の証明やラストの気持ち悪い…正直エヴァはここで完結したといっても過言ではないと思う。
そこには、庵野のエゴや個人的な憎愛がいりじっているのは確かだろう。でもそんな中にみんな共感できるところが少しずつあって、エヴァファンはそれぞれ庵野のいろんな悪い面を共感して好きになっていくんだろうと思う。
自分は旧劇場版も大好きだしシンエヴァの終わり方も大好きだと再確認した。
core

coreの感想・評価

4.0

このレビューはネタバレを含みます

エヴァンゲリオンTVシリーズの25・26話をやり直した旧劇場版。

心の壁を取り払い一つになるのか
元に戻り「他人の恐怖」に怯えながらも、日々を過ごしていくのか
シンジがTV版に引き続き、後者を選んだ現実世界を選んだが、最後のラストは何とも言えない気持ちが残った。

今までエヴァのTV版や新劇、多くの考察動画を見た上でこの映画を視聴したが、シンジくんやアスカのことが不憫でならないというのは大きい。


正直、今の自分では上手く言語化出来ないし、評価も何となくでしか出せない。
初見の印象と多面的な視点から見た○回目の印象では360度 変わりそうな作品だなとしか言いようがない。
Yuki

Yukiの感想・評価

-
しんどすぎ
今まで見た何よりもダイレクトに来た、二次元のSFなのに
アニメ版で意味わからず終了、からのこっちも意味わからないよー!監督ーー!!
見応えあるけど助けてー!!!
初めて観たのは中学生の頃だったか···EVA量産型恐かったな~
黒田

黒田の感想・評価

4.8
人生への影響度で言うと最大かもしれんくらいこの映画について考えること多い。
まさに「気持ち悪い」で片付けたら終わりなんだけど、それを超える世界観がある。
いつか絶対子供に見せる。
今更エヴァをアニメからちゃんと観始めました。
日本がアニメ大国と言われる所以が分かったよ…。
バキバキにホラーだしスピりまくっていて大好き。キモ過ぎる。素晴らしい。芸術の域を超えてもはや文化。
m0001

m0001の感想・評価

3.8
エヴァンゲリオン、今更ながら
観はじめたら、抜け出せなくなった

最初はただの戦隊モノとか思ってたし
みんなが観てる理由もまったく理解しにいくことしなかった。

もちろん、いまも言葉にちゃんとできないし
うまく感想にできないのだけども。
わたしは、観てよかった。

脳内の葛藤っていうか
自分の存在意義とか肯定感とか
表現の仕方が本当にね、
すごいとしか言えない。

これは、まごころをきみにの
感想ではなくてアニメのところからのことなんだけど。

うまく言葉とか映像化できないんだけど
きっと誰しもが一度は感じたことがある
あの自分の中の記憶とか、内側向いた言葉とかが表現されてる気がする。

やっぱ言葉にできないわ。
🖋アニメ版のラスト2話の現実世界のことを描く話。色んな考察があるし、捉え方考え方は人それぞれ。

🖋アニメ版は精神的な話がメインなのに対し、旧劇は現実世界で何が起こったのかを描いている。言わば「答え合わせ」にも近い。

🖋庵野監督はストーリーの複雑さもそうだけど1番はカメラワークだと思う。アニメ版でも新劇でも実写作品でも「よくここからのアングルにしたな!」って毎回びっくり!

🖋すんごい遠回しに複雑に描いてるけど、全部ひっくるめて「ゲンドウのユイへの愛の物語」が人類補完計画だし、最後のシーンとかも含めると「シンジくんとアスカの愛の物語」になる。

🖋現実の世界では完全バッドエンド。補完計画が完了し、全人類(シンジとアスカ以外)はLCL化して死んでるから。リツコさんもミサトさんも最後は悲惨だし、ゲンドウも結局目的を果たせなかった。

🖋一方、シンジ君とアスカにとってはバッドエンドとは少し違う。「心でイメージすれば戻れる」とあったように、2人は本当の自分を理解し、助かった。

🖋「本当の自分は誰も知らない」はまさしくこの話に描かれた。アニメ版の1人1人がナレーター的に椅子に座り語るシーンは自分の心と会話してる。心理描写の中で語られるのは「真実の自分」

🖋「エヴァンゲリオン」の世界を理解するのは多分一生かけても無理だ。アスカの「気持ち悪い」も正直全くわからない。でもそれでいい。一回エヴァを観てほしい。訳わかんないけど、何か心に突っかかる。
エヴァは最高!
アニメ版は観ていて、劇場版最新作を観る前にこれまでの劇場版を順番に、と思い鑑賞。
叫び声とグロとエロと鬱。相変わらず何が何だかわからないけどなぜか観てしまう不思議。
途中実写が入る演出はこの頃も今も革新的なのでは、と感じた。
評価を付けられるほど理解できていないので皆様のレビューを漁らせていただきます。。笑
>|

あなたにおすすめの記事

似ている作品