ライアー ライアーの作品情報・感想・評価・動画配信

「ライアー ライアー」に投稿された感想・評価

ぜひ「クレイマークレイマー」を観た後にセットで見てほしい。離婚裁判ものにしてはかなり軽快なリズムで観れる。
ジム・キャリー真骨頂というような感じ。変な顔、変な声、変な動きのオンパレード。こういう活発なコメディ俳優さんって日本にあんまりいないよなぁ〜と思った。
◎ジムキャリーの芸術的な顔芸と一人パフォーマンス。

◎テンションが一人歩き。ストーリーと演技が乖離。まぁそれがジムキャリーだけど。
adeam

adeamの感想・評価

2.5
公私ともに嘘を駆使して生きている主人公が息子の願いによって嘘をつけなくなったことで巻き起こる騒動を描いたファンタジックなヒューマンコメディ。
弁護士という設定をうまく使ったストーリーは楽しかったです。
ただ、ジム・キャリーの一人芝居はいつも以上に過剰すぎてさすがに笑えませんでした。
みち

みちの感想・評価

4.2
──僕が傷つくのはパパの嘘だよ。

嘘が言えなくなった嘘つきが忘れていた「真実」に気づくというホーム・アローンみたいなわかりやすいおとぎ話。

笑えるかしらと思って観始めたのだけれどジム・キャリーはやはり天才で、いったい幾つ引き出しを持ってるんだろうねこの人は。喋り方、動き方、指の「変形」と顔の変形、声の出し方。嘘がつけなくなったときの声が一つとして同じじゃないのは自然にできているのか、訓練の賜物か。

大袈裟な演出と、間に差し挟まれる哀しい笑い。人を笑わせるこの俳優の泣き顔は一層切ない。最後のクライマックスはミッション・インポッシブルみたいな「何でもあり」感、でもコメディだからいいんだという納得感。

いろんなことがどうでも良くなったし最後は主役に加えて(実はこちらが主役かもしれない)子役最高ってなる。

クリスマスに観たい映画。子どもの頃に金曜ロードショーか何かで観てたら(それこそホームアローンみたいに)子ども時代を彩る映画になっていたはず。

ラストにあるNGシーン、撮影現場の気楽な雰囲気が伝わってくる。観客より先に現場の仲間が笑ってるからこんなに作品が面白いわけだ。
ピロン

ピロンの感想・評価

3.6
顔芸、全身芸凄いですね!とにかく子供がとっても可愛かったです。
K2Y

K2Yの感想・評価

4.2
ジムキャリー主演の名作の一つ。仕事一辺倒で家族をないがしろにする嘘付きの父親が、あることをきっかけに突然嘘を付けなくなる、という設定が面白いです。正直であることを通して徐々に変わっていく主人公の姿が面白ろおかしく描かれています。家族愛を描いた心温まる映画になっています。

このレビューはネタバレを含みます

ジムキャリーの怪演が光る、いい映画でした。特に、裁判を延期するために自分で自分をボコボコにするシーンは衝撃的でしたね笑
後は「このペンの色は……鮮やかな青だ!」のシーンとかw

息子の「パパは一日嘘をつけなくなる」という願いが叶い、嘘つきのジムが嘘をつけなくなるという設定ですが、息子への愛だけは嘘じゃないというところが心温まり、良かったですね。
Maki

Makiの感想・評価

3.7
クレイマークレイマーに続き、意図せず2日連続で父子モノの離婚絡みのお話を観てしまった。90分で難しいこと考えずにサクッと観れるのでオススメ。

ジムキャリーの安定の顔芸と演技のお陰で基本的にはずっとコミカルだけど、しっかりグッとくるところもあって個人的には好きな作品だった。

仕事では息を吐くように嘘をつく弁護士でも、息子への愛は紛れもない真実だったというストレートな話だけど、ジムキャリーのひたむきな演技に心打たれた。そして純真無垢な息子がひたすらにかわいい。

エンドロールのNG集もほっこり。
ジムキャリーしかできない演技は流石。
あんな撮影現場楽しそうでいいなぁ。笑
ジム・キャリーの演技が、本当にコメディ向きで最高におもしろかった!

映画で、ただの変顔で笑わされるとは思わなかった笑

笑えるシーンは多いし、親子の絆に感動もさせられた!

ラストはぶっ飛んでて、これぞコメディ映画!って感じがしてよかった!
YUKA

YUKAの感想・評価

5.0
約90分でさくっと観られるハートフルコメディ🎂❤️
さいっっこうに面白かった🤣💕
ジムキャリーの演技が面白すぎて、腹筋が痛くなるくらい大笑いした!笑
青のペンのシーンが大好き🥰🖋
そして、ラストは涙。。😭✈︎
たくさん笑って心が浄化される作品💖
>|