ミセス・ダウトの作品情報・感想・評価・動画配信

ミセス・ダウト1993年製作の映画)

Mrs. Doubtfire

上映日:1994年04月16日

製作国:

上映時間:126分

ジャンル:

3.8

あらすじ

「ミセス・ダウト」に投稿された感想・評価

これも前から気になりつつ見てなかったやつ。
Good Will Huntingみて、ロビン・ウィリアムズ見たいとおもって。
予想よりもユーモアたっっぷりでだいぶ笑った。けどただただお笑いだけやなくて、家族のあり方みたいなのを考えさせられる、あったかい気持ちになる感動作でもあるのが良い。

声優が仕事っていう役柄もあって、ロビン・ウィリアムズの才能が遺憾なく発揮されてた。
ハローワーク的なところで披露する怒涛の声マネ連発は特にすごい。ジーニーの姿がちらつきました笑。
途中ボンドの声も出してたけど、その恋敵がガチのボンド(ピアース・ブロスナン)という(笑)
ゲイの兄さんとそのパートナー?とメイクアップ(メイクアップどころか特殊メイク)して、いろんな女性を試すシーンが楽しくて好き。

子供たちも可愛い。特に末っ子ちゃんはミセスダウトファイアがやらかす粗相に本気でウケてる感じで可愛かった…

こんなに多彩でユーモアたっぷりのお父さんそりゃ子どもは大好きだわ…ってなった。アントマンのスコット(彼も離婚してたな…)を思い起こさせるベストお父さんでした。

このレビューはネタバレを含みます

とにかくロビンウィリアムスさんの演技がすごすぎる。家族を大切にする父親像がとてもよく表現されていて、めちゃおもしろかったです。特に最後のお父さんの裁判所での熱弁は胸を撃たれました。笑いどころがたくさんあってあっという間に終わってしまった。お父さんが完全に家族のもとへ戻らないというラストも◎
Hana

Hanaの感想・評価

3.7
後輩の課題手伝うためにみました笑
心を入れ替える為のきっかけって大切だと思う
BossDog

BossDogの感想・評価

4.1
大学の授業で鑑賞。
笑えてほっこりできる良作!

ロビン・ウィリアムズが最高すぎる!
Miki

Mikiの感想・評価

3.8
お腹を抱えるほど笑いあり、涙あり、観るとあったかく優しい気持ちになれる映画。

アラジンのジーニーといい、この映画といいロビン・ウィリアムズはいい仕事するなあ
Amazon Prime

sunflowerさんのレビュー見て、
思い出し記録を書こうと思ったのですが、
見たくなったので何年かぶり3、4回目の鑑賞。

レストランのシーンが面白すぎたことが印象的でしたが、いやあ、、良い映画です。

最後のところ、完璧に忘れていて
「あーーそうかーそうくるんだった!」と思い出した。

一番最後、ミセスダウトファイヤーが
視聴者ケイティに向けて語る言葉、本当にぐっときました。

この主人公素敵な人物ではありますが
子供3人もいるお母さんからすると、
そりゃあ、到底受け入れられない部分が多々あるのがよくわかるし、復縁という無理なハッピーエンドにせず、最善の形を取った上でのメッセージがとっても良かった。

世の中にはいろんな形があること。正解はない。そしてそこに愛があることが素晴らしいんだって。本当に素敵でした。

ロビンウィリアムスさんも
もうこの世にいないんですよね。寂しいです。
面白かった
女装して家政婦として働くなんて考えつかないさすがすぎる
sunflower

sunflowerの感想・評価

3.8
あぁぁ、ロビン・ウィリアムズ...💖😭

彼が出演作として選んだ作品が、良くないワケがない❣️😊

愛に溢れたほんわかストーリー💓

ただ、笑えるシーンのはずなのに、こんな素敵なロビン・ウィリアムズがもうこの世にいないんだと思うと、その悲しみがよぎって邪魔をすることもしばしば😢

もっともっと歳を重ねたロビン・ウィリアムズも観てみたかったな...🥀
fumina

fuminaの感想・評価

5.0
心温まる。大学の英文科の授業で半年この映画を題材に勉強した記憶。何度観ても良い。
Dumbo

Dumboの感想・評価

4.5
今日はどうしても、
誰も傷付かないようなコメディが観たくて、
これにしました。
大正解!!
たくさん笑って、
それでいてあったかい気持ちにもなれて、
なんだか元気になれました!
ありがとう、ロビン・ウィリアムズ!!
ありがとう、ミセス・ダウト!!

絶対過去に一度は観てるはずで、
この強烈な女装姿のロビン・ウィリアムズは
よく覚えてます。
本当に、
このおばあさんの変装のクオリティはすごい✨
アカデミー賞で
メイク・ヘアスタイリング賞もらってるのも、
当然ですね!
その完成度の高い変装に
ロビン・ウィリアムズの
声色と仕草の演技力が加わると、
もう本物のおばあさんにしか見えない 笑
こういうおばあさん、普通にいるいる!
めちゃくちゃでっかいおばあさんだけど💦

でっかいおしりをフリフリしながら
掃除機かけたり、
ホウキで🧹エアギター🎸がよかった!

変装したり、元に戻ったりの繰り返しで、
どっちか訳分からなくなっちゃうところが
ツボでした😆
肉布団みたいなボディスーツを脱ぐと
毛むくじゃらのお腹が出てくるところも!

笑いすぎて涙出た💦

めちゃくちゃなんだけど、
ミセス・ダウトは、
メリー・ポピンズみたいな
素敵な家政婦さんで、

ミセス・ダウトの子ども番組は
ミスター・ロジャースの子ども番組を
連想させる感じだった。
子どもだましはダメ、
子どもを一人の人間として見ないと!って。
ロジャースさんの番組のオマージュ⁇


抱腹絶倒のコメディなんですが、
その根底にあるのは、
ダニエルの純粋な子どもへの愛情。

“子どもに会うなと言われるのは、
息をするなと言われるのと同じ”

それほど子どもを愛しているダニエルと、
お父さんが大、大、大好きな子どもたち。
なんて素敵な父子愛だろう✨

ニコッと笑うロビン・ウィリアムズの
笑顔が最高に素敵だった。
お上品なおばあさんのいでたちで
下ネタ言っちゃったり、
シレッと中指立てたりするのお茶目😅

天国のロビン・ウィリアムズさん、
天国ではきっと、
病気に苦しめられる事もなく、
元気に俳優をやってたらいいな…
>|