ミセス・ダウトの作品情報・感想・評価

「ミセス・ダウト」に投稿された感想・評価

mami

mamiの感想・評価

4.8
ほっこり。また見たくなる。
めちゃくちゃ面白かった!そう来たか!って感じ。
現代に通じる家族愛があって見応えがあった。
奥さんのレトロな服装もまた可愛い!
ロビン・ウィリアムズの声の演出も素敵☆さすがジーニーの声をしてるだけある。
Ramy

Ramyの感想・評価

-
子供と楽しく見る、とか、映画を見ることが時間の無駄と思う人が何かしながら流し見したりするのがオススメ
Luna

Lunaの感想・評価

5.0
親に勧められて観たが、コメディとしても最高なのに、感動できる。

親子で見るべきだ。
ピノコ

ピノコの感想・評価

4.0
私は1人で鑑賞しながら嬉しくなったり悲しくなったり声出して笑ったりしたのですが、これは絶対家族で観ても楽しい作品です!!

家族愛いっぱいのお父さんにほっこりしました。私がこの家族の子供だったらもうやめてよ〜って言いたくなるレベルの事までしてるけど、それを恥ずかしがりもせず全面に出し切れるお父さん素敵。
aya

ayaの感想・評価

3.6
面白くてほっこりした
小さい時からよく見てた作品。

一度別れた家族でも、形にはあらわせない何かの繋がりがあるんだなと

冬になったらまた見よ
おとう

おとうの感想・評価

3.5
様々な役を演じているロビン・ウィリアムズですが、本作で演じるのは「60歳近いおばあちゃん。を演じる中年男性」という少々複雑な役どころ(笑)

ロビン・ウィリアムズの芸を存分に堪能できる映画でしょう。
芸達者とはまさに彼のこと。
shiori

shioriの感想・評価

3.0
ロビンウィリアムズは最高。こういう映画を家族で観るのってすごく幸せなかんじがする。
ちゃ

ちゃの感想・評価

-
とにかくロビンウィリアムズが凄い
王道の笑いって感じで面白かった
じぇ

じぇの感想・評価

5.0
これは満点💯

何はともあれ、見るべし。

「百聞は一見にしかず」だ。


と、言っても語りたい。

まず、主演がロビン・ウイリアムズです。
英語版「アラジン」のジーニーの声優さんです!その声のバラエティの豊かさは、
欧米版 山寺宏一さんです。
声優だけじゃなくて、俳優さんとしても、名役ばかり!

「ジュマンジ」(1作目)とかね!
あと「フック」(←大人も子供も観て楽しい。特に心が枯れちまった大人は観て!あと世の中のお父さん方もね!)、それに「ナイト・ミュージアム」シリーズのテディ役(セオドア・ルーズベルト大統領役、あの馬に乗ってるメガネの人ね🐎)

コメディ作品も感動作品にも出演していて、また役がハマっているところ、本当に大好き❣️

でも、ロビン・ウィリアムズ出演作品まだ全部はちゃんと観れてないから、言ってること偏っているかもしれない。
「フラバー」とか「アンドリューNDR114」とか、すごく面白そうだから、この2作品からまた観ていこうかと!

次に、この「ミセス・ダウト」は「コメディ作品だ!」と言い切りたいけど、
私の中では、
コメディ寄りのハートフル作品だと考えています!終わり方もちゃんと凝ってるので!

最後に、ロビン・ウィリアムズの演じる男性って、かなり理想のお父さん像であって、ちゃんと何かをキッカケにして諭されれば、それに応じて自分の悪いところに気づいて治そうとするところ、子供のために一生懸命になるところが演技として、グッとくるのかと…。
親権を取られた父親が、子供たちと会うために家政婦に変装して元妻の家庭へ潜り込む話。

最初から最後までロビンウィリアムズの真骨頂といった感じでしたね。

数々の作品でコメディアンに徹してきた役者さんでしたが、見た目のインパクトとギャグの楽しさは今作が頭一つ抜けてるような印象。大いに笑わせていただきました。

そこに離婚した家族の在り方だったり、夫婦の問題という普遍的なテーマも含ませてくるあたりがクリスコロンバス監督っぽいなーと思いました。

もう少し子ども達を絡めたドタバタなんかもあったら良かった気もするかな。
まあ笑えたから良いんですけどね。
>|