きみに読む物語の作品情報・感想・評価・動画配信

きみに読む物語2004年製作の映画)

THE NOTEBOOK

上映日:2005年02月05日

製作国:

上映時間:123分

ジャンル:

4.1

あらすじ

「きみに読む物語」に投稿された感想・評価

あんこ

あんこの感想・評価

5.0

このレビューはネタバレを含みます

これほど感動した作品はない!
死ぬまでに見るべき作品。
マクアダムスが可愛すぎる。最高。

再び再会した後、ノアが"what do you want?" って問い詰めるシーン、鳥肌

認知症ほど切なくて辛い病気はないと思ってるけど、それをポジティブに捉えようとさせてくれる優しい映画。
Leon

Leonの感想・評価

4.0
「純愛」っていうのはこの映画のようなことをいうんだろうなぁ

レイチェル・マクアダムスは相変わらず可愛かった
FD

FDの感想・評価

4.0
愛は素晴らしい。
歳をとっても枯れない愛を育みたい。
純粋にそう思った。
きみに、、読む、、物語、、、
評判通り素晴らしい作品でした。
時間軸が大きめなのにこんなにまとまってるのは凄いと思ったし、ラブストーリーだけじゃなくて親子愛とかも描かれてるのが良かったですね。
あと前半はまだ恋愛経験のない二人のピュアなラブストーリーで後半の方になってくると大人の恋愛、もはや夫婦愛になっていくのが良いですね……これネタバレかな?(笑)まあいいや。

ただこれってノアがアリーに話してるって最初から分かっちゃうじゃないですか、これ個人的に好みじゃないですね。

ってこれ以上書くの怖いので終了!
素晴らしい作品だったことに間違いないし、映画史に名を刻むほどの名作だと思います!

余談
ロン可哀想に…
2回くらいみたなあ。素敵だよね。本当いい映画。
ayus25

ayus25の感想・評価

4.3
新年度入って仕事も音楽も公私ともに忙しい日々で、なかなか映画を観られるようなまとまった時間が取れずとてつもなく間が空いてしまいましたー!😭💔今日からまた観ていくぞー!
その間にフォロー頂いた方ありがとうございます、通知欄確認でき次第返していきます、見逃していたら教えてくださいー!✨


*🎞*🎞*🎞*🎞*🎞*


さて、今日は再鑑賞作品。

まず音楽が素晴らしい。
オープニングの音楽もたっぷり物語へ入り込む空気感を創り出してくれるし、途中の壮大な音楽も鳥肌だし、エンディングの音楽もたっぷり余韻に浸らせてくれる。

そしてとにかくまあ、アリー(レイチェル・マクアダムス)が天真爛漫で可憐なこと...!!!
思いっきり笑って泣いて怒ってはしゃいで。
見てるこっちが気付くと微笑んでしまうくらいの天真爛漫っぷりが魅力的。

その反面、毎日、勉強、お稽古、読書のノルマ。
親から示された「成功への道」を忙しなく歩くアリーの生活は、"正しくて"規則的なものだったけれど、ノア(ライアン・ゴズリング)との出会いで描かれたこの作品は、"正しさ"や規則ではない『ひとの気持ち』を描いたものになっていた。

どのへんが?っていうのは下記ネタバレ有り宣言してから書くとして。

正直ほとんどのひとは大きな驚きなく結末も早々に想像がつくだろうと思うけれど、たとえ結末が見えても惹き込まれる、号泣というほどではないけれど、観ていてホロリと涙が流れ落ちるような感動作。





【以下ネタバレ有り】





●後半のアリー母の車中での昔話からの娘をノアのもとに置いて去るのとか
●看護婦の「コーヒーをいれてくるわ」とか

「こうすべき」よりもアリーのノアの相手の気持ちを一番に選択された行動が、あたたかくて沁みた。

アリーが最終的に、富豪で家系に見合っていて、新聞でたくさんのひとにも結婚式をお知らせしている婚約者よりノアを選ぶのも、

"正しさ"や規則ではない『ひとの気持ち』を描いた作品と感じた点。



後半、アリーがベッドで目覚めてノアの置いた小さな赤い花に気付くシーンから、ノアの元を去る車中でノアの手紙を初めて読んでその手紙が終わるシーンまでが、ほんっっっっっっとうに大好きで😭❤️
この約13分間に好きが詰まりすぎてる。
この約13分間だけでこの映画へのスコアが1.0は上がってると思う。


「矢印の先に いい物が」で楽しそうに矢印を辿った先に素晴らしいアトリエを見つけるシーンも、そのあと裸で絵を描くのも大好き。

訪ねた母の一言目が鼻からアリーの行動を否定し怒るのではなく察してロンの事を伝える言葉だったのも、母の昔の恋の話も、手紙を渡して自分で後悔のないよう決めなさいと娘をノアのもとに置いて去るのも。
母と娘の関係ってまさにこんな感じだよなあって、良い関係じゃんって。よかったなあ。

生物学的に?なのか、母親という生き物は、息子なら別物と解るのに、娘の場合はどうしても自分自身との区別が難しいものらしい。だから時折り自分の思ったように理想通りに娘が行動しないと否定したくなるのだとか。自分の分身が自分のいうこと効かない!的な感覚なんだろう。

そこを乗り越えて、娘の気持ちに寄り添えたのは同じ経験があったからだったんだろうなあ。素敵。

ノアの「うまくやるのは難しい。努力が必要だ。でも俺は努力したい。」っていうセリフもたまらんのよううううううう!!!!!😭💕

それでもアリーがノアの元を去る選択をするのもリアリティがあって良かった。
「成功への道」を歩いてきたアリーがその選択をするのは当然だ。今まで「やりたい」とか自分の気持ちで生きてこなかったんだもの。責任を持つという場面はなかなかなかっただろうから。

車中で手紙を読んでホテル前に着いて。ノアの手紙が終わる。

いやほんとに好きすぎるここまでのシーン。

そしてラストもたまらなく素敵。
野暮な台詞などは一切なく、看護師さんの行動と表情とだけで、亡くなっているのが解るのがいい。

この世でいちばん美しい別れは死別。
だとすれば、この2人の死は最高級に美しいものじゃないか。
めちゃくちゃ泣ける純愛ラブストーリー

タイトルも素敵だし、人を好きになるってとても素敵なことだなと改めて感じる作品

特にラストシーンは本当に感動する
>|