月光仮面 魔人(サタン)の爪の作品情報・感想・評価・動画配信

「月光仮面 魔人(サタン)の爪」に投稿された感想・評価

Eken

Ekenの感想・評価

2.7
前作と比べると少し駆け引きや展開が少なめで物足りないと感じた。

パラダイ王国ロケ地はどこなんだろう?


 あと、銃声一つで崩れ去る遺跡でそんな大声出してたらダメでしょ崩れ去りそう。

最後「祝先生は?」と女の子が祝十郎の安否を月光仮面に聞いてるのに、

「祝さんはサタンの爪を助けに行きました。おそらくサタンはダメでしょう。
では、私はこれで。」

って祝先生の安否に関して一切触れない返答をする月光仮面には笑ってしまったw
mitakosama

mitakosamaの感想・評価

3.3
月光仮面3作目。“パラダイ王国の秘宝”編の映画化。

パラダイ王国の秘宝を狙い、サタンと名乗る仮面の男が暗躍する。王子が殺され事件解決に奔走する名探偵祝十郎。
宝の地図と地図を見るための宝石“アラーの目”と呪文の奪還戦が繰り広げられる。

五郎八とカボ子の十郎の部下も良い味出しながら見せ場が多い。こういう、各キャラの役割がちゃんと機能しているのもよくできてる。

宝石を巡り、巻き込まれる親娘。子役に松島トモ子。凄い演技上手い。主役の棒演技に比べると月とスッポンですわ。

呪文を知る言語学者とパラダイ王国に行き攻防戦。少年向けの冒険アクションとしては王道だね。

最後はジャングルの山をオートバイで走り去る月光仮面を見送り終わる(笑)陸王であの山道を帰るのかよ…
相変わらず、ガチな悲鳴と真正面からの銃撃戦満載で安心するシリーズ3作目。

何故か日本で暮らしているバラダイ王国のシャバナン殿下(多分中東辺りの国)が冒頭でジグソウみたいな仮面つけたモゴモゴ喋るオジサンに殺されて、その愛人と娘がキーパーソン、というロックな展開。シャバナン殿下の屋敷の女中が今際の際に場所と名字だけ言った母娘を、名前聞いただけで「あぁ、殿下の愛人は横浜に住んでるのか」となって探しに行くところとか、時代なのかなんなのか。

魔法みたいな方法でしか見つけられないのに「時価5000億」だとわかる秘宝ってなんなのとか思うけど、それはまぁご愛嬌。件のバラダイ王国まで秘宝を探しに行った場面でも、相変わらず高笑いとともに月光仮面は現れて、更にオートバイにまで乗っていて(空輸シたのか?)その辺もご愛嬌。基本的に、全身白タイツでターバンぐるぐる巻きにサングラスかけたオジサンが車の屋根乗って笑ってるところが無性に面白い。