ロボット2.0の作品情報・感想・評価・動画配信

「ロボット2.0」に投稿された感想・評価

タイトルロールに「スーパースターラジニカーント」と自画自賛で笑える。
CGが大好きなのかCGシーンがやたらに長すぎてちょっと飽きる。
高性能ロボットは人間そっくりという設定で一周回って殆ど普通に演技できるというのは斬新。
鳥大好き博士が復活したら殺戮を楽しむだけになっちゃってるのは違和感あるかなぁ。
最終形態はヴァルチャーみたいでしたね。
くりふ

くりふの感想・評価

3.5
【タミルの怪獣映画】

あまり期待はなく、エイミー・ジャクソン目当てで劇場へ。

でも彼女、完全にサポート役で見せ場がないね。驚異の胸囲は眺めて飽きなかったが、これならシャンカル監督前作『マッスル』でのヒロイン役の方が、ずっと輝いていたなあ。

他、語りは前作より滑らかになって、中途までは惹き込まれた。でも終盤に向けては脚本にノレなかった。

怪獣映画としてはオモシロイ!怪異がどちらに転び育つかわからぬワクワクがあります。

ロボット映画としては、もはやロボがほぼ人間化しており、前作の葛藤や問題意識はどこへやら?でした。

で、オカルト方面に浮気して、最後は投げ出して終わっちゃうんだよね。

ロボは最終変化がつまらない。これもう、ロボットの面白さじゃないでしょう。

全般、劣化ラジニにスーパースターの有難味も感じず、ヨレたおじいちゃんにコスプレさせて面白いか?と冷めてきます。主役ロボ、チッティは何だか、通常モードが金正日に見えちゃうしなあ。

でも、インドの娯楽映画スピリッツは充分堪能できました。いつも楽しみは、日本映画にはないコレですね。

インド映画はネタ的にパクリが多くとも、魂レベルでは他国にない処にいる、と改めて思う。だから3ができても、女優さんがよければ劇場行きます。

チッティのバッテリー駆動時間は、いい加減なんとかした方がいいと思うけどね。

<2019.11.5記>
 総じて大味でトンチキなんですけど、とにかく派手でひたすらエンタメしてくれる作品。
 とっても楽しかったです。ケレン味たっぷりのCGと、ダイナミックな画面の気持ちよさが好き。

 お話の筋は「人類の味方の人形アンドロイド vs 大量のスマホに宿った邪悪な怨念」みたいな感じ。
 構図としてはヒーローものっぽいんですけど、前半はほぼパニックもののホラー、後半はもう怪獣大決戦という趣でした。

 ただ、ひとつひとつの場面の尺が長めなので、最後の方は少し疲れてくるかも。別に水増しというわけでは全然ないんですけど、丁寧すぎる感じ。
 あとダンスシーンが全然ないのが残念でした。インド映画には必ずあるものと思って見ていたので……。
 エンドロールのなんかMVっぽいやつしかなかったです。挿入歌だけならそこそこあったんですけど。やっぱり踊りが見たーい!

 ちなみに前作は未視聴で、それでも楽しめたんですが、どうせなら見ておいた方が面白い作品かもしれません。お話のそこかしこに「この辺りは前作に絡むところかな?」と思わせる箇所があったので。

 なおトライポフォビアの方(ちっちゃいのがわーって集まってるのが苦手な人)は絶対見ちゃいけません。
 とにかく「大味でトンチキ」としか言いようのない、とても楽しい作品でした。
movie445

movie445の感想・評価

3.2
あんま覚えてないけど敵も味方も奇抜だった
途中で飽きちゃった
kzver3

kzver3の感想・評価

3.1
続編が面白くないタイプ。ただ、ひたすら眠気を我慢して。さらに続編がありそうなラストを迎えたが果たして
インド映画のロボットの続編。
前作からさらに情報過多でCGの使い方などトンデモな映画で、ネット社会におけるスマホの反乱とういう意味ではなく、本当に怪獣映画のようにスマホと合体ロボが戦うという荒唐無稽な内容を、予算をかけて作りきった今作の突き抜け方は凄まじものでした。
謎のダーク・エネルギー🌀により
人間に反旗を翻した
スマホの大群📱💥をやっつけるべく
ロボット博士がとっておきの
アンドロイド🤖を動員して
退治を図る・・・


チッティ再始動!!🤖🤖🔥
1作目と同様に
終盤の破壊力が凄まじい。😨
まさしく激闘👊!
ラジニ・ロボの大群は
笑っちゃうね~。🤣
正のオーラとか負のオーラとか
プロットはよく分からない。笑

昔ながらのマサラ映画風🍛の
ラスト・シーンが最高✨。

2022.3.26
MoviesYu

MoviesYuの感想・評価

3.5
相変わらずぶっ飛んでいて面白い。
VFXチームは『アイアンマン』『インターステラー』『アベンジャーズ』などの一流のチームで作ったそうで前作とは比較にならない映像美。そこは高く評価するが前作とは違う意味のツッコミどころがある。車乗っていて途中で車種変わるとは意味わからん。そういう細かい所が雑だし私が車好きだからわかったがあのおかしいシーンは誰でも気づくのかな?
s0o0gle

s0o0gleの感想・評価

3.5
MARVELとかDCみたいなことしたかったのかな、でも覚悟のススメくらいな感じに収まっていて、私自身覚悟のススメ好きだしまぁ良いかという感じ
ドカーン!ドカーン!ドカーン!の分かりやすさ

基本的にはAmy JacksonのPV
Baad

Baadの感想・評価

3.4
ラジ二+シャンカールの娯楽大作。
公開時に見逃し、DVDレンタルにて。

ラジ二はいつもよりおとなしい感じだが、シャンカール監督の破天荒さは相変わらず。
冒頭場面など美しい上にサービス満点で大いに期待させたんですが…

扱っているトラブルが環境問題と汚職なので、落とし所がなんとなく後味が悪い。

途中までは前回の『ロボット』よりは良いかな、と思ったりもしたんですが…

エイミーさんは助手の割に有能でしたが、ラストのダンスで、ラジ二の年齢だけじゃなく、エイミーさんもダンス苦手かな、とちらっと思いました。基本演技で売っている女優さんみたいですね。

アクシャイ・クマル、生きているときは真面目な鳥類学者役ですが、老け役だとアミターブ・バッチャンみたいな雰囲気でちょっと驚きました。

今回はさじ加減イマイチで傑作になり損ねた印象ですが、次回には期待持てそうです。

(中程まではかなり面白い 2020/4/6記)
>|

あなたにおすすめの記事