短い記憶の作品情報・感想・評価

「短い記憶」に投稿された感想・評価

MAAAAA

MAAAAAの感想・評価

2.8
うーん🤔
過去と現在が入り混じって
今はどっち?って
わかりづらいためイマイチだった。
この手の問題は正解も不正解もなくて、若い2人だけでなくその家族も回りの人も生涯背負っていかないと行けないしこりがずっと残る。

物理的には手放せても、手放せない気持ちが、重いのよね。


ユ・ヨンソクは優しすぎて頼りなくて、こういうおぼっちゃんな役ハマるよね。
ヒャダインみたいな名前の女優ユ・ダインの透明感(ジャケ判断)に惹かれて観ましたが、重ための内容ですけど、そこまでズーンとならないのは監督さんの手腕なのか、男がクズゆえに、それに対する怒りが強いのか、とりあえず、いつも傷つくのは女であって男も少しはわかれよ!と言いたかったんだろうなと、コンドームをしないのは挨拶出来ないのと同じだぞ!と加藤鷹の名言を思い出したのでした。
ゴリラ

ゴリラの感想・評価

3.5
切ない物語だけどなかなか良作

さりげない伏線回収など丁寧に作られた脚本だなと感じた
説明台詞に頼らず映像、役者の繊細な演技で感情が伝わってくる

静かな映画なんだけど何気にミステリー的なビックリするような仕掛けがあったりと、見応えのある作品

ブラ外し小僧、脱腸からのソーセージ、クチャクチャジャージャー麺娘、中指挨拶など前半のちょっとした笑いのシーンは結構好みのタイプの笑いでクスッとさせられる
そしてシンプルに子犬がかわいい…

『短い記憶』
いいタイトルだな…
赤ちゃんが見た1日だけの記憶
或いは疑似家族として過ごした一晩の記憶

韓国映画はたまにいい監督だなぁっと思って他作品を調べても一本きりだったりする事が多いのが残念…
彼の新しい映画もいつか観てみたい
Kajik

Kajikの感想・評価

3.6
最初あんまり期待せず観てたけど、悲しくて胸がギュッとなる作品で、
若くして妊娠したことを失敗とするのは是が非か、とか、養子問題や父性、母性を育むのは何かとかいろいろ考えました。

ユダインとユヨンソクが瑞々しいし、監督も過剰な演出を抑えて、自分が彼らなら
また、周囲ならどうすると問いかけるような作品でした
IPPO

IPPOの感想・評価

3.7
切なくてつらくて良い作品だなと思った。
微妙だったら嫌だなと敬遠していた作品だったが、良作でした。

高校生にして子どもを持った男女。しかし生まれた子は間も無く死んでしまったと告げられ別々の道を生きることを選ぶ2人。5年後再会した2人は、自分らの子どもが生きている事を知りわだかまりを抱えながらも我が子に会いに行く…。

手放したものへの十字架
それがテーマでしょうか。

若気の至りでの妊娠出産という普遍の題材を繊細に表現。身勝手な学生時代の呪縛から逃れられない主人公の姿がひたすらに切なく、痛む。
主演のユ・ダインは初めてきちんと認識した女優さんだけど、売れ始めた頃の長澤まさみ的な強さと透明感が魅力。ユ・ヨンソクはこういうダメなおぼっちゃんも似合うよな〜。
主演2人の役柄はとても難解で、高い演技力に感服します。

邦題『短い記憶』、核心をつく良いタイトルです。もしかするとこれはヒロインの夢想なのかもしれない、抱えたものが溢れて心が壊れてしまった幻覚なのかもしれない…なんて拡大解釈してみたり。
Lily

Lilyの感想・評価

3.6
長い記憶にできないのなら、記憶に残る強烈な何かを残したいという願望はわかるけれど、誘拐しないで、普通に会えばいいだけだったのに。彼女の人生から消えたはずの大事な2人が突如姿を現したら...って命題は面白かった。その時のお互いの環境次第だろうね。壊れるものと今から築けるものを比較しながら。
てぃだ

てぃだの感想・評価

3.4
男性も妊娠出産ができればいいのにね。そうすれば女性にばっかり性行為のリスクかけないですむのにね。なんていうそもそも論なことに思いをはせてしまった。そもそも子供が子供作ってどうすんねん。とか言いながら結構後半は面白かった。お箸が使えるようになる瞬間を見られるってのも子育ての醍醐味なんだろうなぁと。あと本作にてワタクシの韓国映画の鑑賞本数が遂に3ケタに達しました。これからも面白い映画をどしどし作ってどんどん日本に輸出してくださいよろしくお願いします韓国映画界の皆さん。
ドキュメンタリー画像のような質感

ストーリーにわかりにくいところがあった。

若い2人に立ち直って欲しいと思った。
Yamako

Yamakoの感想・評価

1.8
どぉーんと暗い映像なのに、そこまでパンチがあるわけでもなし。透明感のある女優さんが、やけに印象深い作品。
>|

あなたにおすすめの記事