20.30.40の恋の作品情報・感想・評価

「20.30.40の恋」に投稿された感想・評価

う

うの感想・評価

-
いーね!

20 30 40の人生の段階というか…
恋愛 男性に対する価値観の違いが
分かりやすく
かつ スッキリするストーリーで描かれていて
見た後は割と爽快

なにがいいって
色がいいと思う

ダサ可愛いっていうと失礼なのかもしれないけど
時代というよりは
お国柄なのかな?と思う色使い

顔や文化は日本と近いのに
日本ではあまり見ない色の組み合わせ方で
かわいい♡ってなれる

し、
所々に英語がでてきて
それもかわいい♡
あだ名はみんな横文字 笑

それと、マレーシア人なのに江東語?がすごい上手だったり
マレーシア人がマレーシア人にに電話する時も
流暢な江東語っていう強気な演出 笑

謎に起こる地震
謎に地震でまとめられた映画 笑

面白くてかわいい♡

台北に行きたくなる

それと、女子高生のような
女の子同士のキャピキャピ感が
見てて和む
それだけでも見る価値あり
りま

りまの感想・評価

4.0
みんなが見てるかどうかが重要なんじゃない
わたしはこの映画を台北の友達の家でNetflixでみたということ、それがすべて

そして途中までしか見れなくて東京に帰って家でNetflixで見ました


いまはまだ為什麼しか聞き取れないけど
李心潔ちゃんのようにいろいろあって大人になるんだろうな

46
Shunsuke

Shunsukeの感想・評価

2.7
2.7点
台北が舞台。
20代30代40代それぞれの年代の女性の恋のお話。
男性側の視点が全くない。
女という生き物を観察しました。
石さーん!
maquett

maquettの感想・評価

3.8
同じ場所、同じ時間にそれぞれのストーリーが何処かで繋がっていく。そこには3人の世代が違う感性で関わっているので重奏感が増していく。めぐり合う時間
すてふ

すてふの感想・評価

3.2
世代別の3人の女性

最初はレアケースに感じたけど徐々にあるあるってなる。20代は無邪気で、30代は拗らせてるし、40代は若い頃を取り戻そうとして。

自分は何処にいるのかなぁと考えてしまう。邦題の恋に限らず人生観みたいな感じ
barakachan

barakachanの感想・評価

3.8
女性監督なだけに、女性の気持ちがよく描かれていた

30のCAは元カレ男友達が結婚して、気持ちが不安定になって…すごくよくわかる
自分にとって心地のよい人に出会えたら、彼女のようにベルがなるのかなぁ

40の花屋さん、彼女の決断、行動も辛いけど、強さがあって、素敵だった
彼女にはいつか出会いがあるな、というかあってほしい

ウィキみたら、シルヴィアチャンは本籍が山西省なのね
だから山河ノスタルジアに出たのかなぁ…
T01

T01の感想・評価

3.0
なんてことない物語なんだけど、惹きつけられるものがあって見入ってしまった。
女優さん達みんな綺麗でした。
ai

aiの感想・評価

4.0
涙が出ちゃう。泣かないけど。

期待に満ちた女の顔と冷めた女の顔と満たされない女の顔
miporinzou

miporinzouの感想・評価

3.0
20代の女の子2人、30代の客室乗務員、40代の女性花屋店主、それぞれの恋…というより人生を群像劇で見せてくれる作品。

群像劇ってけっこう好きで、一時期の香港恋愛映画を彷彿させる雰囲気も好き。
40代女性を演じるシルビア チャンはやっぱり素敵だった。

あれ?この人、誰だっけなぁ…っていう人はウォン カーフェイ。久々に見た。相変わらず滲み出る色香がありました。

なんとなく暑くなってくると、なぜかアジアの映画が観たくなります。
しばらくアジア映画の世界で泳いでます。