塙凹内名刀之巻(なまくら刀)の作品情報・感想・評価

塙凹内名刀之巻(なまくら刀)1917年製作の映画)

製作国:

上映時間:2分

3.4

「塙凹内名刀之巻(なまくら刀)」に投稿された感想・評価

日本は実写映画じゃなく
アニメ映画で生きて行くべき。
この作品がなかったら
日本の映画界は終わっとる

ちなみにこのアニメ映画
ディズニー映画くらい
なめらかにキャラクターが動いてて、
100年前って
ウソやろと
思ってしまった
怪しいので
レビューは3.6
でも日本の昔のアニメを見れて 
とてもうれしい
SH

SHの感想・評価

3.5
日本のアニメ100周年記念サイトにて。
面白い面白くないではなく、今から100年も前にアニメが既にあったのかという感動。
「サア何か斬って……♡」
思った以上にとても滑らかに動くし、ちゃんと表情もある。目の動きは激しいw
刀がぐにゃぐにゃになるシーンの動きもいい。
お侍もコミカルで可愛らしい。
100年前でこのクオリティなのだから、そりゃ今のアニメ業界の技術にも納得ですわ。
チェケ

チェケの感想・評価

3.5
前に見たのは2008年に発掘されたダイジェスト版やったからフルバージョンは初めて見た。何年かに一回くらいのペースで新しい場面が見つかってるしまた長くなるかもしれんけど。100年前とは思えんなめらかな動き。
現存する、日本最古のアニメーション。
大正6年。
公開100周年となる2017年に更新された、
最新発掘復元版より。


古物商「なまくらや」で、一振りの刀を
品定めする侍。
その最中に思わず手を切ってしまい、
刀身に血が滴り…。

―――それは、呪われし妖刀だったのだ。
どうやら、血を吸う事により覚醒したらしい。

刀を四両で手に入れた、その帰路。
…ひとりでに鞘から抜け、空中を浮遊し、
侍の手の中に収まる妖刀!
そして狂気に歪んでゆく、侍の表情…!

妖刀に魅入られた侍は、“試し斬り”と称し、
辻斬りを企てる。
次々とターゲットにされていく、
按摩師、そして飛脚。

果たして、その凶行の行く末は…!?


…どうやら妖刀は、持ち主となるべき人間の
品定めを誤ったらしいね。☆(笑)
侍の扱いがヒドいのは、大正デモクラシーの只中にあって、
旧抑圧体制の象徴として描かれたからかな?
日本最古のアニメーション。明治維新を迎えたあとだからなのか、侍へのヘイトが強い。
TS

TSの感想・評価

-
短文感想 採点不能
読み方は「はなわへこないめいとうのまき」、通称『なまくら刀』。現存する最古の日本アニメーションとのこと。アニメーションの原点はここから始まったのだと思うと感慨深いものがあります。映像は僅か4分程であり、新しく刀を購入した侍がその切れ味を試そうとして道端の人に斬りかかろうとしますが、返り討ちにあうというコメディ作品。面白いかどうかというより経験として一度見ておいても良い代物なのかもしれません。
日本最古のアニメ映像。
もう100年以上も前のものですがけっこう描写が生々しく思った以上に観れます。先人たちの苦労が手に取るようにわかります。
当時の庶民がこれを観たらそりゃあ驚いたでしょうね。
そういえばフィルムセンターで発掘されたてのときに観ていた。フィルマークス運営さん、早くデータベースにない映画の登録リクエスト復活させてください。
まぁ

まぁの感想・評価

3.5
鑑賞後「なまくら」の意味を調べた…(笑)
…ネットは便利だね…(笑)

…意味が分からなくても…楽しい作品だったけど…(笑)

侍の目がくるくる回ったり
眉毛がカクカク動いたり
笛から音符が出てきたり
買ったばかりの刀なのに…あらら…(笑)

…お侍さんは…気の毒…だったけど…(笑)

画像は粗いけれど…現存する日本最古のアニメとの事…☆

サクッと観れて…クスっ…(笑)
無声映画だけど…無声映画だから面白い…(笑)
コミカルで…楽しく鑑賞…(o^^o)

こちらでやり取りをしている方に教えて貰いました…☆
ありがとうございます(o^^o)

YouTubeにて鑑賞…☆

…「なまくら刀」で検索…OKだった…♪
>|