1917年製作のおすすめ映画 119作品

1917年製作のおすすめ映画。この年製作された映画には、チャールズ・チャップリン監督のチャップリンの移民や、チャールズ・チャップリンが出演するチャップリンの冒険、キートンの囚人13号/ゴルフ狂の夢などの作品があります。

  • おすすめ順

  • List view
  • Grid view

おすすめの感想・評価

ランチタイムは力を抜いて気まぐれに。 こんちはにっきい、お昼ですよ。 チャップリン大全集 24/24 移民船、甲板…

>>続きを読む

ルイ・マルが少年時代に観ていたと思われる本作。 彼の自伝的作品『さよなら子供たち』(1987)の中で少年時代のマルがこ…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

ランチタイムは力を抜いて気まぐれに。 こんちはにっきい、お昼ですよ。 チャップリン大全集 21/24 砂浜で犯人を…

>>続きを読む

世界は元々白黒だったとかはないのですかね。 段々とそうみえてくる自分の目がおかしいのか。 モノクロじゃないにしろ現…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

無声映画第2弾!! 第1弾もバスターキートン作品♪ キートンのマイホーム、おうちを組み立てる話ですがオススメですよ~~…

>>続きを読む

ゴルフをしていただけなのに・・・ あれ?いつのまに笑 キートンくん囚人となっていました。 あっという間に絞首刑台まで…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

「霊泉」って何🤔? 邦題を聞いただけでは分かりづらいですよねσ(^_^;) 不思議なほど効き目がある、泉✨ 簡…

>>続きを読む

ランチタイムは力を抜いて気まぐれに。 こんちはにっきい、お昼ですよ。 チャップリン大全集 20/24 健康の泉に来…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

ランチタイムは力を抜いて気まぐれに。 こんちはにっきい、お昼ですよ。 チャップリン大全集 23/24 教会の前でう…

>>続きを読む

教会へやって来たチャップリンは未来に希望を持ち、警察官になる決意をします👮 いつもはトレードマークである放浪紳士スタ…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

こんなに表情豊かなキートンは見たことない! キートンのデビュー作であるこの映画では、まだ彼の「無表情」のスタイルは確立…

>>続きを読む

キートン作品集に入ってましたが、デブ君ことロスコー・アーバックル監督兼主演でキートンは助演。 デブ君とキートンともう…

>>続きを読む

塙凹内名刀之巻(なまくら刀)

製作国:

上映時間:

2分
3.3

おすすめの感想・評価

はなわへこないめいとうのまき 現存する日本最古のアニメ 4分ほどのコメディ 侍の名前、塙凹内(はなわへこない)が…

>>続きを読む

現存する、日本最古のアニメーション。 大正6年。 公開100周年となる2017年に更新された、 最新発掘復元版より。 …

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

1917年 イタリアンホラーファンタジー 全体的に黄色がかったブラウンな色合い、音楽も映像に合ってて美しい 緑色いっ…

>>続きを読む

1世紀以上前に作られたイタリアの幻想ホラー。若さを手にいれるため老婦人がメフィストフェレスと契約を結ぶが、人を愛するご…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

突然やってきた腕っ節のいい野郎が女主人の心を奪うおはなし。 ここで少し眠ったが、僕を責めないでほしい。 他の映画で…

>>続きを読む

背景のアイスランドの自然、険しい山岳や大規模な瀑布や激しい吹雪に煽られる熟年メロドラマ。オバさんをめぐる三(四?)角関…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

名前はあまり知られていないけど、サイレント期の監督で自分がもっと評価されるべきと考える映画監督の代表作。 というのも…

>>続きを読む

「生は死よりも怖ろしい」!  それこそ怖ろしい箴言である。同様に「偉大なる平和は死にこそある」という文言も、本作がロシ…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

過去鑑賞。 ロスコーアーバックルの女装が意外と可愛いくて、キートンの笑顔が観れる快作。

おすすめの感想・評価

セイラ(Sara)が預けられた所では意外に同じ年頃の子と仲が良さそうでした。 解説にもある通り『アリババと40人の盗賊…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

婚約者をとられたカウボーイが都会に殴り込みに行く話。クライマックスで、都会の車が走ってるような街中をカウボーイたちが馬…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

最初から完成されてるってこういうことだな…。ジョンフォードはジョンフォード以外の何者でもない。でもこれ、当時に見てたら…

>>続きを読む

4Kブルーレイでみるジャック・フォード時代のサイレント。映画の大いなる運動に心から感動した。これ以上のとてつもない篭城…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

入婿関係ねぇー。し、 ただのハイテンション選手権。 キートンらしいギャグはあるのだが、あくまでデブ君のやりたい放題。チ…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

デブ君シリーズ初めて観たよ! 何故か元子役の内山君を彷彿とした! キートンは花嫁にウェディングドレスを届ける男。 …

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

【「デブ」という語を浸透させた男】 ーーーーーーーーーーーーーー 監督:ロスコー・アーバックル 製作国:アメリカ ジャ…

>>続きを読む

日本では「デブ君」という愛称で親しまれていたロスコー・アーバックルのサイレントコメディ映画。彼はチャップリン、キートン…

>>続きを読む
>|