1917年製作映画 おすすめ人気ランキング 125作品

1917年製作のおすすめ映画。この年製作された映画には、チャールズ・チャップリン監督のチャップリンの霊泉や、チャールズ・チャップリンが出演するチャップリンの冒険、チャップリンの移民などの作品があります。

あなたにおすすめの記事

  • おすすめ順

  • List view
  • Grid view
動画配信は2024年6月時点の情報です。最新の配信状況は各サイトにてご確認ください。
本ページには動画配信サービスのプロモーションが含まれています。

おすすめの感想・評価

「霊泉」って何🤔? 邦題を聞いただけでは分かりづらいですよねσ(^_^;) 不思議なほど効き目がある、泉✨ 簡…

>>続きを読む

チャップリン、天下一品の酔っ払いを堪能あれ。 酔っ払い meets 回転ドア。 酔っ払ったチャップリンが回転ドア…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

世界三大喜劇王の一人、チャールズ・チャップリンの『チャップリンの冒険』を活弁士と楽団付きで鑑賞。 活弁士/山城秀之 楽…

>>続きを読む

ランチタイムは力を抜いて気まぐれに。 こんちはにっきい、お昼ですよ。 チャップリン大全集 21/24 砂浜で犯人を…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

ランチタイムは力を抜いて気まぐれに。 こんちはにっきい、お昼ですよ。 チャップリン大全集 24/24 移民船、甲板…

>>続きを読む

ルイ・マルが少年時代に観ていたと思われる本作。 彼の自伝的作品『さよなら子供たち』(1987)の中で少年時代のマルがこ…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

無声映画第2弾!! 第1弾もバスターキートン作品♪ キートンのマイホーム、おうちを組み立てる話ですがオススメですよ~~…

>>続きを読む

ゴルフをしていただけなのに・・・ あれ?いつのまに笑 キートンくん囚人となっていました。 あっという間に絞首刑台まで…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

ランチタイムは力を抜いて気まぐれに。 こんちはにっきい、お昼ですよ。 チャップリン大全集 23/24 教会の前でう…

>>続きを読む

教会へやって来たチャップリンは未来に希望を持ち、警察官になる決意をします👮 いつもはトレードマークである放浪紳士スタ…

>>続きを読む

塙凹内名刀之巻(なまくら刀)

製作国:

上映時間:

2分
3.4

おすすめの感想・評価

No.3756 タイトルの読みは「はなわへこないめいとうのまき」。「なまくら刀(がたな)」とも呼ばれているそうです。…

>>続きを読む

【切れぬは刀か腕なのか】 現存する日本最古のアニメーションの1つ。 スケッチブックに濃いめの鉛筆で描いたようなシン…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

1917年のアニメ!? この前みなみ会館でポスター見て気になってたチャーリー・バワーズの特集上映『NOBODY KN…

>>続きを読む

6本から成る『NOBODY KNOWS チャーリー・バワーズ 発明中毒篇』の1本目。 キッチンから厨房へホースでサー…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

フォード監督とハリー・ケリーのコンビで3年間に22本が作られた西部人情劇”シャイアン・ハリー”シリーズの6本目 鄙【…

>>続きを読む

ニューヨークの街路の乗馬爆走(西部からニューヨークへ出るのに電話から数分で到着してる)と結婚式の(原因のまったくわから…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

こんなに表情豊かなキートンは見たことない! キートンのデビュー作であるこの映画では、まだ彼の「無表情」のスタイルは確立…

>>続きを読む

キートン作品集に入ってましたが、デブ君ことロスコー・アーバックル監督兼主演でキートンは助演。 デブ君とキートンともう…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

ハリーケリー若いなあ😆。 「スミス都へ行く」の優しい議長役が、ずっと心に残る名優👍。 登場シーン🌲、わろた🤣。 入植…

>>続きを読む

ジョン・フォード監督のサイレント映画であり、彼の監督作で現存している最古のフィルム。この頃から撮影のダイナミズムが遺憾…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

併映‐サイレント短編集 ■スタッキー クランクの回転   Stucky: Giri di Manovella (1分・…

>>続きを読む

老女が悪魔から命を代償に若さを得て知り合った若い兄弟との恋を楽しむという女性版『ファウスト』のような物語も楽しかったし…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

恋に生き、恋に死す。 この邦題「恋恋風塵」みたく中々粋ですね。 でも、映画はその邦題に合ってる様な、負けてる様な、…

>>続きを読む

流れ者の男と恋に落ちた大地主の未亡人。 男には過去があり、ふたりは山へ逃げることを決める。 この未亡人、どちらかと言…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

チャーリー・チャップリン、そしてロスコー・アーバックル。喜劇スター2人を生み出したマック・セネットの慧眼には敬服するば…

>>続きを読む

観た。 ロスコー・アーバックルという喜劇俳優・監督、初めて知った。 バスター・キートンの映画初出演作でもあるのか。…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

喋ることができない主人公が失恋をきっかけにバレエダンサーになり、有名になる 公演ツアー中、死に囚われた芸術家に出会い、…

>>続きを読む

名前はあまり知られていないけど、サイレント期の監督で自分がもっと評価されるべきと考える映画監督の代表作。 というのも…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

セイラ(Sara)が預けられた所では意外に同じ年頃の子と仲が良さそうでした。 解説にもある通り『アリババと40人の盗賊…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

寝煙草によって火事になったベッドにコーヒーカップで水を運ぶデブ君。笑っていいのかわからないコントのようなギャグに始まり…

>>続きを読む

ロスコー・アーバックル監督作品。 キートンの初期出演作品でこの頃は脇役。感情表現も豊か。 初期作品だけど、転ぶ時のキ…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

デブ君シリーズ初めて観たよ! 何故か元子役の内山君を彷彿とした! キートンは花嫁にウェディングドレスを届ける男。 …

>>続きを読む

ロスコー・アーバックル監督作品。 キートンの花嫁姿が見られる。 自転車のシーンはキートンらしいシュールな感じが出てた…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

ロスコー・アーバックル監督作品。 キートンが子ども役なのでやたら泣き叫ぶ。初期のキートンは色物な役をやってて面白い。…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

非常に貴重な作品で資料的価値も高い1作。歌舞伎役者の沢村四郎五郎主演だが、意外とヒーロー的な役回りではなく、どちらかと…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

【「デブ」という語を浸透させた男】 ーーーーーーーーーーーーーー 監督:ロスコー・アーバックル 製作国:アメリカ ジャ…

>>続きを読む

日本では「デブ君」という愛称で親しまれていたロスコー・アーバックルのサイレントコメディ映画。彼はチャップリン、キートン…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

客としては絶対に行きたくない店のおはなし。 ロイドってやっぱりハンサムなんだけど、白化粧が効いて顔がすごく不気味。…

>>続きを読む

高円寺バッカス活弁サロン映画基礎教養講座vol.4三大喜劇王 解説白井佳夫(ビデオ出演) 弁士砂川和子 弁士は佐々…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

1917年の作品だけに無声映画 この時代金本位制から金融資本制に変える為に金本位支持者を抹殺して来た時期 その時のモ…

>>続きを読む