それいけ!アンパンマン つみき城のひみつの作品情報・感想・評価・動画配信

「それいけ!アンパンマン つみき城のひみつ」に投稿された感想・評価

虫

虫の感想・評価

3.5
カラーリングとそれぞれのお城のいろんな造形が楽しい。他の人の考察読んでみると結構シリアスにもとれる。
米粉

米粉の感想・評価

4.2
※日記です。


わたしのメンタルは赤ちゃんの頃から成長していないので、疲れが限界突破すると上手に眠れなくなることがあります。最近は深夜2時とか3時に目が覚めて、1〜2時間眠れずボーッと過ごしています。
ボーッとするのも悪くはないのですが、よく途中でモヤモヤと考え込んでしまうので、たまには気晴らしにアンパンマンでも観て過ごそうと思い立ちました。わたしの記憶が正しければ、この作品が1番最初に観た劇場版アンパンマンです。多分3歳とか4歳とか、そんくらいの時だったと思います。懐かしすぎてつい真剣に見入っちゃいました。

幼き頃のわたしはよく怪我をする子でした。保育園でも家でも、場所を問わずすぐに転んだりぶつけたりしては常に全身絆創膏だらけでした。
悲しいことに、今でもその頃の鈍臭さを治っておらず、気がつけば身に覚えのないカサブタや痣を作っています。ほんと嫌になっちゃいますよ。こんな不器用な自分が嫌で仕方ありません。なんでもスイスイ〜っとこなせる生きるの上手マンたちが心底羨ましいです。

この間参加した映画サークルで、仕事終わりに映画を観に行くという人たちがいてわたしは驚きを隠せませんでした。一日のスケジュールに「しごと」があると、それに全エネルギーを使い果たしてしまい、家に着いたら泥のように寝るだけの毎日を送っているわたしには、絶対に真似できない至難の業です。
恐らくわたしは産まれたての野生動物より体力がないと思われます。帰り道を歩く体力すら残せていない日だってあるくらいなので。朝も昼もしっかり食べているのにおかしいですね。私の体は燃費が悪すぎます。
この間バイトの休憩に弁当を食べていたら、お弁当の大きさをパートのお姉さんたちに笑われてしまいました。それでも足りなくてメロンパンを買って食べました。メロンパンはつらいときも悲しいときもいつだって美味しいので、わたしの強い味方です。

あ、ちなみにこの作品にはメロンパンナちゃんは登場しません。
taaaaaaa

taaaaaaaの感想・評価

3.0
ロミジュリ形式。ガランガラ大臣とアンパンマンが旧知な感じなのは、TV版で数回登場しているから。
住友

住友の感想・評価

3.5

このレビューはネタバレを含みます

国家間の人種差別を扱った作品。
話の展開はこども向けにライトに作ってあるが、本質は包み隠さず描かれている。

「昔からそうだった」と双方の島国は保守的。国民は互いに「口を聞いてはならない」と厳命されて育てられているなかで、新しい時代の変化を受け入れていこうとする、次世代の首長のオリガひめとつみきおうじ。
それぞれの国民は最終的に一致団結するが、これは単なる利害関係の一致であり──「共通の敵」への制裁でしかなく、必ずしも和解したわけではないのが妙にリアルだった。本作品は92年に公開されたので、背景として冷戦を意識していたのかもしれない。

ジャムおじさんとバタコさんが「仲直りしてください」ではなく「姫を助けて」とレイヤーをひとつ下げた提案をしているところも興味深い。「そんなことを言っている場合ではない」とジャムおじさんが何度も国民を窘めるシーンがあり、印象的だった。

オリガひめがつみきおうじとの逢瀬を回顧するシーンでは、2人の無垢な愛と勇気に涙なしには観られなかった。
正統派の御伽噺っぽくて良い
バイキンマンのメカの更新が今回はなかったけど、巨大ロボに目をつけるあたりバイキンマンの目の付け所はさすが。
nakada

nakadaの感想・評価

3.7
劇場4作目。ロミジュリ。夜の描写が多くエッジがきいてまたクオリティがあがってる。ばいきんまんに支配された積み木の国がサウスパークのAmazon回かと思った。巨人の描写がすばらしく、窓から覗くカットがあってちっちゃい子は怖がりそう。
そういえば今のところ土地を追い出される話ばかりだなアンパンマン。
あぱ

あぱの感想・評価

3.5
対立しあうのが、折り紙と積み木っていうのが可愛かった。でも初期作品なだけあって、メロンパンナ、ロールパンナ、クリームパンダあたりがいない仲間の少なさが少し寂しかった。
mek

mekの感想・評価

-
"世界を仲なおりさせなくては…"

伝説のロボ・ウッドラーを手に入れるため、つみき城を乗っ取ったばいきんまん!
つみき島と仲の悪いおりがみ島に攻撃をしかけてしまう…!

ぎゃー!観たことある!(蘇りし記憶🤦‍♀️)
皆口さんだったのですね😭❤️
ラブリ~❤️ボイス❤️
銀の折り紙にメッセージを入れて折り鶴にして飛ばすシーンが大好きだ~

ロボットがラピュタのロボット
キングコング的でもあるな

いま見ると色彩がすごい
折り紙と積み木で画面が楽しすぎる。
赤背景とカラフルなつみき城にカラフルなかびるんるんが降り注いでるところなんて天才。
はつみ

はつみの感想・評価

3.8
幼少期よく見ていたアンパンマン映画の一つ。
そのため思い出補正かかりまくり。なので大好き。

今見ると民族対立というテーマ性が良くわかる。
大昔にしたことで今生きてる人間は無関係でもずっと続いてる争いと偏見。ちょうど今やってり進撃の巨人みたいな話だと思った。

最初王子がケロケロにいじめられてるシーンエロすぎる。ケロケロの舌、完全に触手

バイキンマンのなんなんだの歌めっちゃ好き。今でも歌える。バイキンマンとドキンちゃんはいつも楽しそう。

オリガミ島の木や風車や建物が全部折り紙なのも見てて楽しいギミック。
つみき城はわけわからん、エレベーターや階段が楽しい。壊れると全てブロックになるのも面白い。

オリガ姫が監禁されて、銀の折り紙にメッセージを入れるシーンめっちゃうつくしい。銀の折り紙の表現がマジですごい。どうやって作ったんだろうか。

ラスト、橋がかかるところで最後に一つのブロックがコロンとハマるの気持ちいい。好きな演出

このレビューはネタバレを含みます

アンパンマン〜ロミオとジュリエット〜

ずだだんだんの歌、大好き
ウッドラー強すぎだけど、じゃんけん負けは納得。それでもアンパンマン強さランキングはA-だったから、アンパンマンの敵豊富過ぎ!

敵対してる2つを仲直りさせる為には、第3なる敵なのか?と思ってしまった。バイキンマンの像が崩れるところを見て、メッセージ感じた。
みんな仲良くは現実にはホントに難しいよねー。

かびるんるんめちゃめちゃ楽しそうに働いてて最強の労働力過ぎる
>|

あなたにおすすめの記事

似ている作品