グレムリン2/新種誕生の作品情報・感想・評価

「グレムリン2/新種誕生」に投稿された感想・評価

監督さんがカートゥーン系の監督志望だったということで、
「実写映画でそんなことある?」という連続。
「これが映画か?」と問われると答えにくいですが、一度映画の「幅」として見てみるのも一興、一見の価値は間違いなくあり。
青山

青山の感想・評価

3.4

光に当てちゃいけない、夜中にものを食わせちゃいけない、水をかけちゃいけないなど、飼育する上での注意点が多い故に現在では絶滅危惧種に認定されている動物・モグワイを描いた大人気映画の続編であります。

人気作の続編ってのは難しいですね、やっぱり。だいたい前作と同じような展開で安定はしてるけどマンネリなパターンか、変に話を続けて蛇足になるか、とにかくめちゃくちゃやって面白いけど前作への思い入れが跡形もなくなるパターンあたりですよね。
本作は最後のやつで、とにかくはちゃめちゃだから観ててすごい面白いんですよ。
でも冷静に考えるとグレムリンってなんだっけ?ってなっちゃう。

お話は前作の主役の2人が不動産王クランプ氏の近未来的なビル、クランプタワーで働くことになったところから始まります。
そして、クランプタワーでギズモと再会したビリーはギズモを連れ帰ろうとするも失敗してグレムリンパニック!という感じ。

前作の魅力は、B級なのにしっかりしたストーリー展開、主人公とフィービー・ケイツの恋(フィービーのかわいさ!)、そしてギズモちゃんの愛らしさあたりだったと思います。
今作では、ストーリーはすっちゃかもっちゃかで、フィービーはなんか変な髪型で可愛くないしあんま出てこない、ギズモも一ヶ所見せ場はあるけどあんま出ないしそもそも「お前がすべての元凶やんけアホ!」と言いたくなる。前作の良かったところは全て台無しなわけです。

じゃあ代わりにどこが面白いのかと言うと、グレムリンたちのハジけっぷりとメタやパロディを含むギャグの連発。
今回はなんと(タイトルにあるから「なんと」でもなんでもないけど)グレムリンさんたちが進化するんです!
人語を話すグレムリンをリーダーに、遺伝子操作で色んなグレムリンが誕生。バリエーション豊かな彼らのはちゃめちゃな大騒ぎの面白さは前作の比ではなく、ある意味「グレムリン」というタイトルに忠実なのはこっちかも?
また、まさかのメタパートを含む自虐ネタと他の映画のパロディネタもいかにもB級映画らしいです。クリストファー・リーが出てるだけでもうホラーのパロディみたいなもんだし。というか、第2弾でメタに行くところからして「リターン・オブ・ザ・キラートマト」のパロディかとも思っちゃいますがどうなんでしょう。

そんな感じで、ストーリー無視の乱痴気騒ぎに成り果ててしまった第2弾。個人的には1作目のが断然好きですが、1作目が素晴らしいと続編はこうするより他にないのかもしれません......。
2を観ることによって、1の映画的要素たちがいかに絶妙なバランスで共存してたかということがわかる。ちょっと2はグロテスク要素が多すぎてスプラッターモンスター映画になってしまっている。
今回一つ気付いたのはモヒカンについて。モヒカン=ちょっと悪いやつというイメージはやはり70年代パンクの流行りから始まってるのだろうか。映画でいうとタクシー・ドライバーのロバート・デ・ニーロが強烈だったが。
ランボー!!


ってTVを観ながら喜ぶギズモ 。
ハチマキつけて憧れのランボー
になるギズモ。ダンシングギズモ 。
もう全部全部かわいくてなぜか
涙が出そうだった笑


しかし、ギズモの出番が少ない。
もちろん題名からしてかわいい
モグワイのお話ではなくあくまで
グレムリンなんだけども…。
蜘蛛化したり飛んだり、めっちゃ
きもいのです笑


ちょっと監督やりたい放題やろ
と思いつつ、めちゃくちゃすぎ
て笑えるからまあ良しです。


1よりギズモやグレムリンの
動きとか滑らかでビジュアルも
ちょっとおもちゃ感は減りました。


トラ…クランプもうける。







(ギズモ cacaって言ってんのに
なんであの字幕ないの)小声
評判悪いみたいですけど嫌いじゃないです。ランボーギズモ可愛すぎ。逆にそこ以外はずーっといじめられててちょっと可哀想でしたね。ゴア描写は1の方が。
Nozomi

Nozomiの感想・評価

3.0
シュレッターにかけられるシーンと新種のクモグレムリンがキモかった。でも、ギズモは今回も可愛かった笑
監督が好き放題やらせてもらったのが良くわかるはちゃめちゃ映画だった(はちゃめちゃという言葉は語感がとにかく嫌いなんだけどそれ以外の表現が見つからない)。
映画界のスーパー天使ギズモは可愛さ100倍になって復活。ランボ~❤トレーニング中のギズモ可愛すぎて気絶するかと思った。一家に一ギズモ置けば絶対世界は平和になるよ……ピンチの時にはハチマキ巻いてかけつけてくれるし。
ニューヨークニューヨークの乱痴気騒ぎも愉快。ちゃんとサックス吹いてるグレムリンがいたね。ブレインにニューヨークを見せてやりたかったな。
2018 99本目。


不動産王クランプのクランプタワーを荒らしまくる話だったんだと今更(;´д`)
つーか終始パロディで特にストーリー無いけど、色んなモグワイ観れるのは楽しいf^_^;
Hiromasa

Hiromasaの感想・評価

5.0
徹頭徹尾ふざけた映画。俺はギズモが動いているのを見るだけで面白いので何でもいいようなものだが、これはアイデアがハレーションを起こしてる。
好きだから好きとしか言いようがない。
あー、また見たいなあ。
いと

いとの感想・評価

3.0
飼い主を亡くしビリーに保護されたギズモはビリーの目が届かないところで水を浴びてしまい…。
十数年ぶりの再鑑賞。ギズモが可愛いのは言うまでもないが、グレムリンたちも各々が好きなことをしていて好感が持てる。トランプ大統領がモデルのキャラも出てます。
>|