HiGH&LOW THE RED RAINの作品情報・感想・評価

HiGH&LOW THE RED RAIN2016年製作の映画)

上映日:2016年10月08日

製作国:

3.2

あらすじ

かつて「SWORD地区」一帯を圧倒的な力で支配していたチーム「ムゲン」と並び最強と称された兄弟がいた。雨宮雅貴(TAKAHIRO)と雨宮広斗(登坂広臣)、「雨宮兄弟」である。 彼らは、一年前に突如姿を消した兄・雨宮尊龍(斎藤工)を探し続けている。幼い頃に両親を失くした三兄弟の絆は固く、尊龍は弟たちに「拳は、大事なもんを守るために使え」と言い聞かせていた。両親を亡くして からずっと、支え合って生き…

かつて「SWORD地区」一帯を圧倒的な力で支配していたチーム「ムゲン」と並び最強と称された兄弟がいた。雨宮雅貴(TAKAHIRO)と雨宮広斗(登坂広臣)、「雨宮兄弟」である。 彼らは、一年前に突如姿を消した兄・雨宮尊龍(斎藤工)を探し続けている。幼い頃に両親を失くした三兄弟の絆は固く、尊龍は弟たちに「拳は、大事なもんを守るために使え」と言い聞かせていた。両親を亡くして からずっと、支え合って生きてきた。両親の命日、参拝に訪れる雅貴と広斗。消えた尊龍が現れることを期待していたが、そこに現れたのは尊龍の行方の手がかりを知る人物だった・・・。尊龍は雅貴と広斗をおい て、なぜ突如姿を消したのか?ある目的を果たそうと目論む人々と、尊龍との関係が紐解かれるとき、雨宮兄弟の過去に隠された秘密が明かとなる。

「HiGH&LOW THE RED RAIN」に投稿された感想・評価

雨宮兄弟が好きで鑑賞しました。とてもかっこよく面白かったです。次回作も期待してます。
cocoguffy

cocoguffyの感想・評価

3.0

このレビューはネタバレを含みます

イケメン三兄弟の話。喋りが聞こえず音量上げたらバイク音大き過ぎてびびるし…字幕ほしい。
斎藤工が最強のはずなのに、銃撃戦しかなくてよく分からず。そもそも銃使っちゃHiGE&LOWの良さがなくなる。
回想シーン多くて、斎藤工が出てる時間めっちゃ少ない。残念。
エリオ

エリオの感想・評価

4.0
ハイローシリーズの中で一番好き。
最後泣いた。
斎藤工尊い。
「HiGH&LOW THE RAD RAIN」
HiGH&LOWシリーズのスピンオフ。
雨宮兄弟に視点をあてたストーリーです。
史上最凶かっこいい雨宮兄弟の過去から現在そして結末まで見れます。

どうしても演出、脚本のチープさが目立ってしまうのが欠点ですが、それより兄弟たちの血の繋がりよりも強い絆と愛を感じてください。
このシリーズの真骨頂、アクションシーンは最初からクライマックスです。ただひたすらかっこいい。

強く、生きろ。
まめら

まめらの感想・評価

3.2
 本編で散々強キャラ扱いされてきたのに掘り下げが少なかった雨宮兄弟に関するスピンオフ。正直尊龍がかっこいいな……龍臣くん込みで。雅貴は二枚目半にしかなれない定め。一番驚いたのは雨宮兄弟がクリスチャンだったことかな……。やっぱりインテリヤクザだったのか。警察より弁護士の地位が高め。安定の暴対法。
とりあえず叫びたくなるよ。
兄キーーーーーーッ!って。
前作程のインパクトはないものの、ストレスなく楽しく観れました。

この感じで順調に観ていくと、新参者みたいにドラマ版も踏破してしまうかもしれない。

楽C、ヤンキー映画です。(ざっくり)
ERICA

ERICAの感想・評価

5.0
湿度の高い映画。アクションもさることながら雨宮兄弟の関係性が素晴らしい。
mf

mfの感想・評価

-
最強で最凶の雨宮兄弟は兄を探す
アクションもかっこよさもピカイチだけど、それよりも生い立ちや行動原理を知れたことでより一層キャラに感情移入できる気がする。
ハイローはそこら辺すごくうまいと思う
ファイナルミッション地元で放映しないの本当に残念だった
よっ

よっの感想・評価

3.5

このレビューはネタバレを含みます

「HiGH&LOW」シリーズの人気キャラクター、雨宮兄弟のバックグラウンドを描いたスピンオフ作品。
監督が違うからか、ハイローらしい破茶滅茶さは薄く、ストーリー重視の作り。

…なのだが、肝心のストーリーが退屈という。
ぽっと出のヒロインにあまり魅力を感じない…
演技自体に難があるわけじゃないので構成がアレなんだと思う。
序盤で置いてけぼりにされたので尊龍が亡くなるシーンもイマイチ感情移入できず残念。

しかし、銃を絡めたアクションシーンは本当にカッコイイ!これだけのために観る価値はあります!

このレビューはネタバレを含みます

雨宮兄弟が好きな私は5だと思っていて
そうじゃない私は2だと思っているので
間をとって3

雨宮兄弟がみたい人向けでしかないけど
見たいならどの瞬間もかっこいいのでそれでいいのかもしれない

映画としてはかなりだらだらやってる
>|