青い春の作品情報・感想・評価・動画配信

青い春2001年製作の映画)

上映日:2002年06月29日

製作国:

上映時間:83分

ジャンル:

3.9

あらすじ

「青い春」に投稿された感想・評価

松本大洋のハードボイルドな感じとTMGEがマッチしすぎてます。
suama

suamaの感想・評価

3.5
彼らの黒い部分、心の影を伝えているのだと思う
九條に出来ない事をする…
死んでまで証明したかった最高の仕返し
殴ったり殺したりすることだけが仕返しじゃないこと
青木の真意は計り知れない…
赤い血と黒いスプレーと青い空
優越感と劣等感と虚無感
青臭く切ない青春映画だった
タイトルからは想像できない暗さと重さ。
松田龍平さんの雰囲気がマッチし過ぎて怖い。

青を黒く染める少年たち。
思春期の闇を過激な表現で描いてる。

一回観ただけじゃ理解できないなー。
もう一回観なきゃ。
Eimi

Eimiの感想・評価

4.5
2ヶ月前くらいに続けて2回観た👀

まず若かりし松田龍平さん、今とはまた違う魅力で美しかった。
当たり前だけど皆さん若い〜。⏰

青空の下で九条さんが青木さんの髪を切るシーン、花壇の花に水をやるシーンがとても印象に残ってる。✂️🌷

若さゆえの尖った感じ、怖いもの知らずな感じ、広い世界をまだ知らないからこその行きすぎた行動、みたいな。とにかく危うさ儚さ青さみたいなものを感じた。不器用なやりとりの中に憧れなども紛れ込んでいて。
不器用だけど美しいような、なにもかもが説明されてない感じが、また繰り返し観たくなる不思議な魅力のある映画だった。

そして最高のタイミングで曲が流れる!🎸

やっぱり、また観たいな〜🏫
じょぴ

じょぴの感想・評価

4.8
超青春。九條が青木の髪切ってるシーンいいなぁ。そして塚本高史はずっと可愛いんだな。曲も最高だね。
若き日の芥川賞作家が頭踏まれてました
若い頃見たのでかなり刺激と影響を受けた映画。今見てもかっこいい。だいすき。
青春には色んな表現があるなぁ…


まず、冒頭シーンからハラハラする。手汗がじわっとくる感じ。このシーンからの切り替わりでスローな映像で曲がかかるんだけど、入りがかっちょいい。


好きなシーンとしては九條が雑魚ヤンキーの鼻を折る所で、その後の隣の子がAED講習みたいな庇い方してて笑った笑

1時間ちょいと短い映画だけど、短いなりに学生の青春を表されている。同じ時間を過ごしていた友達がヤクザになったり、捕まったりと表現は不良映画らしいが、色んな進路があることが表現されていた。
短い時間だからこそ青春の儚さが伝わる。

個人的には結構好きな映画。
さほ

さほの感想・評価

3.7
青春の儚さが上手く切り抜かれている+ミッシェルの相性最高。ベランダゲームの根性半端ない。出てくる人物みんな良い。最後のシーン結構すきだ。刺さる人には刺さる映画。
ふぃぐ

ふぃぐの感想・評価

5.0
高校生の頃大好きだった映画。
ミッシェルファンでこの映画観てない人いないんじゃない?ってくらい周りで流行ってた。

いまだにドロップを聴くと映画のラストシーンが頭の中に流れる。それくらい深く自分に沁み込んでいる。
不良映画だから暴力的ではあるが
二度とこない10代の儚さ危うさがよく描かれていて泥臭さの中に美しさがある。
ちょっと息苦しいんだけど
終わると寂しくて
愛しい時間だったって気付かされる。
ng

ngの感想・評価

3.8
終わり方すごく好き
あとちっさい先生と購買のおばちゃんしてるキョンキョンも好き
松田龍平の走り方がちょっと変で癖になる
新井浩史の振り返った時の顔は恐怖

全員がアホな男子校にいる男子高校生って感じで良かった。きっちゃねー校舎にきっちゃねーガキども。アホやボケもいて、妙にリアルだった。
>|

あなたにおすすめの記事