青い春の作品情報・感想・評価

「青い春」に投稿された感想・評価

ユ

ユの感想・評価

5.0
松本大洋の世界観がここまできれいに表現されているのかとテンションあがった。

ちっさいコミュニティのなかでそれぞれ必死に生きててそれがすごく尊くて

劇中に流れるミシェルガンエレファントの曲も最高
これくらいの温度の青春ものがちょうどよくカッコいい

松本大洋の世界観がよく表現されている

お前には無理だと言われた男と言った男

もっと若い時に見たかった
九条の松田龍平のかっこよさよ。劇中歌もカッコいいっすね。ギターの音がかっこよすぎる。OP曲からの青いネオンチックなタイトルの「青い春」が出てきた時はサブイボ立ちすぎて飛んで行くかと思いました。

幸せなら屋上で手をたたこう、8回も叩けるかな?ETみたいにタバコに火をつけるの。花壇にタバコさしたり、とがってるけどあどけなさが残る行動にキュンとする。

青春かはさておき高校生の心情がリアルだなぁ。九條の澄ました感じが共感できて安心する。初見の時はなんて平坦なストーリーや!と思ったけど何回もスルメみたいに噛むと結構一人一人のキャラクーが立っててまあまあエグいことしてるし、非普遍的だけどどこか平凡で余韻が痛い群像劇って感じ。

楽しみ方というかこの映画の見方が未だによくわからない。まだまだ僕も青いっすね。でも最近、恋愛を排した青春を考えるようになって、その視点から見たこの映画の青春はキザっぽくてかっこいいなぁと思い始めてます。
窒素

窒素の感想・評価

5.0
舞台が学校だしスケールは小さいけど、緻密で繊細で、不穏さを伴って崩れていく日常がそれでも続いていく様子とか、鋭くて危うい「青さ」が描かれているところとか、邦画の良さってこういうところにあるんじゃないかと思った。
それととにかく音楽が最高。上映会では監督自ら音量を上げるように劇場に頼んでくれた。観るときはいい音で観たい。
めいこ

めいこの感想・評価

4.8
全てがよかった。いろんな意味でいたいシーンもあるけどそれ含めて最高。青春映画は恋愛とか童貞とかバンドとか扱ったやつも多いけど、これが至高な気がする。私的には、松田龍平より新井浩文の青木が凄まじいと思った。ミッシェルや他のアーティストの音楽もピッタリ合っていて、音楽映像どっちも引き立てあっていた。知ってから今までずっと見ないでいたことを後悔。めっちゃいい。
mek

mekの感想・評価

4.4
鬱蒼とした青春時代を過ごした人の心にはくる映画だと思う。羨望と執着と憧憬と嫉妬、その向こうにあるものはドロップ、神の手は滲むピンク
Sakura

Sakuraの感想・評価

4.0

このレビューはネタバレを含みます

なんとなく手に取って借りてみたらすごく面白かった。。それにしても出演者が豪華すぎる。ラストの九条が屋上まで猛ダッシュするシーンは印象的。ミッシェルの歌がいい味出してる。
marika

marikaの感想・評価

-
ずっと自分の声が嫌いだった。どちらかと言うと高めで可愛らしい間抜けな声。それとは正反対にいかにも男らしく低音でしゃがれた男性ヴォーカルの曲が好きでよく聴いていた。きっと自分には絶対に出せない声だから憧れていたんだと思う。高校時代、そういう憧れの詰まった対象がミッシェルガンエレファントで、この映画だったんだろうな。
MASAKI

MASAKIの感想・評価

4.6
九条と青木はお互いに憧れているんだと思います。切なくて悲しくて熱いようで冷めていて、だいすきです
マメ山田さん演じる花田先生のセリフが大好きで一番好きです。優しくて素敵な先生
うに

うにの感想・評価

3.6

このレビューはネタバレを含みます

「俺は卒業するんだよ!!!!!」と抵抗する幸男が切ない…

階段の落書き、BGM最高!
>|