青い春の作品情報・感想・評価・動画配信

青い春2001年製作の映画)

上映日:2002年06月29日

製作国:

上映時間:83分

ジャンル:

3.8

あらすじ

「青い春」に投稿された感想・評価

みやお

みやおの感想・評価

4.0
暴力シーンは自分にはキツくて目を背けたくなったが、ラスト、よく分からないが、胸が締めつけられた。苦しい青春。
痺れる邦画に出会いました。
実際に経験していなくても日本人だから分かること、青春時代の焦燥感、色んなものが詰まっていました。青春を取り返せるかも、と思わせてくれる映画でもありました。
ミッシェルは正直今まで聴いてきませんでしたが、これはカッコいい!!!
内容はさる事ながら、オープニングとエンディングがキマリ過ぎてる!
映画の総合芸術たる所以というか、音楽が映画をより高い次元に持ち上げている良い例だと思います。
映画は音楽への入り口にもなり得るというのが良いな。
な

なの感想・評価

-
なんかすごい映画観ちゃったな…。
九条、青木の配役がぴったり過ぎる。
シガレットキス痺れるぜ〜くぅ〜〜
17斎の松田龍平さんの美しさ儚さ不安定さ目線最高でした。
エモいなんて言葉じゃ片付けたくないし
他の言葉たちも感想として成り立ちそうにない。
数年後改めて観たい映画。

あ、トイレのドア包丁で刺せるってなんなん?素材発泡スチロールかなんかなん???
北野武をさらに陰系にしたようなヤンキー(風)映画。結局本物の悪になった雪男や木村ではなく、何にもなれなかった九篠と青木が主役なのが哀れで悲しい。九篠は本当に人生がどうでもよかったんだろうな…そのあたり松田龍平の不健康な透明さがハマってる。逆に人生を謳歌しようとしてるのに、あまりにも馬鹿な青木。新井浩文は映画初出演で既に自分のキャラ持ってたのね…。高岡蒼佑も殺人犯が似合ってる笑 あとは忍成修吾も最低なヘタレが似合って…みんな原点ここかよ!笑

監督の変な演出が、辻褄は合ってないけどインパクトはある笑 トイレのドア突き破る包丁、屋上に近すぎるジャンボジェット、爆音ミッシェル、そして屋上ゲーム…。

イキリきれてもいない高校生の悲劇。それを青い春だなんて辛い映画ね。マメ山田演じる先生の存在感もすごい。
hai

haiの感想・評価

4.4
大好き!オバケかわいい🌸
リリィシュシュって言ってる方がいて、わかるアラベスク聴こえた。
わたしも、花は咲くものだと思うしこれからもそう言う心意気で生きよ〜。
豊田監督ほんとうに素敵です
ベランダゲームで天を仰ぐ松田龍平の顔 生涯目に焼きついている 鮮烈な一目惚れ あの目が開眼する瞬間…
はな

はなの感想・評価

3.0
20210320
不良の話ってより大人になるモヤモヤの葛藤などが描かれてる。ピュアでドロドロした描写が良い。
ひとつひとつのストーリーは好き。観るタイミングによってむっちゃ刺さりそう。10代に観たかった。
だけど総じてみんな病んでてちょっと辛かった。
花は咲くものです、ってのが素敵な言葉。
マメ山田だ!!マメ山田めっちゃいい先生だった
青臭い男の友情がまぶしい
花は咲くものです枯れるものじゃない
たろ

たろの感想・評価

3.5
原作は読んだけど完全に忘れた

空気感とキャラのためだけの映画
ミッシェルは合う気もするけどちょっと強過ぎるかなー

ゆきおくんが好き
前半の追っかけっこするところも良い

終盤はちょっと落ちる
OKW

OKWの感想・評価

5.0
学校が世界の全てだと、思っていた時が確かにあった。かったるくて煩わしくて、でも愛おしくて。

学生時代の友人や部活の仲間とは、今はもう殆ど連絡も取っていない。もともと数は少ないし、コミュニケーション下手なこともあるけれど、あの頃の思い出の中に全て閉じ込めておきたい、という気持ちも強いのかもしれない。

facebookからのオススメで「この方は友達ですか?」と回ってきた、憧れと嫉妬の対象だったかつての天才。彼が社会にすっかり取り込まれているのが伺える投稿の数々を見た時、とても切ない気持ちになった。

一方的で、身勝手な想いだ。

そんな自分と青木が重なる。そう感じてしまう。

そしてこの41年間、僕は雪男だったし、木村でもあった。

でも今、結果として九條でいる。
違うか。九條に憧れを抱いてるただのモブだ。

そんなモブだけど、物語のその後があるならば、せめて九條には幸せでいてほしいと願う。

咲かない花も、悪いものじゃないと知ってほしい。
>|