青い春の作品情報・感想・評価・動画配信

青い春2001年製作の映画)

上映日:2002年06月29日

製作国:

上映時間:83分

ジャンル:

3.8

あらすじ

「青い春」に投稿された感想・評価

世界

世界の感想・評価

4.0
楽しい青春はいつまでも続かない。いつまでもここで、悪さばかりしてられない。しかし、将来の事もわからない。その中で周りの仲間は自分に鞭打つように進んでいく。大人ぶってるようで、子供で、反抗してるようで、してない。子供から大人になる時期の葛藤とかを描いてる。最初から最後まで馬鹿。
先生とのやりとりにほっこり
不良と花の組み合わせ◎

エンディングは爽やかでもあり、切なくもあり
はたち

はたちの感想・評価

5.0
今より早くても遅くても刺さらなかった。
今、観れて良かった。
ひつじ

ひつじの感想・評価

5.0
初日舞台あいさつが すごく盛り上がってたのを 今でも思い出します。
アミ

アミの感想・評価

3.6
九条番長が花に水やりしてるの好感度高すぎ(笑)挿入歌100点。

終始危なくて暴力的なところもあってしょうもない事で人生棒に振ってるけど、どこか綺麗で見捨てることができない彼等に惹かれる。
Automne

Automneの感想・評価

3.8
一瞬咲き誇る花、すぐに萎んでしまう。それは花開くことが目的であったから。
やりたい放題、露悪的な映画はあまり好きなタイプではないのですが、本作はそれを補って余りある、日々の倦怠感や青年期特有の鬱屈した気分が全編に渡って垂れ流されていて、言葉にならぬ余韻がありました。
絵に書いた不良なんて、もう映画の中でしか見れない時代になってしまいました。自分の生まれた地区は比較的治安が良く、年代の関係もありましょうが、平和でしたので、いじめも不良も経験して来なかった。良いことと言えば良いことでしょうが、このようなあどけなさの残る悪を目の前にすると、無性に羨ましいと思ってしまう自分が居る。
清涼飲料水のような青春は、ときにドクターペッパーみたいなどす黒い若さに憧れるのです。
りお

りおの感想・評価

-
残酷すぎるアオハル〜
どっちが偉いとかじゃないのになんか比べてしまう
自信ないから周りを蔑むしかない意固地な高校時代の黒い部分ぜんぶ!
直視できないけどそれもまた自分!
うわ〜て叫ぶうたそのまんま
Ayaka

Ayakaの感想・評価

4.6
九条が美しい
かっこいい
女の子に向ける笑顔は惚れる

美少年…


青春って言ういう簡単な言葉で
片付けないで、高校生だからこそ
できる青春とか感じ方とかを
いい具合に引き出してる
mico

micoの感想・評価

3.4
1時間弱で、自分とはあまりにも程遠い世界を垣間見ることができた。彼らは驚くほど直情的で、危うく、汚いのにどこか眩しい。自分の言葉は沈黙より価値があるだろうか、などと考えもせず、死ね、殺すなどと言ってしまう。タイトル通り、青い。

青春とはなんだろうと考えさせられた。まずは、自ら選んだ人と共に過ごすことから始めるといいのかもしれない。知らんけど。
青い

ミシェルと描写一つ一つがすごくマッチしてた

松田龍平といい瑛太といいキョンキョンといい
キャストが魅力的すぎた
>|