HiGH&LOW THE MOVIE2 / END OF SKYの作品情報・感想・評価

HiGH&LOW THE MOVIE2 / END OF SKY2017年製作の映画)

上映日:2017年08月19日

製作国:

上映時間:124分

4.0

あらすじ

SWORD地区──。 「山王連合会」「White Rascals」「鬼邪高校」「RUDE BOYS」「達磨 一家」という5つのチームが拮抗するエリアは、それぞれの頭文字をとってそう呼ばれていた。バラバ ラだったSWORDのメンバーたちは、伝説のチーム「ムゲン」のリーダー・琥珀(AKIRA)率いる湾岸連合軍との“コンテナ街の戦い”に辛くも勝利。街は束の間の平和を取り戻していた。そこに突然、彗星の…

SWORD地区──。 「山王連合会」「White Rascals」「鬼邪高校」「RUDE BOYS」「達磨 一家」という5つのチームが拮抗するエリアは、それぞれの頭文字をとってそう呼ばれていた。バラバ ラだったSWORDのメンバーたちは、伝説のチーム「ムゲン」のリーダー・琥珀(AKIRA)率いる湾岸連合軍との“コンテナ街の戦い”に辛くも勝利。街は束の間の平和を取り戻していた。そこに突然、彗星のごとく最凶の集団が現れる。暴力で人を束ね、街全体を震え上がらせていた暴君・林蘭丸(中村蒼)率いる悪名高いスカウト集団「DOUBT」。絶大な力で監獄に君臨していた王者・ジェシー(NAOTO)を筆頭とする武闘派集団「プリズンギャング」。新たな敵は、恐怖によるSWORD支配を目論んでいた。さらに権力と癒着してカジノ建設の野望を持つ反社会組織「九龍グループ」と、その陰謀を暴こうとする琥珀、九十九(青柳翔)、雨宮兄弟(TAKAHIRO、登坂広臣)の激闘も絡み、SWORD地区はかつてない事態へと突入する。

「HiGH&LOW THE MOVIE2 / END OF SKY」に投稿された感想・評価

TAKAたか

TAKAたかの感想・評価

4.0
大人のヤンキー系

映画第1作より純粋に面白い。前作より話が大きくなり、単純に楽しめる。なんだろう、やっぱりこういった映画は大好物。
しかし鬼邪高の村山はカッコいい。

村山役の山田裕貴はいい役者だなぁ〜
シリーズで1番好きだし1番観てる。
まさかDVD買うとは思ってなかった。

達磨のわちゃわちゃシーン小学生みたいで癒される。
邦画にはあんまりないアクションと脳筋の男たちの殴り合いだけでテンションぶち上がる。
ジェシーの身のこなしに拍手大喝采
ラー

ラーの感想・評価

3.5
日向、かっこよすぎないかい???

SWORDが集まった時の鳥肌。笑


結構リピートでみてしまう。
take

takeの感想・評価

4.0
1よりスケール感も遥かにパワーアップ!
面白い!!
SWORDが集結するシーンはやっぱ痺れる!
そして、最後の終わり方、ヤバすぎる!
楽しみすぎ!

~記録~

HiGH&LOWシリーズで1番好き。
なんといってもこのキャストの豪華さ✨
かっこいいの一言。
東雲

東雲の感想・評価

-
コブラちゃんが好きなので、痛々しいのがちょっと哀しい。
でもかわいい。

ところで梨央ちゃんはこんなところにも!
相変わらず可愛いし抜群にうまい。
Shuu

Shuuの感想・評価

5.0
「HIGH&LOW THE MOVIE」シリーズ第2弾。収監されていた巨大スカウト集団のリーダーが釈放され、因縁深い「White Rascals」との対立が激化し、SWORD全体を巻き込む戦いへと発展していくさまを描く。前作から続投するおなじみのメンバーに加え、巨大スカウトのリーダーを中村蒼が、プリズンギャングのリーダーをNAOTOが新キャストとして狂喜乱舞に演じる。

五つのチームがしのぎを削るSWORD地区。ある日、かつて警察官に暴力を振るい収監されていた悪名高いスカウト集団「DOUBT」のリーダー・林蘭丸が釈放される。DOUBTは、ROCKY率いる「White Rascals」と深い因縁があり、勢力拡大を目論む蘭丸はプリズンギャングと手を組み、SWORDを潰すために抗争を仕掛けてくる。

前作同様に迫力があって良かったです。
琥珀と九十九と雨宮兄弟 vs 源治の対決シーンも好きだし、SWORD vs 新勢力のシーンも好きです。
コブラがジェシーに言った言葉が忘れられない。
「お前らみたいな寄せ集めに覚悟はあるのか?」
睡眠時間を削ってまでHiGH&LOWを見るのは間違ってる。でも俺らがHiGH&LOWを見たいと思う気持ちは間違っちゃいねえ。
HT

HTの感想・評価

3.5
アクションはすごいと思った。同時によくやったとも……? すごいという声は他のレビューで結構見受けられたので、やっぱりすごいのかな。
ただ他は普通。顔ぶれは前作同様なんだけど、若手軍団と大物軍団という構図を意識して見てたところもあった。

個人的にはオールスター的な感じが娯楽感をより強めていると思う。普通の映画では有名無名が入り混じったり、登場人物が少なかったりしてそういうのが難しいけど。

あ、ついでの個人的推しは山田裕貴です……。
ゆきこ

ゆきこの感想・評価

1.3
もともと、林遣都の日向見たくて見始めたけど、
ルードのバトルシーンと、
なにより、村山見たくて見てる。

轟でてなくて残念だったけど、
村山は相変わらず最高だった。

村山と日向のタイマンシーンないのかー!そしてその終わりかー!!
とりあえず3見よ。
>|