HiGH&LOW THE MOVIE2 / END OF SKYの作品情報・感想・評価

HiGH&LOW THE MOVIE2 / END OF SKY2017年製作の映画)

上映日:2017年08月19日

製作国:

上映時間:124分

4.0

あらすじ

SWORD地区──。 「山王連合会」「White Rascals」「鬼邪高校」「RUDE BOYS」「達磨 一家」という5つのチームが拮抗するエリアは、それぞれの頭文字をとってそう呼ばれていた。バラバ ラだったSWORDのメンバーたちは、伝説のチーム「ムゲン」のリーダー・琥珀(AKIRA)率いる湾岸連合軍との“コンテナ街の戦い”に辛くも勝利。街は束の間の平和を取り戻していた。そこに突然、彗星の…

SWORD地区──。 「山王連合会」「White Rascals」「鬼邪高校」「RUDE BOYS」「達磨 一家」という5つのチームが拮抗するエリアは、それぞれの頭文字をとってそう呼ばれていた。バラバ ラだったSWORDのメンバーたちは、伝説のチーム「ムゲン」のリーダー・琥珀(AKIRA)率いる湾岸連合軍との“コンテナ街の戦い”に辛くも勝利。街は束の間の平和を取り戻していた。そこに突然、彗星のごとく最凶の集団が現れる。暴力で人を束ね、街全体を震え上がらせていた暴君・林蘭丸(中村蒼)率いる悪名高いスカウト集団「DOUBT」。絶大な力で監獄に君臨していた王者・ジェシー(NAOTO)を筆頭とする武闘派集団「プリズンギャング」。新たな敵は、恐怖によるSWORD支配を目論んでいた。さらに権力と癒着してカジノ建設の野望を持つ反社会組織「九龍グループ」と、その陰謀を暴こうとする琥珀、九十九(青柳翔)、雨宮兄弟(TAKAHIRO、登坂広臣)の激闘も絡み、SWORD地区はかつてない事態へと突入する。

「HiGH&LOW THE MOVIE2 / END OF SKY」に投稿された感想・評価

前作と今作の間に公開された「THE RED RAIN」はどうしても鑑賞する気になれず観てなかったんでちょっと繋がりが心配やったけど、今作の冒頭の説明で全く問題なくクリア。

個人的には前作よりおもしろい。なんと言ってもEXILEメンバー含め役者達の生身のアクションが素晴らしい。
ある意味、日本でもこれぐらいのエンターテイメント作品を作れるんやぞ!といういいお手本のように思える。

そして何より男前のオンパレードが、なぜだか鼻につかないのが不思議。
まめら

まめらの感想・評価

3.0
 冒頭のRUDE BOYSのアクションがピーク。あと車に引かれて現れる達磨たちもよかった。村山さんのVANSのスニーカーほしい。いいトータルコーディネートだ! SEASON1の最終回から思っていたことをダンが言ってくれて個人的にはスッキリ。髪を切ったテッツとナオミかわいい。ロケ地に北九州市とあったので「そんなに治安が悪いのか……?」とか思った。
70〜80年代邦画アクション活劇の空気があるんだよなー
本当に最高。偏愛している。
BoiledEgg

BoiledEggの感想・評価

4.3
前作の欠点だったドラマパートの退屈さを、バトルも織り交ぜながらストーリテリングする事で飽きずに且つテンションぶち上げて観ることができる。アクションも良い。セリフも熱い。ストーリーもツッコミながら楽しめる。まさに至高の一本。

それでもなお、琥珀さんの行動原理は誰にも理解できない。
冒頭と終盤のシーンにある「パルクール」というパフォーマンスが凄かったです!
ラストは九龍グループという敵のヤクザが攻めてきてpart3を期待させる感じで終わったので、また最新作もレンタルして観賞します。
途中眠くなったので、映画として楽しむのではなくパフォーマンスとして見れば凄い面白いと思います。
彼らのファンでなくても、アクションシーンだけでも観る価値はあると思う。
第二のJACになれると思うし、なってほしい。
最高としかいいようがない。鬼邪高の女としては、鬼邪高のアクションの量は少なめなのが残念だけど、とにかくアクションがすごい。カーアクションすごかった。源治のターミネーター感すごかった。
相変わらず我らが村山さんは「だ~るまさんが、転ぶかな?」や「なにそれ騎馬戦?」とかわいくてしょうがないし、「帰るよ~」「終わったよ~」ってもう・・・もう・・・。映画シリーズの中では一番好きかもしれない。
SWORDのトップが集まる序盤のシーンは感慨深かった。もっと集まって欲しい。
2から下駄はいてるの良い、喧嘩するときは地下足袋とかどうですか
KENTADOMAE

KENTADOMAEの感想・評価

3.6
思っていたより面白かった。

恐らくHIROさんが求める男らしさが追求されてる作品。
特に今回は、SWORDのそれぞれの関係性や絆がいい意味で表に出てなくて良かった。
少しバカにしてたけど、かっこよかった。
uka

ukaの感想・評価

4.8
少々バカにしてたけど、相当面白い。
特に過去の作品を見なくても楽しめるが、敵対していたグループが集結し、めんどくささを醸し出しながらも血流して戦うシーンはだいぶテンションがあがる。
岩田さん、回を増すごとに演技力があがってどんどんコブラが好きになる。
KEIJIさん、クールだけど熱い芯を持つその強さにやられる。
窪田さん、多忙だったんだろうなぁ。
山田さん、さすがすぎて、普段も学ランに青バンダナの本物のヤンキーなんじゃないかと思えてくる。
林さん、好きすぎるかっこよすぎるクレイジーすぎる。
最後は、あーーー1番怒らせたらいけない人たちはやっぱり彼らだったのね、というシーンで終わり、ついに各グループ大将の血を見るのかな..と予感させる。
最後の映画も借りてこねば!
>|