HiGH&LOW THE MOVIE2 / END OF SKYの作品情報・感想・評価

HiGH&LOW THE MOVIE2 / END OF SKY2017年製作の映画)

上映日:2017年08月19日

製作国:

上映時間:124分

4.0

あらすじ

SWORD地区──。 「山王連合会」「White Rascals」「鬼邪高校」「RUDE BOYS」「達磨 一家」という5つのチームが拮抗するエリアは、それぞれの頭文字をとってそう呼ばれていた。バラバ ラだったSWORDのメンバーたちは、伝説のチーム「ムゲン」のリーダー・琥珀(AKIRA)率いる湾岸連合軍との“コンテナ街の戦い”に辛くも勝利。街は束の間の平和を取り戻していた。そこに突然、彗星の…

SWORD地区──。 「山王連合会」「White Rascals」「鬼邪高校」「RUDE BOYS」「達磨 一家」という5つのチームが拮抗するエリアは、それぞれの頭文字をとってそう呼ばれていた。バラバ ラだったSWORDのメンバーたちは、伝説のチーム「ムゲン」のリーダー・琥珀(AKIRA)率いる湾岸連合軍との“コンテナ街の戦い”に辛くも勝利。街は束の間の平和を取り戻していた。そこに突然、彗星のごとく最凶の集団が現れる。暴力で人を束ね、街全体を震え上がらせていた暴君・林蘭丸(中村蒼)率いる悪名高いスカウト集団「DOUBT」。絶大な力で監獄に君臨していた王者・ジェシー(NAOTO)を筆頭とする武闘派集団「プリズンギャング」。新たな敵は、恐怖によるSWORD支配を目論んでいた。さらに権力と癒着してカジノ建設の野望を持つ反社会組織「九龍グループ」と、その陰謀を暴こうとする琥珀、九十九(青柳翔)、雨宮兄弟(TAKAHIRO、登坂広臣)の激闘も絡み、SWORD地区はかつてない事態へと突入する。

「HiGH&LOW THE MOVIE2 / END OF SKY」に投稿された感想・評価

Kaz66

Kaz66の感想・評価

3.4
シリーズ通して、意外と面白いというか良く出来てる。邦画としては段違いのアクション映画です。
男の憧れというか、カッコいいと思うところを盛り沢山に詰め込んであるのですが、武闘/格闘の『技・型』の部分はせめてSPの岡田くんぐらいはやって欲しかったかなと…。
あと個人的には『ガン・アクション』ですが、ストーリー的には出ないでしょうね。(笑)
コンプライアンスの枠内を出ない、健康的な不良モノ⁈ タバコぐらい吸ってもいいんじゃないのかな〜!
ファンにとってはこれでもかと美味しいシーンがてんこ盛りな映画。

人によって演技の良し悪しがわかりやすいが、反対に演技の上手い役者は良い意味で目立つ。

さすがに隅から隅まで全員の身体能力には驚かされる。
各々の十八番をアクション監督が丁寧にかつ大胆に取り入れて1つのまとまりができているので、とても爽快。

岸谷五郎の悪ふざけを観れただけで、大満足!笑
真名菊

真名菊の感想・評価

4.0
物語がとうとう動き出して、それぞれのチームの変化が見物でした。
一緒にいるだけが仲間ではないし、仲間だからこそ譲れないものがある。
好きなキャラクターがいると楽しめる映画です。
気になる方は、ドラマ版を観てからぜひぜひ。
個人的に、マイティーウォーリアーズが大活躍していて、とっても嬉しかったです。
俊吾

俊吾の感想・評価

5.0
テンションが5000パーセントぐらい一気に上がる映画
このザムービー2は特にヤバイ
アクションへの振り切り方が気持ちよすぎる
冒頭の鬼邪高校の登場シーンが300オマージュカットから始まりいきなりテンションを無理やりぶち上げてくる
中盤のムゲンと雨宮兄弟vs源氏のカーチェイスシーンは本当に凄まじいアクションで、完全に邦画アクションのレベルを超えている
ラストの乱闘はハリウッドのアクションの水準に達しており、
美術、カメラワークとバジェットの量が凄まじく邦画でもしっかりとお金をかければ高いレベルのアクション映画が作れることを証明して見せている
終盤のコブラvsジェシーのタイマンのアクションは今作のベストバウト
邦画のアクションが語られる上で間違いなく今後の邦画アクションの基準となりうる大傑作
ominn

ominnの感想・評価

4.0
三つの中で一番アクションシーンが多くて迫力がすごかったです!直己さんの役にはすごい驚いたけどみてて楽しかったです。
たま

たまの感想・評価

3.5
1より設定わかった分楽しめた。九十九さんのフロントガラスカチ割りダイブは声出ましたわー。これ3さらに楽しめそうだな。
high&low映画でいうと、3弾❗️
THE MOVIEでいうと、2弾❗️笑

いきなりパルクールから本編始まるから
アクション映画感MAX😂😂

冒頭に今までのおさらい?みたいなんあるけど初見やったら は?過ぎて可哀相 笑

2つ前のthe movieのクライマックス大合戦が最高やったから 今回も超絶期待したけど

今回は 各々のタイマンが若干弱い気がした笑
力の差ありすぎってか😅😅

ただ バイクアクション、カーチェイス、肉弾戦と色んなアクションシークエンスがあるのは高得点👏

欲を言うと、コブラに もっともっとアクロバティックなアクションして欲しかった😂
コブラのアクションもパルクール寄りの無重力アクション的な感じやから😅

でも期待値が高すぎただけで もー十分楽しかった💪

EXILE TRIBEの中に役者が混じってて演技の差はあるのは分かるけど
中村蒼が演技力 抜群過ぎた😲

the movie3が どう終結するんか楽しみ✌️
Votoms

Votomsの感想・評価

1.0
正直言って最高につまらなかった。
ドラマ版から前作までの映画に共通して言えるのは、まさに脚本の不在である。
この作品はいうなればカラオケのPVをみているようなものであり、部分部分は確かに格好良くみえる。林遣都さんや山田裕貴さんや窪田正孝さんはとてもいい演技をみせてくれるし、要素は確かに評価すべきものもある。
しかし、何よりもストーリーが遅々として進まない事、キャラクター設定の一貫性の無さは致命的と言わざるをえない。ストーリーの中盤から終盤にかけて、ダンとチハルとテッツがコブラに対して離反するシーンがあるが、テッツはまだ理由がわかるとして、ダンとチハルはドラマ版において山王連合会にかなり迷惑をかけてきた過去があるのであって、ここでそのような演出をしたら二人は単に薄情者であるという話にしかならないだろう。また、そもそもコブラの性格自体、元々は争いごとは避けようとする冷静沈着さを持っていたはずだが、話を経るごとに見境無さが目立つようになってきた。もしこれが「実は熱い男」みたいな演出だと思うなら、それは明らかに間違っているとしか言いようがない。
アクション自体は流麗であり、様々な映画のオマージュを取り入れているのは分かる。しかし、そもそもストーリーが伴っていないアクションは観ていて何も感情移入できない。例えば、敵役にターミネーターを意識している源治というキャラクターがいるが、通常はなぜ彼がこんなにも無機質な感じで向かってくるのか背景が理解できなければシュールなシーンにしかみえない。また、ターミネーターはシュワルツネッガー氏のようなゴリゴリマッチョがやるから映えるのである。他にも、最後に岸谷五朗を蹴り飛ばす「300」を意識したシーンがあるが、あそこはスパルタという強靭な国家という背景とガチガチに鍛えられた肉体を持つジェラルド・バトラーが演じる屈強なスパルタ王レオニダスが一切の迷いもなくペルシア帝国の使者を一蹴するからこそ映えるのである。そうした点を無視して形だけオマージュしても意味がないだろう。
subaru

subaruの感想・評価

4.0
SWORDでの協定を結んで影で動いてくれる村山に惚れそうになった。

やっぱりロッキーかな。
Doubtとは違って金ではなく女を守ろうとするところはさすが。

アクション少なめやけど雨宮兄弟、九十九、琥珀のカーチェイスは見どころやと思うかな。

MIGHTYとの因縁も気になるけどなぁ🤔🤔🤔
Usay

Usayの感想・評価

3.5
[悲報] ワイ 1 2 3 ドラマ 全部観てしまう
(red rain は見るからにおもんなそうやから観ず)
なんかカーチェイス長かった印象
ラスト30分が見所かと思われる
>|