HiGH&LOW THE MOVIE2 / END OF SKYの作品情報・感想・評価

HiGH&LOW THE MOVIE2 / END OF SKY2017年製作の映画)

上映日:2017年08月19日

製作国:

上映時間:124分

4.0

あらすじ

SWORD地区──。 「山王連合会」「White Rascals」「鬼邪高校」「RUDE BOYS」「達磨 一家」という5つのチームが拮抗するエリアは、それぞれの頭文字をとってそう呼ばれていた。バラバ ラだったSWORDのメンバーたちは、伝説のチーム「ムゲン」のリーダー・琥珀(AKIRA)率いる湾岸連合軍との“コンテナ街の戦い”に辛くも勝利。街は束の間の平和を取り戻していた。そこに突然、彗星の…

SWORD地区──。 「山王連合会」「White Rascals」「鬼邪高校」「RUDE BOYS」「達磨 一家」という5つのチームが拮抗するエリアは、それぞれの頭文字をとってそう呼ばれていた。バラバ ラだったSWORDのメンバーたちは、伝説のチーム「ムゲン」のリーダー・琥珀(AKIRA)率いる湾岸連合軍との“コンテナ街の戦い”に辛くも勝利。街は束の間の平和を取り戻していた。そこに突然、彗星のごとく最凶の集団が現れる。暴力で人を束ね、街全体を震え上がらせていた暴君・林蘭丸(中村蒼)率いる悪名高いスカウト集団「DOUBT」。絶大な力で監獄に君臨していた王者・ジェシー(NAOTO)を筆頭とする武闘派集団「プリズンギャング」。新たな敵は、恐怖によるSWORD支配を目論んでいた。さらに権力と癒着してカジノ建設の野望を持つ反社会組織「九龍グループ」と、その陰謀を暴こうとする琥珀、九十九(青柳翔)、雨宮兄弟(TAKAHIRO、登坂広臣)の激闘も絡み、SWORD地区はかつてない事態へと突入する。

「HiGH&LOW THE MOVIE2 / END OF SKY」に投稿された感想・評価

真咲

真咲の感想・評価

4.1
新キャラクターがわんさか出てきたけれど、それまでのキャラ達の印象が薄くなるのでなくさらに濃くなっていった。
HiGH&LOWシリーズの魅力は大人数が一斉にアクションするカオス感だと思うけれど、今回も例に漏れず最高だった。
最後のコブラの独断には若干引いたが
数多の不良漫画を記号消費する中毒映画
つまり合法的翔ビ方ノ勧メ
邦画アクション作品としては最高峰の出来映え。
キャラクターの魅力にも溢れてシリーズ初見でも楽しめます。
私はこの作品が初見でしたが一気にシリーズにハマってしまいました。
面白い要素を詰め込んで整合性なんて後回しという勢いの作品なのでシナリオを重視する人には合わないかと。
かぴ

かぴの感想・評価

2.1
舞台挨拶付きで鑑賞。
長く感じた。
相変わらず戦いはかっこいい。
爆音で音楽が聴けるので長いPVみたいな感じ。

このレビューはネタバレを含みます

ロッキーさんがかっこよすぎる!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!
事の黒幕である九龍グループが遂にその全貌を現す、映画版第2作目(『THE RED RAIN』を含むと3作目)。

その九龍の上位メンバーとして、『新・仁義の墓場』や『リターナー』の頃のヤバい岸谷五朗が帰ってきた!
加えて、"兄ィ"こと加藤雅也、"顔面リーサル・ウェポン"でお馴染み高嶋兄も参戦!

ただでさえ濃いキャラクターたちに、さらに熟成されたダークマターの如き人々が加わり、とんでもない闇鍋ができあがった!!

そんな九龍の本筋と並行して描かれるのが、推しメンROCKYの過去と葛藤。

ケジメをつけるためWhite Rascalsのみで廃駅に向かい、圧倒的不利にも関わらず、「パーリーダイム」と言い放つCoolさに痺れ、
DOUBT創始者・蘭丸との死闘では、その名の通り何度倒されても立ち上がるROCKYに、そして、SWORDの絆に、俺の拳も熱くなった!

蘭丸役、中村蒼の狂った演技も見ものだが、
雨宮兄弟、琥珀さんに匹敵する強さを誇る源治の非人間さも素晴らしい。
「リンリンリン♪」の日本民謡風テーマ曲と共に執拗に追ってくる直己は、まさにホラー。

「邦画最高峰のアクション」の謳い文句も伊達ではなく、数々のアクション映画の、良く言えばオマージュが散りばめられているが、それで作品が面白くなっているからそこはオールOK!!!

俺も鬼邪高校の課外授業に参加したい。
Halko

Halkoの感想・評価

3.5
くると分かってはいるのにSWORD が揃ったときはかなり胸アツでしたわ...!
スモーキーが出なくて残念すぎた
次作楽しみ。

Mighty Warriors、いつみても湾岸地区で勢力を伸ばしつづけてるのジワジワくる
F亮

F亮の感想・評価

5.0
最早語る事もなし。

夏の激アツ和製実写少年漫画ファンタジー風鍋
〜恐い大人を添えて〜

神に感謝。
達磨一家の車の使い方は我々の期待を裏切らない
何なんだあのブライダルカーにつける空き缶みたいな登場の仕方は

前作を軽々越える、突き抜けた面白さと完成度だった
ストーリーは今までのようなノロノロ走行から一転ノンストップで畳み掛けるような展開でこれは本当にハイローなのかと驚いた
それに加えてアクションがとにかく凄い
前作同様立体的で流れるような映像はとても見やすくて
各チームのアクションもちゃんと作り分けている
そして中盤に入るカーアクションには度肝を抜かれた
この作品は日本のアクション映画の一つの指針になったと思う
ただスケジュールの都合であろう、主要キャラであるスモーキーの出演時間が5分もなかったのが残念だった
SWORDの頭が全員揃うところが見たかった
Hato

Hatoの感想・評価

4.5
もう言わずもがな、という感じだ。

シャブなので感想が書けないけどジェシーさんが最高。
>|