のら猫の日記の作品情報・感想・評価

「のら猫の日記」に投稿された感想・評価

ゴト

ゴトの感想・評価

3.2
世の中、クソッタレだと思う時がたま〜にだけどあったりする。大抵の人は、そう思いながらもぐっと飲み込んで社会生活を送るのだろうけど、そのクソッタレな社会に馴染めない人もいる。自分も人並みに社会生活を送れているのか微妙な感じなので分からなくもないけど、それでもローレルとアマンダの様に根無し草の生活をする気はない。寧ろ、どちらかというと自分はエレインに近いのではと思う。

あらすじではローレル、アマンダの姉妹と彼女たちが誘拐する中年女性エレインをまとめて3人のアウトローとしているけど、この2つは少し違う。社会に悪態を吐き唾を吐くか、或いは不器用にしか生きられない自分を覚悟を持って受け入れるか。まあ、アマンダはこの両者の間に立つ存在ではあるけど。

ちなみにアメリカで保険を使わずに出産しようと思うと、百数十万円かかるみたいです。そういったアメリカが抱える問題点をローレルを通して描きたかったのかなとも思う。

あとスカーレット・ヨハンソンが若い、というか幼い。姉の役かと思ってたら妹役だった。
犬

犬の感想・評価

3.3
人質

みなし児の姉妹が自分達の新しい家族を作り上げていく風変わりなロードムービー

子どもでもできる

行動が予想外
展開はまあまあでした

子どものやることだから
ホッコリしました

スカーレット・ヨハンソンが幼い
アレクサ・パラディノも良かったです
真夜中

真夜中の感想・評価

3.0

このレビューはネタバレを含みます

邦題良き。
なんといってもジョン・ルーリーの音楽が素晴らしいです。サントラが欲しい。子役時代のスカーレット・ヨハンソンの主演作品ですがこの頃からすでに色っぽいです。姉役の子よりずっと大人びて見えました。
MiYA

MiYAの感想・評価

2.5
「映画天国」にて。おお、子役時代のスカーレット・ヨハンソンか!と思って見始めたら、彼女の姉役のマリー・ケイ・プレイスという女優がなかなか魅力的でした(ほかでは見ない女優さん)。

映画としては、姉妹が出産を助けてもらおうとマタニティショップの店員を誘拐し、姉妹とその店員との交流が生まれるという、なんともつかみどころのない話。
anjie

anjieの感想・評価

-
個人的S・ヨハンソン祭で片っ端から観た内の一作品!彼女は子役から仕事しているのですね。複雑な内容だった。
さば

さばの感想・評価

4.0
姉妹のやってることは犯罪ばかりだし、先のことを考えると不安しかないのだけど、とても温かくてかわいらしい作品。
スカヨハが天使だった。
sou

souの感想・評価

3.7

このレビューはネタバレを含みます

幼いスカヨハが可愛いすぎる。
カントリーマアムみたいなしっとりサクサクした不思議な作品。

里子に出された妹マニーを誘拐した姉ローは母の形見の車でその日暮らしの旅をする。
その日暮らしの為万引きをして食糧を調達したりガソリン代をこさえるため姉は体を売る日々。
妊娠している事に気付かず大きくなった腹をただ菓子パンの食い過ぎだと思う姉とうっすら気づいている妹。堕胎ができる期間をとうに過ぎ臨月を迎え二人は子供を無事に産むためにベビー用品店で働く中年女性エレーンを誘拐する…。

マニーのナレーションとのらりくらりとした話の展開。
健気で賢いマニーと粗暴なローの対極さ、次第にエレーンに対し母への憧憬を重ねていく二人。エレーンの二人の子供を見守る姿。
物事の中心は身重の姉ですが主人公は恐らく妹で妹目線のシーンが多いです。意地っ張りな姉への愛情と呆れそしてエレーンを慕う気持ちが随所に表れていて愛おしくなります。
妹と友達になる近所の少年チャックとの関わりが状況のせいで歪だけれど可愛らしい。
もうちょっと彼の出番欲しかったしその後の赤ちゃんを連れた3人の動向をもう少し観たかった。

12歳のスカヨハが観たい人にはおススメです。
ちょっとカントリーな曲が良かったです。
omiyu

omiyuの感想・評価

3.4
"ローは相手の下心を読まないと安心できない
エレーンはそのことを見抜いてる
それで穏やかになるなら黙っていよう"
ここの妹の台詞が好き
とてもよく分かる

プルーンの歌も好き
孤児の姉妹、ローとマニーが万引きを繰り返し男の子とセックスしてガソリンをもらいながらワゴンで旅するロードムービー。
姉ちゃんが妊娠してしまいマタニティ・ショップで出産に詳しそうなエレーンを誘拐、隠れて住んでた山荘の持ち主の男が現れてこいつを殴って監禁…ってめちゃくちゃやな。かなりの行き当たりばったりな姉ちゃんに終始イライラさせられる。
だけどなんだか不思議とほっこりした気分になる作品なんです。少しずつ心を開き母性で姉妹を包み込むエレーンと妹マニーを演じるスカヨハさんのハスキーボイスのせいかな?

終わり方もモヤっとしてて産まれてきた赤ちゃんと4人でこの先どーなっていくのか…こーゆー人達って周りが思ってるほど本人たちは社会からこぼれ落ちている感覚がないんだろーな。自由気ままな旅で楽しそうだしね。
子役時代のスカーレット・ヨハンソンが出ていることで有名な映画。
寡黙ですが存在感ある姿が見えます。
お話も大きな何かが起こるわけではありませんが、面白いです。
>|