月と雷の作品情報・感想・評価

月と雷2017年製作の映画)

上映日:2017年10月07日

製作国:

上映時間:120分

3.4

あらすじ

あてもないけど、生きていく。ふつうの人間関係を築けない大人たちがその意味を探し続ける切なく孤独な旅ー。 あたしはこれから普通の家庭を築き、まっとうな生活を重ねていく。結婚を控え、そう考えていた泰子の前に現れた、かつて半年間だけ一緒に暮らした父の愛人の息子、智。20年前、愛人、直子と智が転がり込んできたことで、泰子の家庭は壊れたはずだった。根無し草のまま大人になった智は、ふたたび泰子の人生を無邪…

あてもないけど、生きていく。ふつうの人間関係を築けない大人たちがその意味を探し続ける切なく孤独な旅ー。 あたしはこれから普通の家庭を築き、まっとうな生活を重ねていく。結婚を控え、そう考えていた泰子の前に現れた、かつて半年間だけ一緒に暮らした父の愛人の息子、智。20年前、愛人、直子と智が転がり込んできたことで、泰子の家庭は壊れたはずだった。根無し草のまま大人になった智は、ふたたび泰子の人生を無邪気にかき回し始める。「邪魔しないであたしの人生」、そう普通の幸せを願っていたはずなのに・・・・・。 泰子は智とともに自分の母親、異父妹、そして智の母・直子を訪ねて行くことで、平板だった自分の人生が立ちどころに変わって行くのに気づき始める。

「月と雷」に投稿された感想・評価

血の繋がってない2人の過ごした短い幼い頃の日々。充実とも違うかもだけど大切なもの。そんな何にも代え難い記憶がそれぞれ大人になっても体に染み込んでいて、過ごす日々はどこか充実してない。2人の体を寄せ合うシーンは説明はなくとも2人の互いへの想いが伝わってき凄く素敵なシーンだ。

実の母親と再開できてもどこか満たされない、自分にとっての拠り所は血の繋がってない人々だった。意見を押し付ける訳でもなく、でも家族って何だろうと考えさせられる、奥深い作品。考え方は人それぞれだと思うけど、純粋に観た人の感じたことを聞いてみたいな。何気ない会話のシーンも凄く良かったです。演出も音楽も良い。最後の終わり方は少し惜しい感じもしたけど。

あと高良健吾くん、本当に素晴らしい。
c

cの感想・評価

2.8
初音映莉子と居酒屋は合う。
変に浮いていなくて良かった。

それ以外は、最初から最後までなんとなく読める(あえて読ませる?)話の筋と、台詞の数々で圧倒的に薄い。
ただ、初音映莉子×高良健吾により作り出された不思議な空気感は印象に残る。
脚本が悪いのかなんなのか、台詞とかも一貫したテンションじゃなくて、映画と小説がごっちゃになっている雰囲気。
映画化するにしても、もう少し手法があったと思う。小説の良さが損なわれてて残念。
高良健吾がすばらしく高良健吾で、ベッドシーンとかとてもよかった。草刈民代の荒んだ疲れた、でも謎に異性を惹きつけるおばさん役が最高。
終わってから、え? 終わり? ってなる。
brouillard

brouillardの感想・評価

3.5
初音映莉子さんっていいな、
と、まあまあ前から思っていて、鑑賞。

うーん?
出てくるひとたちの行動が理解出来ず、
イライラしてしまった。

小説を映画化することの難しさ、だよな。
文字は、読み手の想像力に託せるけど
(誤解される可能性もあるにせよ)、
映像は、見たまんまだから、
一旦、「えっ、えっ、えっ?」
って混乱とか、困惑とかしちゃうと、
もう、その世界に戻ってこれない
=覚めちゃう。

原作が名作だからと言って、
映画化して名作になるとは限らない。
雄大な風景に感動して、
カメラで撮ったら、あれ、この程度?
っていうのと似てるかも。

ときに、タイトルなんだけど、
月光と雷光ってことなのだろうか?
誰が、とかじゃなくて、
闇で輝く光には2種類あって…?
そーいう場面、ほしかった。
奥

奥の感想・評価

3.0
文学作品。

地味だけど、後半のクライマックスシーンが秀逸。

普通の家庭の幸せとは、何か。

じんわり深みがあり、考えさせられるそれぞれの人生。
まこと

まことの感想・評価

3.4
月は闇の中から静かにそっと照らすもの

雷は不意にこちらを揺さぶるもの



寂しい思いを人一倍感じてきたら、身の回りがいきなり賑やかになると戸惑うこともそりゃあります


初音映莉子という女優は初めてでしたが、今後も注目していきたいなと思える良い役者さんでした

このレビューはネタバレを含みます

避妊しないで妊娠してちょっとやべーってなってるのマジで馬鹿なんじゃないかな 家庭壊した女に懐いてるのも意味わかんないしわたしには理解出来なかった
まる

まるの感想・評価

2.5
原作の映画内の人物が重ならなくていまいちピンとこなかった。 たろうはもっといい人なのに、、、。
子どもの頃に母が家出したため、普通の家庭を知らぬまま大人になったヤスコ。
スーパーのレジ打ちの仕事をしながら、家と仕事場を往復する毎日を過ごしていた。婚約者もでき、亡くなった父が残してくれた持ち家で暮らす日々は、大きな喜びこそないが小さな不幸もない、穏やかな生活だ。
そんなヤスコの静かな日々が、父の愛人の息子・サトルが現れたことで、大きく揺らいでいく。


普通じゃない家族が今までの過去や自分が生きてきた場所での生活、日常生活、人との付き合い方について考え、これからの「普通の生活」を歩んでいこうとする話。

ヤスコ、サトル、ナオコ、それぞれのその時の想いがあり、言い分もあって、誰が悪いとかあの時はああ思ってたとかどうすれば良かったとか、あの時の疑問を今偶然じゃない偶然のような再会で答えを聞けることができ、あの時の疑問が解決できただけで報われるのではないか。

こんな人だが、同じ立場にいる人だからこそヤスコとサトルなら普通の生活が送れるだろうと。ヤスコが妊娠し、もう少しで産まれるというときにサトルが突然消える。
その時ヤスコは微笑んでいた。
きっとこうなると分かっていたのかな。
自由気ままなで一つの所に落ち着かないナオコの子供だもん、こうなっても仕方ない。ヤスコもサトルも両親の愛に飢えていて、愛されたかった。自分が子供を持つことに二人とも怖がっていた。子供に愛を与える自信がまだわからないから。

それでも二人なら乗り越えられると信じていた矢先のサトルの失踪。
いつかふらっと帰ってくるかも〜
違う視点から見れば、もうすぐ子供が産まれるのに無責任な人。
でもこういう生い立ちでこういう環境で育った人だもの、理解できる。


こういう邦画大好きです。
PIPI

PIPIの感想・評価

2.9
原作が好きすぎてしまい。
はまり役だというキャラクターも見つからなかった。原作とスジが少し違うとかそういうことではなく(それはそれでいいのですが)みんながすこしずつ惜しいかんじ。
不思議な脚本だったなあ
カレーのシーンだけでももっと細かく描写いれてほしかった。
>|