月と雷の作品情報・感想・評価

月と雷2017年製作の映画)

上映日:2017年10月07日

製作国:

上映時間:120分

3.5

あらすじ

あてもないけど、生きていく。ふつうの人間関係を築けない大人たちがその意味を探し続ける切なく孤独な旅ー。 あたしはこれから普通の家庭を築き、まっとうな生活を重ねていく。結婚を控え、そう考えていた泰子の前に現れた、かつて半年間だけ一緒に暮らした父の愛人の息子、智。20年前、愛人、直子と智が転がり込んできたことで、泰子の家庭は壊れたはずだった。根無し草のまま大人になった智は、ふたたび泰子の人生を無邪…

あてもないけど、生きていく。ふつうの人間関係を築けない大人たちがその意味を探し続ける切なく孤独な旅ー。 あたしはこれから普通の家庭を築き、まっとうな生活を重ねていく。結婚を控え、そう考えていた泰子の前に現れた、かつて半年間だけ一緒に暮らした父の愛人の息子、智。20年前、愛人、直子と智が転がり込んできたことで、泰子の家庭は壊れたはずだった。根無し草のまま大人になった智は、ふたたび泰子の人生を無邪気にかき回し始める。「邪魔しないであたしの人生」、そう普通の幸せを願っていたはずなのに・・・・・。 泰子は智とともに自分の母親、異父妹、そして智の母・直子を訪ねて行くことで、平板だった自分の人生が立ちどころに変わって行くのに気づき始める。

「月と雷」に投稿された感想・評価

skm818

skm818の感想・評価

3.7
高良健吾好きなので監督名を確認しないで見に行ったが、まあまあよかった。冒頭の子どもが遊んでいるところなどわざとらしいし、その他についても、なんかよくあるある種の日本映画だなって感じで、特に目新しくはないんだけど、こういう内容の話好き。
きっとヤスコちゃんにとってはナオコさんが心のお母さんだったんだね。いやあのほんまのお母さんも色々事情はあったんだろうけど。
てかあれテレビ局の人と打ち合わせしてからあれだけの情報でどんくらいで探し当ててんの。その間ずっとサトルはヤスコの家にいたんかい。人探しするのに探偵じゃなくてテレビの公開番組ってのは今風だけど。
登場人物の服装も、ヤスコやサトルはその辺で買える地味なものって雰囲気で、好感が持てる。
父親違いの妹といきなり仲良くなる経緯は都合良すぎ。妹なんで家帰らないの?
ちょっとそういう、いやなんでこの人行動とってるの?っていうリアリティのなさはあったけど、ナオコさんみたいな生き方している人はいるんだろうなと思う。
ナオコさんもサトルくんもヤスコちゃんのお父さんも石屋のおっちゃんも切ない人だなあ。石屋のおっちゃんが財布の中に婚姻届を入れてるのを見てそこを出てきちゃう(それでくるのがヤスコちゃんのところってのが都合良すぎなんだけど)ナオコさん切ないなあ。
寄り集まってなんとなく一時的な疑似家族作ってそして別れていく。ダメ人間ばっかり出てくるが、あの婚約者以外はクソ人間がいないのもよかった(ああいういきなり野獣に豹変してレイプしようとするやつほんとゴミ)。職場の同僚もいい人たちやし、妊娠は出てくるけど妊娠で人間関係がこじれる系の事件を作ってないのもいいと思った。
エンドロールがすぐに終わってしまう。キャストも使用曲も少ない。高良健吾ファンのための映画という感じ。
主人公の倫理観を欠いたような行動から物語が始まって。

その上。

淡々とした語り口が非日常をさも日常のように見せ掛けているものだから。

作者の意図として、主題がところは感覚で受け取れ、という感じなのかしらと思って観ていたところ。

終盤に主人公が事の異常さを指摘する場面があって、更にその後に具体的なエピソードで以て主題を語るようなくだりがあって。

いよいよ本作が云いたかったところが俺には分からなくなってしまった訳ですが。

ともあれ初音映莉子のおっぱいは素晴らしいサイズ感でした、と。
とまと

とまとの感想・評価

4.0
高良健吾さんの舞台挨拶のある上映をみました。

一番すきなキャラクターはやすこちゃんかな。
婚約者かわいそすぎた(笑)

いまの自分が一番すきなキャラクターはやすこちゃんだった。
自分に素直なところがとてもすき。
初音さんこの映画でしったけど、すごく美しい人ですね。あんな女性なりたいな~なれんやろけど。
演技もすきだなー。他の映画も見ます

さとるくんの窓際の台詞は、笑ってしまいました。そんなシーンじゃないかもしれんけど。最近結婚した自分としてはそんな告白なんなん、かわいすぎやろ(笑)となってしまった。
高良健吾さん大河からミーハーにはまってきてますが、とにかく舞台挨拶の対応もすてきで、握手のとき目をじっと見れませんでした…損。😅

なおこさんは、すてきだなー。あんな女性憧れる。
草刈さんのイメージがいい意味でこわれた。美人で性格もやさしいひとだからこそ男性はほっとけないんだな~とかってに納得してしまった。

今回は大人数での鑑賞だったから今度はひとりでひっそりみたいな(笑)
ゆうか

ゆうかの感想・評価

4.2
舞台挨拶も兼ねて見てきました。
普通じゃない家族だなって思ったけど、じゃあ、普通ってなんだろうって思わされる映画でした。登場人物それぞれ自由だし、こんな関係でいいのって思うけど、どんどん見ていく間にそれぞれの登場人物が愛おしく感じました。
そして、出演者それぞれの演技力が高いな、と思いました。
特に自由人な直子役を演じた草刈さんの演技に魅了されました。セリフに気持ちがこもっているだけでなく、立ち姿や歩き方などの全部がすごいなっと思いました。

個人的には智役を演じた高良健吾が窓越しに泰子に優しく話かけるところがいいなと思いました。
おかか

おかかの感想・評価

3.0
いろいろな生き方がある。

直子の、人を惹きつける姿が印象的。
uken

ukenの感想・評価

4.3
[切ない]
私にとっては、気持ちに入る作品でした
denkikanにて。

草刈民代ってホントに凄い女優だな〜。
彼女がでてくるシーンってなにかがおきそうな気にさせる雰囲気と演技力が兼ね備わってるもんなー。
chiaki

chiakiの感想・評価

3.0
登場人物、誰にも共感できなかったというかなんというか...演技の方が気になってしまった。

でも高良さんがかっこよかったです、
じょい

じょいの感想・評価

3.0
悪くない
って感想がぴったりな映画。

人に迷惑とか心配とかかけっぱなしでも、すくすくと生きれる人を嫌味ではなく心から羨ましいと思います。

なんだろうな〜。
そういう人に、私の想いは一方通行だ!って思って喚きたくなるのをすごく分かるけど、一方通行じゃないかもってこれを観てなんとなく思ったのでした。
>|