月と雷の作品情報・感想・評価

月と雷2017年製作の映画)

上映日:2017年10月07日

製作国:

上映時間:120分

3.5

あらすじ

あてもないけど、生きていく。ふつうの人間関係を築けない大人たちがその意味を探し続ける切なく孤独な旅ー。 あたしはこれから普通の家庭を築き、まっとうな生活を重ねていく。結婚を控え、そう考えていた泰子の前に現れた、かつて半年間だけ一緒に暮らした父の愛人の息子、智。20年前、愛人、直子と智が転がり込んできたことで、泰子の家庭は壊れたはずだった。根無し草のまま大人になった智は、ふたたび泰子の人生を無邪…

あてもないけど、生きていく。ふつうの人間関係を築けない大人たちがその意味を探し続ける切なく孤独な旅ー。 あたしはこれから普通の家庭を築き、まっとうな生活を重ねていく。結婚を控え、そう考えていた泰子の前に現れた、かつて半年間だけ一緒に暮らした父の愛人の息子、智。20年前、愛人、直子と智が転がり込んできたことで、泰子の家庭は壊れたはずだった。根無し草のまま大人になった智は、ふたたび泰子の人生を無邪気にかき回し始める。「邪魔しないであたしの人生」、そう普通の幸せを願っていたはずなのに・・・・・。 泰子は智とともに自分の母親、異父妹、そして智の母・直子を訪ねて行くことで、平板だった自分の人生が立ちどころに変わって行くのに気づき始める。

「月と雷」に投稿された感想・評価

【36-282】高良君の役名が智(サトル)で、呼ばれる度に何だかドキドキしてしまった。また、あのフラフラ具合が絶妙で、共感と云うかシンクロと云うか、とにかく判るなぁ、と。
後、ウチの父は男だったけれど、直子のような人だったのだろうなぁ、などと思う。
ラストも、そのままストレートに受け取るパターンと、いやいやそうじゃないんですよって場合も考えられて、僕は好きです。
……雨戸のリアル!
人間関係、社会のしがらみを抜けて、ただ音のなる方へふらふら行く人は魅力的。
高良健吾さんがとりあえずイケメン。
ナチュラルなチャラ男的な、色気のある男性を見事に演じていたイメージ
2017年10月7日、テアトル新宿で鑑賞。

「これは凄い映画を観た!」と思わせられる傑作。
初音映莉子という素晴らしい女優の存在感。(この女優、『ノルウェイの森』や『終戦のエンペラー』などで自分も見ていたようだが、本作の主演で瞠目させられた。)
高良健吾も頑張っていたが、草刈民代も素晴らしかった。

物語は、ある女が親切な男から次の男へ息子を連れて彷徨い、その途中に居た少女が成人した女性(初音映莉子)となったが、そこに幼少時に一緒に過ごした女の息子(高良健吾)が現れて……
といった展開。

長回しが見事であり、構図がしっかりしている作品だった。

このあと、ゆっくりとこの映画について考えてみたい。
biblos

biblosの感想・評価

4.0
角田光代の原作を読んでからの鑑賞。それでも、なかなか楽しめた。切ないね。
noyoona

noyoonaの感想・評価

3.0
草刈民代さんの手帳が欲しくなった。掴み所ないのに、線はハッキリしてる存在感。惚れる。
はる

はるの感想・評価

3.9
いつもどこか消えてしまいそうな不安感から、離したくないという思いが愛おしいと誤解してるんじゃないだろうか、それは愛じゃないと思うけど…高良くんやっぱりすごいなぁ。
愛されてた記憶ってどんどんなくなっていくし、生まれてきた子供を育てる中で思い出していけたら、やすこちゃんは幸せになれるのかな。
草刈民代〜〜な映画だった。
あのラスト普通に考えて耐えられないけどな……
あーねと思った
横浜、茨城、茨城、熊本、新潟、千葉、千葉、小岩、小石川、下高井戸

あともう一回言って欲し~
Ryou

Ryouの感想・評価

3.1
“何かが始まったら
もう終わるってことはない”
雰囲気はすごく良いのに
内容はちょっと退屈だったかな
ラストもよくわかんないし

高良健吾と草刈民代めっちゃ良かった
初音映莉子も良かったんだけど
役の話し方なんか好きじゃなかった
市川由衣 可愛い
>|