アキハバラ@DEEPの作品情報・感想・評価・動画配信

「アキハバラ@DEEP」に投稿された感想・評価

makufu

makufuの感想・評価

3.0
一昔前の秋葉原が懐かしかった
石田衣良さん原作だわキャスト超豪華だわ
予備知識なしでB級映画のつもりで観ちゃった、ごめんなさい
(過去記録, 観賞当時の感想)
ソラノ

ソラノの感想・評価

3.0
個性的な5人が集まり、作り上げた検索エンジン。それを横取りする悪名高い社長との攻防
懐かしい感じの平成オタク文化と、極悪な敵
みぃ

みぃの感想・評価

3.2
ネットの海へ
自分達が作った検索エンジンが盗まれた!
5人が立ち向かうのは巨大IT企業の社長
立ち上がれ
目にモノみせてやれ
FREDDY

FREDDYの感想・評価

3.1

このレビューはネタバレを含みます

石田衣良の同名小説を源孝志監督が映画化した青春群像劇である本作は、管理人ユイが運営していた人生相談サイト「ユイのライフガード」を通じて出会った、吃音症の天才ハッカー・ページ、極度の潔癖性で女性恐怖症のボックス、点滅する光を見ることで"フリーズ状態"に陥るという謎の持病をもつタイコ、色素欠乏症の頭脳明晰天才プログラマー・イズム、そしてメイド喫茶「あかねちん」の従業員で格闘アイドルのアキラの5人が、ヲタクの街"秋葉原"でベンチャー企業「アキハバラ@DEEP」を立ち上げ革新的な人工知能型サーチエンジン"クルーク"の開発に奔走していた中、彼らの噂を聞きつけた大手IT企業「デジタルキャピタル」の社長・中込威によって"クルーク"が盗まれてしまったことで、デジタルキャピタルの本社に侵入し奪還作戦を遂行していくアキハバラ@DEEPの勇姿が描かれた作品となっているのだが、気軽に視聴の出来る作品ではある。成宮寛貴をはじめとしたキャスト陣の顔ぶれは惹かれるものがありますし、登場人物らのキャラクター性や物語も面白い。ただ、やはり原作ファンなので相違点が多々見られることは気になるところですし、全体的にチープで盛り上がりに欠けるのもまた残念の一言。そしてTVドラマ版を先に視聴してしまったことも評価を下げてしまった要因となっていて、TVドラマ版のイメージでコメディを求めてしまうと肩透かしを食らってしまうでしょうし、本作は暇つぶし程度の視聴が好ましい作品といったところでしょうかね。それなりには楽しめましたが。
我

我の感想・評価

-
なんてかいたらええのかわからんけど
イズムくんと結婚したいです
harema25

harema25の感想・評価

4.5

このレビューはネタバレを含みます

イズム君…天使すぎる…⭐️

飛び級でMIT…gifted過ぎる…
hrnpy

hrnpyの感想・評価

3.8
2006年の作品で当時からしたら斬新なストーリーだったのだと思う。AIなんて今じゃ普通に聞く単語だけど当時聞いてもハテナになってただろうなぁと。
成宮くんがドモリが激しくうまく話すことはできないけどITに長けている役は、意外だったけどさすがの演技力だったし、山田優はぴったりなキャラクターでかっこよく美しかったし、春馬はブラッディマンデーのきっかけになるような聡明で素直な愛らしい青年で良かったなぁ。
石田衣良さんの作品はあまり見たことないけど、IWGPに次いで面白かった!!
気持ち悪いシーンもあったけど佐々木蔵之介が演じきってて流石でした笑
corouigle

corouigleの感想・評価

4.0
石田衣良原作

一時期、石田衣良作品には
はまっていました。

何となく、
格好良かったので。笑

人生を思うエッセーみたいのも
買って読んだ気がする。

でもそれも
通過点で、今も好きかというと、、、
うーむ。。。ですけど

学ぶものはあった!!
と思います。

一時のアキハバラにも
興味を持ちました。

AKBとか
メイド喫茶が来た辺りですかね。

それまでの東京と言えば、
私の中では
渋谷、新宿、上野が3本柱で、
横須賀と岩手を往復する帰省の度に
何度も通いました。

ただ、オタク的な街アキハバラは、
前からオタクの街ではあるのでしょうが、
いわゆる
鉄道(さいたまに移るまで鉄道博物館があった)、無線機やジャンク

パソコン

アイドル、フィギュア

コスプレ?

などとそのオタクの街としての
性質を変えていく。

うちの父の世代では
第1世代、とでもいうか
戦後の闇市の流れ?かなにかで
アーケードのようなものが
いくつもでき、
今でも部分的に残る
ジャンク屋は僅かなのだろうが、
そのジャンクエリアを覗くと、
昭和の終わりに親父に連れて行ってもらっていた頃を今でも思い出す。

少し前のアキハバラでは、
会いに行けるアイドルブームが勃発し、
知らない文化が栄えていたので
これは見学しないとならない、と思った。

その頃のアキハバラを、
裏も表も描いたような作品です。

2008年、鑑賞40本中
6位
Harmony

Harmonyの感想・評価

2.8
個人的にあまりタイプの作品ではなかったかな…ごめん春馬くん💦

若い春馬くん声変わり前の高めの声がかわいい✨
日光から肌を守るための白スーツがこれまたかわいい✨
ついついかわいいしか言ってなかった(笑)
成宮さんの吃音は凄いリアル。

🌸🐎🌸🐎🌸🐎

今日であの日から1年…
やっぱり心の整理なんてついてないけど

どうしようもなく春馬くんが好き。

そして、春馬くんがいない世界は途方もなく虚しい。

たとえ遠い存在でも同じ世界にいない現実が辛すぎて苦しいけど、同じ方がここにもたくさんいて大分救われた。

時が経とうと想いは変わらなかった。
この気持ちはずっと続くんだと思う。

一切手を抜かず、ずっと全力で駆け抜けてきた春馬くんを見てると涙が出る。

生まれてはじめて好きになった俳優さん。こんなにも全てが美しく、心をつかんで離さない存在は唯一無二。

これからも春馬くんの優しさや志を胸に生きてくね。
ありがとう。
純粋に楽しみたいのに無駄に気分が悪くなるようなシーンが2、3回ある。木更津キャッツアイで突然オジーが死んだ時みたいな気分になった🐟
>|

あなたにおすすめの記事