金融腐蝕列島 〔呪縛〕の作品情報・感想・評価

「金融腐蝕列島 〔呪縛〕」に投稿された感想・評価

1997年に発覚した第一勧業銀行総会屋利益供与事件をモデルに、腐敗したメガバンクを再生すべく立ち上がった中堅行員らの奮闘を描く社会派作品。見せ場の株主総会シーンが緊迫感溢れる。リハーサルまでするということに、当時の総会屋の存在の大きさを知る。朝日中央銀行(ACB)の300億円不正融資。ミドル四人組。ブルームバーグテレビジョン。ウィンザーノット。ノーパンしゃぶしゃぶ。「呪縛を解くのはしんどいな」
今や大作任されるベテラン原田監督。本作公開当時はロボットSF「ガンヘッド」の監督というイメージが強くあって(ちゃんと観てないけど)、なんでこんなビジネス映画を?と思って観た思い出が。結果大変面白かった。大手銀行の不正融資スキャンダルに関わる細かくひりつく会話劇がリアルに感じられて飽きない。ビジネスドラマも良いもんだと満足。 クセある男たちのキャスティングが良かった。仲代達矢演じる銀行相談役の貫禄の演技と圧倒的な存在感と威圧感。その娘婿、役所広司の所在ない佇まいの内に秘めた正義感の発露。共に見事。
「検察側の罪人」のときも思ったけど原田監督の映画は良くも悪くも落ち着きのない忙しない作品だ。
冷静になって見ると爆笑もんのヘンテコな動きをしている人物、バツバツ割られるカット、謎のオープニング、理屈抜きで気づいたら盛り上がってるクライマックス、そのあらゆるアンバランスさが全て魅力につながっている。あと、椎名桔平サイコー
めちゃくちゃ面白かった。
金環食との見合せがいいので、是非連続して見てほしい。
いとそ

いとその感想・評価

2.7
原田眞人の映画だなー。クライマックスの株主総会に全く盛り上がりが無いし、突然現れた株主の鶴の一声でめでたしめでたしって一体何なのか。役所広司と仲代達矢の師弟対決くらいしか見所がない。
原田真人の作品としては、クライマーズ・ハイと並んで好きな映画である。
クライマーズの方は新聞社、こちらは銀行である。ともに企業の中核である若手と経営層との激しいぶつかり合いや戦略がらみの抗争をテーマに、俳優たちが論戦を繰り広げる。それはまるで、ハリウッド作品のようで、こういったシーンを得意とする原田は、長い間ロスアンゼルスで修行したらしい。クライマーズでの編集会議などのシーンはまさに、ワシントン・ポストやボストン・グローブなどのハリウッド作品を彷彿させる。実際の日本ではありえないのだが、映画としては非常に面白い。

今では総会屋は姿を消したが、銀行は依然として裏組織との関係を断ち切れない。今でさえ組員の口座を閉鎖することが困難であると報じているのだ。原田はそういった意味で現代の社会通念をエンターテイメントに変えることに長けている。

原田の根底にあるものは’正義’であり、'使命’である。今の若者文化から立ち消えたような正義感や使命感といったものを、映画を通して訴えていると強く感じた。こういった風潮は定着して欲しいが、最近の彼の作品は少し間延びをしている。初期作品のような緊迫感に欠けるきらいがあるのが残念である。
RYUYA

RYUYAの感想・評価

4.0
原田眞人の、オフィスとか密室空間における会話劇の演出力はズバ抜けてんな。
章構成やダサいタイトルバック、走るカメラにブツる編集、「ついてこい」と言わんばかりの業界用語の押し付けとそのクソ早いセリフまわし、抑揚、急な足止め、スローモーション、全部がすでに完成していて、それが作家性なのにとってもエンタメという覇王感はなんなんだこれ。

今作で何度も何度も描かれる"作戦会議"のシーンたちが、あまりにもそのまんま『シンゴジラ』な事に超ビビったんだけど、庵野さん、まさかやってないよね?笑
ぱなお

ぱなおの感想・評価

4.5
出演人の銀行内での役職や位置が段々とわかってきてからは面白くなってきて、今は原作を読みたいとすら思う。『あさま山荘』の時も感じたが、人の動きや飛び交ったり重なりあったりする会話がとてもリアルで、そのリアルさが実際の現場のような緊迫感を生み出してるように感じる。そんな感じが個人的に好き。ただ、『あさま山荘』同様に聞き取れない台詞も多かったから、今度は字幕で観てみよう。椎名桔平、色気ありまくり!MOF担やら迂回融資やら五行通告やら、専門用語が多いですが、二度目なると初鑑賞の時よりもわかる部分が増えて楽しい。
オッサン達のキャッキャウフフ&怒号飛び交う言葉のボクシングがたまらない。もっとこういう映画撮って
ざらめ

ざらめの感想・評価

3.5
桔平たん目当て。まあ若くて綺麗でスーツポイ捨てした時破水した。でもほかの演技派もやばすぎて、専門用語ばっかりだったけどとりあえず熱量ハンパない。すごい。面白かった。ノーパンしゃぶしゃぶよき。あとテーマソングがどう聞いてもエクソシスト
>|