金融腐蝕列島 〔呪縛〕の作品情報・感想・評価・動画配信

「金融腐蝕列島 〔呪縛〕」に投稿された感想・評価

原田眞人監督は敬愛する黒澤明監督の「悪い奴ほどよく眠る」のような映画を作りたかったのだろうか。仲代達矢の起用も黒澤映画へのオマージュから来ているのかもしれない。確かに仲代の存在感は一際際立っていた。この映画で印象深いのは、事の真相を追求するために役所広司がワインのラベルの話を持ち出しながら仲代を追い詰める場面と愛人のところに身を隠している仲代のところに役所が訪ねて、自殺した上司の遺書を突き付ける場面だろう。
suz

suzの感想・評価

3.7
93年生まれの自分には、この映画の世界に近い世の中があったことが信じられない。強い闇の圧力に負けないミドルの男たちと、それを支える人たちの姿に胸を打たれました。最後のシーン印象的でした。。
映画版「半沢直樹」
総会屋への不正融資疑惑が発覚する銀行の改革話。

一定の緊迫感はあるが、ワチャワチャしている割に、ほとんど進展は見られず、主人公(役所広司)がいる必要性も感じられない。
しいていうなら、主人公は狂言回し役。
脚本の弱さを、アングルの数で誤魔化している。
一つ一つに大した意図は宿っていない。
テンポ作りのために、ひたすら切り替えるマルチアングルのようなもの。
の

のの感想・評価

3.3
バブル崩壊後の銀行と総会屋との癒着を切り離して健全化するために奮闘する社員の姿を描いた社会派ドラマ作品。

クライマックスの株主総会こそ、この作品の見どころだった。
それに加えて娘婿の主人公と義父との対決シーンはどれも迫真の演技で印象的。
「他所の女の家へ行き、高所からビンテージワインを語る義父」が正に退廃したそのもの過ぎて笑った。
harema25

harema25の感想・評価

4.5
子役の頃の
三浦春馬くんが
居るので観た

なかなか
見応えがあった

総会屋…
株主総会の緊迫
若い社員たちの決起
闇との闘い

若い役所広司さん
椎名桔平さん
いい感じだった印象

映像の古さを感じたけれど
金融腐食列島…
闇の呪縛の膿を出す
ダイナミックさが
あった気がする…

丹波哲郎さんの顔
チラッと…
懐かしかった…

あのお腹から出る声が聴きたい

子供の頃の春馬くんの憧れだった
黒木瞳さんが美しく
いらっしゃる…

仲代達也さんが
おじいちゃまで
ウィスキー🥃を研究する⁈
賢そうでお上品な
おぼっちゃまな
春馬くん🌸🐎

妹に優しいお兄ちゃん

お母様は
風吹ジュンさん

『永遠の0』でも
大人になった春馬くんのお母さん

お父様は
役所広司さん…

とにかく
キャストが豪華✨

オダジョーもいる

トモロヲさんもいる

エンケンさん
若かった…


もたいまさこサン…
もいた…


日比谷公園が
懐かしかった

大手証券会社の破綻
銀行の失墜…

金融の歴史と未来に
思いを馳せた

光と闇はいつの世にも
在り続けるんだろうな…
ということにも。



陰🌑と🌕陽。


陰陽とは…
【陰があれば陽があり、陽があれば陰があるように、互いが存在することで己が成り立つ考え方。】
corouigle

corouigleの感想・評価

2.0
見て失敗

何故か

ネタが個人的に合わず
やはり映画にエンタテイメントを
求めすぎるのか

不正融資暴きに
1つの都市銀行が揺れる

4人のミドル奔走

専門用語だらけ
一般人には???

総会屋(ヤクザ)コワイ

ビジネスマンとか
金融関係にご興味があるお方が
観るべきではないかと感じた

しかし役者凄い

役所広司
椎名桔平
根津甚八
黒木瞳
風吹ジュン
若村麻由美(よく知らないけど)
丹波哲郎(他界)
仲代達矢(ご存命/89才)

三浦春馬(子役)
村上淳
オダギリジョー
遠藤憲一
石橋蓮司
田口トモロヲ
もたいまさこ

ほか
ka28mar

ka28marの感想・評価

2.7
時代背景と取り扱っている問題が重いけれど、視点が内部の改革若手だからかエンタテインメントとしてしっかりと見応えがある。
当時はどうだったのか記憶にないが、今から思うと、銀行側のプロパガンダに見えるのも仕方ないかもな。

このレビューはネタバレを含みます

20年ほど前の作品だが、古さを感じさせずに緊張感をもって観ることができた。
いつの時代も、根本的には同じような問題が起きているのだろう。銀行と闇社会との癒着は、現代でも無くなってはいないと思う。

豪華キャストの確かな演技力で、残念な配役の人がいないのが凄い。仲代達矢と佐藤慶の存在感は、いつも恐ろしいぐらいだ。

株主総会のラストシーンは、ちょっと出来過ぎの感はあるが、「ミドルエイジ」と言われた彼らが頑張ったのだから良しとしよう。
ねろ

ねろの感想・評価

3.8
原田眞人ねぇ...観た作品は総じてセリフをボソボソ喋らすから、何言ってるか分かりずらい。それがリアルっていう演出なのかな?
あと息子が出るシーンは、すごく浮いてる。絶対に出さない方が良い。
けど、恥ずかしながら好き。
若村麻由美も好きー。
最後の株主総会の盛り上がりのエンターテイメントや緊迫感は良かった。
ただ、そこまでいくまでのフリが退屈なので、もっと魅力的にしてほしい。

あと、原田監督特有の舞台チックな役者の動かし方があんまりハマってなかった。
カミカゼタクシーの時はガッツリハマってたんだけどなぁー。

椎名桔平の根がチンピラ色気カッコ良い感にときめいた。
>|

あなたにおすすめの記事