男たちの挽歌 IIの作品情報・感想・評価

「男たちの挽歌 II」に投稿された感想・評価

双子だろうと何だろうとカッコ良ければ全て良し👍間違いない一本😘
介護パートの長さにビビる。
ホテルでの銃撃戦はまんま『ゲッタウェイ』。
暗所ではやたらビカビカ照明光らせるのは安っぽくて好きじゃない。

タクシー会社の社長がまた出てきて後半は完全にレギュラーになってるのは美味しい。
C

Cの感想・評価

-
有名すぎる「俺たちにとっては米は親同然なんだよ」のシーンが観れて良かったです。漫画ウケる。最後の椅子の位置変わってるとか相変わらずツッコミどころ多いですけど胸熱
Tomo

Tomoの感想・評価

4.0
荒突無稽な問答無用なアクションまたアクション
でも泣けます
亡きレスリーチャンの歌に
ちょーユンファの無敵のガンアクション‼️
クライマックスを迎える辺りのアクションは
すごく呆気に取られますがやっぱシビれます👍
香港映画🎞一番楽しかった時代だなあ
アジア人の魅力をここまで引き出せるジョン・ウー監督とロン兄貴、ホー兄貴、ケン、キットは天才!
最初は無理あるだろってツッコミたくなる所がいくつかあったけど、後半の戦闘で全てが良くなる。かっこよすぎる。
なぜグッドサインだけで全てが伝わるのか。考えるな、感じろって奴だ。
かっこよすぎて泣いたのは初めてだ。こんなにいい映画を観れて良かった。生きててよかった。
これ以上にカッチョいい映画はありません。

それしか言えない。
前作の第1弾ヒットで、続編制作を決定。未だに伝説になるぐらいの大ヒットですから、当然と言えば当然でしょう。

前作でマークは死にましたが、その双子の弟ケンとして再びチョウ・ユンファが登場。如何にも付け焼き刃的やキャストです。ジョン・ウー監督強引です( ̄O ̄; まぁ、チョウ・ユンファ抜きでは苦しいのも分かりますが…。
その他のキャストは、ホー兄貴(ティ・ロン)、弟キット(レスリー・チャン)、などは同じままです。

ホーには昔から付き合いのある、兄貴分ロンがいました。弟キットが潜入捜査をしている偽札製造組織を摘発するために、ロンはその証人となります。しかし愛娘を組織に殺されて、精神状態はズタズタ。その彼を匿う役がケンでありました。大まかな人物の相関は、こんなところです。

本作の見所は相変わらず迫力ある銃撃戦です。NYで香港でと、ユンファが活躍する姿はカッコ良いの一言です。ケンの獅子奮迅の活躍が、ロンを正気に戻らせるなど男魁塾か、日本の任侠映画みたいです。
ホーはホーで日本刀を振り回すなど、この男たち制御不能です。

仁義のために命がけで闘う男たちを描いたアクション映画なんですが、哀愁があります。愛する者を亡くした悲しみが心を打ちます。最後の戦いの決着後、血に染まったマークのコートを羽織るケンの背中は男心を刺激します。このベタさが本シリーズの魅力であるのは間違いないと思います。
前作と比べて練られたストーリーに圧倒的パワーアップを遂げた銃撃戦!血と涙の復讐劇
全編通して熱い展開ですがやっぱりクライマックスの死闘ですよね!亡き友のために生命を散らす男たち!
まこと

まことの感想・評価

3.8
前作よりも凄みを増した銃撃戦

階段を背中で滑り落ちながらの上方への二丁拳銃乱射とかマジでカッコいい


そして前作を観たみんなが待ち望むあのテーマ曲が流れる回数が圧倒的に今回は多いのが最強で最高

渋みを増した男たちの戦いをとくとご覧あれ


てかてか前作で死んだチョウ・ユンファの今作への戻り方よw こんな方法ほとんどチートやからな!!
何もなかったようにチョウ・ユンファがでてくるのからして間違いない。マンガでも古典展開の双子の弟設定でのカンバック。おもしろければなんでもいいのだ。
>|