男たちの挽歌 IIの作品情報・感想・評価

「男たちの挽歌 II」に投稿された感想・評価

なんだこれ。。。
一作目に比べるとツッコミどころが多すぎて、、
登場人物が同じ別作品に近い。

お前自分が発砲したのかもわかんないのかよ!!
米・・・・
色々演出がぶっ飛んでるがこれがこの映画の魅力なのだろう。

前半はめちゃくちゃだが、なんだかんだ後半ラストの銃撃戦の勢いで評価がぐっと上がる。ラストのカッコよさはすごい。
色んな作品の元となった演出が垣間見えた気がする。
いろんな映像作品に影響を与えた作品なんだと再実感。

思わずラスト見返した。チョウ・ユンファがかっこよい
HK

HKの感想・評価

3.8

このレビューはネタバレを含みます

「男たちの挽歌」の続編。

前作よりも物語上の演技などはより戯画的になり、物語の展開もより急進的になっていった。

主要人物3人の血縁関係にある人間が次々に死んでいく。ネタバレになるが、ルンさんは娘さんを、ケンは兄弟身分のマークを前作で、そしてホーさんは弟のキッドを失う。そして、そのまま最後は悪人としての運命を受け入れ警察に捕まる。

日本ではカウボーイビバップ、ブラックラグーン、その他諸々のガンアクションアニメが国産化してオマージュしていましたね。同じようなこと言うかもしれないけど。

特に、敵組織の暗殺者とケンさんの決闘シーンは、もろスパイクVSヴィシャス、レヴィVSロベルタとかでオマージュされているから、この映画の戦闘シーンがどれほど日本のアニメ文化に影響を与えているかよくわかりましたよ。

ジョン・ウーさんの演出は、現実でやるとちょっとベタで臭すぎるところがあるけど、それがかえって味を出しているんだよな。銃撃戦でのスローモーションなどはサム・ペキンパー仕込みともいえる。だが、そこがかっこいい。いい味を出している。

そして何よりも、熱い!漢の熱さを魅せるであろうチョウユンファさんの泣き演技はとても良い。日本人にも通ずる熱さがある。そこが本当に面白い。

やっぱ香港ノワールの金字塔は良いですわ~。
gm

gmの感想・評価

3.3
「プロジェクト・グーデンベルク」で二丁拳銃のチョウ・ユンファに皆がすごく盛り上がっていたので、初めての「男たちの挽歌」に挑戦。
なのに間違えてⅡから観てしまったぜ。泣


何というわけではないけれど、私が子供の頃に見ていた日本の刑事ドラマを思い出した。
あの時代のドラマはこの映画の影響を受けていたんでしょうか。きっとそうですよね? 初めて観るのに懐かしい気持ちになりました。
勿論、私が見ていた刑事ドラマはこんなに派手に爆発していなかったと思うけど。

そして、映画を観たことがなくてもあそこだけは見たことがあった、有名な電話のシーンもここにあった!

チョウ・ユンファは、今もこの頃と全然変わりませんよね?驚きました。
この映画で熱い涙を流すことはちょっと出来なかったし、思わず笑ってしまうようなこともあったけど、面白かったです。

グーテンベルクで初めて観た時から思っていたんけど、チョウユンファは、アンネ・サンに似てますね。(アンネサンがチョウユンファに似てるんだろうけど)
だから余計にだと思うんだけど、強そうな顔じゃなくてね^^;

個人的には、ホーを演じた人がカッコ良かった。調べたらティ・ロンという人で、ググった画面に出てきた若い頃の写真がエディポンみたいだった。

そして、「男たちの挽歌」といえば、以前、韓国でリメイクされたとき、色々な人達が憤慨していたので、改めてあちらをもう一度観てみたい。
先に「男たちの挽歌Ⅰ」を観てからね。
「身軽に生まれたのだから、身軽にこの世を去るのさ」
誇り高き男は銃弾の嵐をすり抜ける。
銃弾を何発食らっても死なない。
そして、誇り高き善人は誇りを持たぬ悪人に銃弾を何発もぶち込む。
「もうそろそろ俺たちも死ぬ。帰ろう。」

「火薬の量を間違えた。気をつけよう。」
うん。この映画のすべての演出の過剰さはたしかに火薬の量間違えてる。
けど、気をつけないで、このまま過剰な火薬量のまま突っ走ってくれ!
初見。字幕。
チョウ・ユンファ演じるマークの双子の弟を登場させるあたり、おそらく前作が予想外の大ヒットだったため急遽続編を作ったのではなかろうかと変に勘ぐってしまう。続編あるあると言えばそれまでだけど、にしても無理矢理ねじ込んできたなあという印象。
元マフィアの男が娘を殺されて廃人になったり、キットがあんなことになったりと話の展開はなかなか壮絶である。壮絶ではあるけどこの点もねじ込んできたなあという印象が強くて前作ほどの熱量は感じなかった。
ガンアクションに関しては前作同様素晴らしかった。大勢を蹴散らし血が飛び散る壮絶な殺し合い。このあたりはさすがはジョン・ウー監督です。
MiYA

MiYAの感想・評価

3.1
前作で死んだチョウ・ユンファがまさか双子の弟役で再登場。でもこのシリーズ、ティ・ロンのほうが魅力的(髪型がひどいが顔がいい)。

アクションは前作に続き、敵は一発で死ぬのに、主人公たちは何発撃ち込まれても死なないのだな。

もっとも前作はアクションよりもドラマの熱さのほうが印象的で、今回はそのドラマの部分がイマイチだったのが残念。やはりインパクトで1作目を超えるのは難しいなぁ。
もむ

もむの感想・評価

4.1
私は 一時期 チョウ ユンファ の大らかな男らしさにハマっていた。

ユンファのコメディも大好きで、電影香港に憧れて、いまだに韓流に進めないでいる。
YF

YFの感想・評価

3.8
ラスト何分かの大銃撃シーンがあまりにも大迫力ですごいから、今までのストーリーが全てすっ飛びそう。
なすび

なすびの感想・評価

3.0
一作目より断然オモロイ!でもキットォォォぉぉぉぉぉ😭😭😭😭😭😭😭それは泣いた、てかもうレスリーチャンってなんか悲劇が似合いすぎてナ、ボロボロになるまで追い詰められる役ばかりやん。そういう演技上手いしそんな時でもかわいいし、やっぱ今回もヒロイン気質や。お兄ちゃんにお姫様抱っこしてもらったり何かとな。ちょっとしたアクションとかジャンプとかがダサくてかわいい、飛ぶ時に両手あげちゃうの何やろな、きゅん。あとキットの着こなしめちゃくちゃ好き、シャツのボタンたくさん開けて上からジャケット着るやつ、あと怪我してる時裸に包帯の時もはだけまくっててすき。

もうチョンヨンファの顔がツボすぎてごめんなさい笑笑 何しても笑えるほんと。てか笑っていいよね?だってまず双子の弟にしてまでまた出てくるし笑 ケンさんめっちゃいい兄貴分って感じでマークよりかっこいいし飯について熱く語る割に家では食べ物散らすしライターの火飲み込むしなんなんこいつ…笑 カッコつけるシーン多いのに異常に小さい歯の歯並びの可愛さで全部笑える、ほんと顔がツボ。

てか「thisファッキンフライドライス!」とかブチ切れる迷惑な客ウケるw「この店を守ってやろう、代わりに月に1000ドル払え」で「払わないなら、店を爆破する」とか言い出すしそれに対してケンさん謎の米説教始めて「米は俺の両親同然なんだ」「ドントfuck my ファミリー」て飯まみれの顔で飯食って泣いたり怒ったりして銃を突きつけて米を食わせるし、でも結局店爆破されるしでも店その後も続いてるし。。。笑笑

あと狂ったロンさんヨボヨボになりすぎやし最後の戦いで不死身すぎwwwロンさんの顔もなんかツボwロンさん大体ちょっとワキが甘いんよな、もうちょっと強く生きてくれ…

最後の戦いほんと人殺しすぎやし人死にすぎやし火薬の量すごいしそれに対してカッコつけて「火薬の量間違えたかな?」みたいなすっとぼけた態度が最高。宿敵ボスみたいな奴倒す時のピタゴラスイッチ感には笑った、刀VS斧とか早撃ち対決唐突に始まるしw

なんやかんやで面白かったのは間違いない!!ww
まさこ

まさこの感想・評価

4.2
ほんと良い…良すぎる…
何度見ても楽しめるやつ。
ハラハラ感も良いし俳優も良いし展開も良いし最高だ
>|