映画ドラえもん のび太の恐竜2006の作品情報・感想・評価

「映画ドラえもん のび太の恐竜2006」に投稿された感想・評価

百

百の感想・評価

-
ここにもまた神木隆之介様...
あの人、マジ何歳なの?活躍しすぎ
ゆか

ゆかの感想・評価

4.0
ピー助を
白亜紀の時代に帰す

およそ1億年前

ずっと昔
日本とアメリカは北の方で
陸続きになっていた

アメリカ→日本
ぜろ

ぜろの感想・評価

-
『のび太の恐竜』を新旧並べて見返すと、前半と後半で一回ずつあるピー助を送り返す場面が2006年版はかなりエモーショナルに演出されているのが面白かった。大長編最初期の「泣き」の作画は涙がひとつ描き足されるだけだけど、2006年はタイムトンネルの中を涙が飛び散る。

ただこの「泣ける」路線はキャスト交代を境にした変化というわけではなくて、2000年代に入ったあたりの芝山監督版からと個人的には記憶してる 『ふしぎ風使い』(2002)ではのび太の涙も画面いっぱいに飛び散っていた

2006年版『恐竜』で一番の改変箇所は最後に本当にほぼ徒歩で北米から日本まで戻り、それが勇気友情で「泣ける」演出とされていた部分で、この種の苦労が美徳とされるのはキャスト交代後の特徴かもしれない。
旧シリーズはこうして進んで苦労することを美徳とするような展開は無かったような記憶 友情勇気が苦労とイコールでは結ばれないというか

『創生日記』では、南極を目指す飛行船にくっついて一緒に移動しようとするも、「飛行船ってなんてじれったい乗り物なんだろ!」と言ってゴーゴー風車でブーストをかけたりしている 道具でスキップできる苦労はスキップするスタイルだと思うんだけどな

旧版の大長編はわりと道具を使ってことをサクッと解決することが多くて(『創生日記』で最終的に地球をもう一つコピーするとか)、この即物的なハッピーエンドはちょっと『バック・トゥ・ザ・フューチャー』(1985)を思い出す
K

Kの感想・評価

4.2
新ドラ(もはや「新」ではないのかな…)の映画1作目。ラストの場面は何回見てもつい泣いてしまいます。
ところでピー助役、神木くんなんですよね…なんというか、もう15年経ったのか…笑
Keito

Keitoの感想・評価

4.0
MOVIX川口で鑑賞

旧声優陣から、新しい声優陣へと変更し、初めての劇場版ドラえもん。幼稚園の頃に映画館で鑑賞し号泣した作品。動物との別れと言うものはこんなにも悲しくなるのかと思った。始まりと別れをよく表している作品だと思う。悪役にも魅力があった。徹底的な悪であるため、強大な敵感があって良かった。のび太がピー助の餌でやるお刺身が美味しそうで当時お腹減っていた(笑)。主題歌のボクノートも名曲である。

映画情報
「映画ドラえもん のび太の恐竜2006」は、シンエイ動画制作のアニメーション映画。1980年に公開された「ドラえもん のび太の恐竜」のリメイクであり、まんがドラえもん誕生35周年記念作品。第1回Invitation AWARDSアニメーション賞受賞作品。

監督 渡辺歩
脚本 渡辺歩 楠葉宏三
原作 藤子・F・不二雄
出演者 水田わさび 大原めぐみ かかずゆみ 木村昴 関智一 神木隆之介 内海賢二 船越英一郎 劇団ひとり
音楽 沢田完
主題歌 スキマスイッチ「ボクノート」
制作会社 シンエイ動画
制作会社 映画ドラえもん製作委員会
配給 東宝
ハルカ

ハルカの感想・評価

3.8
小学生の時にみてなんかめっちゃ泣いた
ぴーすけのラストシーンまじで見れない。。。
カズキ

カズキの感想・評価

2.0

このレビューはネタバレを含みます

1億年前。1匹のティラノサウルスが何者かによって捕獲される…。
そして現在。スネ夫の家に招かれたのび太、しずか、ジャイアンはティラノサウルスの爪の化石を自慢げに披露された。しずかやジャイアンは化石を見せてもらえたのだが、のび太だけは除け者扱いされてしまう。のび太はスネ夫への対抗心から恐竜1匹丸ごとの化石を見つけてやると宣言してしまう。のび太はドラえもんに泣きついて何とかしてもらおうとするが、ドラえもんは日本にティラノサウルスは生息していなかったとして断る。のび太は意地になって恐竜関連の本を読み漁り、古い地層からなる近所の崖を掘り始めた。ところが、堀った土により近隣住民に迷惑をかけてしまい、のび太はお詫びとしてゴミを捨てるための穴を掘ることとなった。そしてのび太は大きな卵の化石らしきものを掘り当て、これが本当に恐竜の卵であることを証明するために“タイムふろしき”で元の状態に戻すことにした。その間、のび太は冷やかしに来たジャイアンとスネ夫に、恐竜を見つけられなかったら鼻でスパゲッティを食べると大口を叩いてしまう。化石らしきものは紛れもなくフタバスズキリュウの卵だった。のび太は卵を懸命に温めて孵化させることに成功、生まれた赤ん坊のフタバスズキリュウに“ピー助”と名付けた。のび太はドラえもんに見守られながら、家族に内緒でピー助を育てていたが、やがてピー助は成長と共に大きくなりすぎて家で飼うのには限度がでてきたことから、のび太はピー助を公園の池に移して引き続き育てることにした。しかしある日、のび太は風邪を引いて餌やりに行けなくなってしまい、のび太が来ないことを心配したピー助はわざわざのび太の家までやってきてしまう。ピー助の噂は早速街中に流れてしまい、更にはロボットカメラで密かにピー助やのび太たちを監視していた謎の黒いマスクの男がのび太たちの元を訪れ、ピー助を引き渡すよう求めてきた。危機感を募らせたドラえもんとのび太はピー助を元々生息していた時代である1億年前の白亜紀に戻すことを決断、黒マスクの男の追跡を振り切って“タイムマシン”で白亜紀に向かった。のび太はピー助に涙の別れを告げて元の時代に戻ったが、ジャイアンやスネ夫から鼻でスパゲッティを食べて見せろと迫られ、しずかからも嘘つき扱いされてしまう。ドラえもんとのび太は“タイムテレビ”でしずか・スネ夫・ジャイアンにピー助の様子を見せることにしたが、映し出されていたのは他の恐竜たちにいじめられているピー助の姿だった。実はドラえもんはピー助と同じ種族の本来の生息地である日本ではなく、誤ってアメリカ大陸にピー助を置いてきてしまっていたことに気付いた。ドラえもんとのび太はピー助を本来いるべき場所に移すため、しずか・スネ夫・ジャイアンも連れて再び白亜紀に向かい、そこでピー助と再会を果たすが、到着時の衝撃でタイムマシンの空間移動機能が壊れてしまい、元の時代に戻るためにはタイムマシンをのび太の部屋の机がある位置まで運んでいかなければならなかった。
ドラえもんたちはアメリカ大陸がこの時代ではアジア大陸と陸続きになっていることに気付き、長時間の使用に限度がある“タケコプター”を有効活用しつつ徒歩も交えて自力で日本を目指すことにした。旅の途中でドラえもんたちは恐竜に襲われるが、“桃太郎印のきびたんご”を食べさせて手懐けることで危機を乗り越えながら進んでいった。しかし、長旅で限界にきていたのび太のタケコプターが故障してしまい、頼みの綱のきびだんごも失ってしまう。危機に陥ったドラえもんたちの前に現れたのはあの黒マスクの男だった。
黒マスクの男の正体は恐竜を捕まえてはコレクターに高く売りつけている恐竜ハンターであり、男はのび太たちに大量のおもちゃを渡して手懐けようとすると、翌朝まで考える時間を与えるとしてタイムマシンでドラえもんたちを元の時代に送る代わりにピー助を引き渡せと要求してきた。男が帰った後、スネ夫はピー助を引き渡すべきだと主張したが、ジャイアンたちの反対で思いとどまった。ピー助を引き渡さないことを決意したドラえもんたちは、男が置いていったおもちゃの中からラジコンカーを活用することにした。翌朝、黒マスクの男は雇い主である大富豪の収集家ドルマンスタインと共にドラえもんたちを襲撃しようとするが、目の前に現れたのはラジコンに乗った囮の人形だった。その隙にドラえもんたちはいかだで川を下ろうとしたが一味に見つかってしまい、濁流にのみ込まれたドラえもん・のび太・ピー助はしずか・スネ夫・ジャイアンとはぐれてしまった。
しずか・スネ夫・ジャイアンはドルマンスタイン一味に捕らえられ、彼らの秘密基地に連れて行かれた。ドラえもんとのび太は三人を助けるために基地に潜入するが、ドルマンスタインはティラノサウルスを放ってドラえもんたちを襲わせようとした。ところが、このティラノサウルスは以前にドラえもんたちが桃太郎印のきびだんごを食べさせた恐竜であり、ドラえもんたちの味方についたティラノサウルスはドルマンスタインが放ったスピノサウルスと激しい激闘を繰り広げ、基地が崩壊を始めたことからドラえもんはのび太たちや捕らえられた恐竜たちと共に脱出した。逃げようとした黒マスクの男やドルマンスタインは未来から駆け付けたタイムパトロール隊によって逮捕された。ピー助の背中に乗って旅を続けるドラえもんたちはようやく日本に辿り着き、タイムマシンの入り口を発見した。のび太はピー助を仲間たちと合流させ、泣きながら別れを告げて元の時代に戻っていった。
いつ見ても泣ける。
のび太と動物・恐竜系ってなんでこんな泣けるんだろ。
m

mの感想・評価

4.0
実習で見たけど泣きそうになって我慢して嗚咽しかけた絶対また見て泣くなみだなみだ
子供ってこうやって親の知らないとこではじめましてとさよならを繰り返して成長していくんだなぁと
ドラえもんの温かい目が好き
>|

あなたにおすすめの記事

似ている作品