映画 ドラえもん のび太と緑の巨人伝の作品情報・感想・評価・動画配信

映画 ドラえもん のび太と緑の巨人伝2008年製作の映画)

上映日:2008年03月08日

製作国:

上映時間:112分

3.3

『映画 ドラえもん のび太と緑の巨人伝』に投稿された感想・評価

<1>2008/3/10 映画館(上映当時)
<2>視聴通算373作目 2022/271作目 2022/12/2 Amazon prime

何度も言っている、思い出のカギ映画の一つ。

この作品はワタシが人生で初めて観た映画。
父親と一緒に5歳のワタシは映画館へ行き"緑の巨人伝"ポップコーンを買い、食べながら見た、懐かしい思い出が蘇ってきた。

思い出補正なしの評価をすると、内容はシンプルで子供でも大人でも楽しめるものとなっている。
好きなタイプの映画。
泣ける描写もあり、キー坊を好きにならない人はいないだろう。
それに比べてあのお姫様。嫌いすぎる。
自己中心的で、相手のことは一つも考えられない。
2時間あったのだからその辺をもっと掘り下げてほしかったかもしれない。
それを差し引いてもとても面白い映画だった。
はるき

はるきの感想・評価

4.1
5歳でこれに感激して環境に配慮しながら生活し自らが地球のゴミに成った僕です。
これ大好きな映画よ。
toolbox

toolboxの感想・評価

2.5
シリーズ26作目。木の子供キーボーとの触れ合いを通して自然との共存を描く。

今作は全体的に、ほのぼのとした感じで進むが、途中からナウシカの世界に迷い込んだかのように展開し、ラストは超大作のような終り方。肩透かしを食らった感じ。
キー坊の上品なおててがかわいいので今日も見てました。16/40
kaz

kazの感想・評価

4.1
歌が本当に最高。映画に合いすぎてる
それに尽きる、
構成は弱いところはあるものの見ていて不快になる程ではないし、基本感動路線
本当にノスタルジーな感情が湧き上がってくる。
ゆ

ゆの感想・評価

2.5
初めて映画館で観たドラえもんがこれだった 今思うとなかなか不運
Rika

Rikaの感想・評価

2.9

このレビューはネタバレを含みます

今回はカオスだったな。
最初は原作通りだったけど途中からごちゃごちゃなってジブリのシータとかハクとかサンとかその辺のキャラクター混ざってできたみたいな姫。話は最後ももののけの終わり方みたいだったし。ナウシカみたいな飛ぶやつとか、ラピュタの助けるのとかそっくりだし。なんか意味不。
ジャイアンが靴に水汲んできたけど、弱ったキー坊連れて行った方が早くなかった?あんなに弱ってかわいそかったんだけど。
てかお母さんがキー坊は?って言ってその後何も言わないのも違和感。あれだけ大事にしてたんだからもう少し聞くのが普通。
マジで映画館で観なくてよかったやつ。
途中の世界観のビジュアルが良かったけど。残念。あと姫の声優は下手すぎて話にならんかった。
p

pの感想・評価

4.3
色々とよく分からないところもあったけど、やっぱり好きだなぁ。
キー坊可愛いし、最後はやっぱり泣いちゃう。
HIRO

HIROの感想・評価

3.0
ドラえもんの映画ってどれも好きだけど、この映画のあやかの曲が好きだった。それでは聞いてください、手をつなごう
やっとオリジナルきたわぁ!!!
前2作のリメイクと違ってよかった。
ただ、どらえもん映画ってこんなにも、やはりこの道に来たかというくらい政治的に感じるなぁ。
環境破壊を人間がしなくなると誓うとか無理な話なんだけど。
そもそもビニール袋だのスプーンだの、そのうち割り箸もだっけ?
色々突っ込みたいことは多いんだよねw

ただ、そこらへんをゴミ廃棄場所で生き生きしている木を見つけて持って帰るあたり、あ~環境問題ねとハイハイハイハイとなってもおうちでキー坊となったあたりは一瞬忘れさせて感じさせぬはじまりw
そこはよかった。

でもどらえもん映画見て思うのは、壮大にしがちなんだよね。
コナンの映画もそう思ってしまってコナンはちゃんと事件が進むテレビアニメ版推してるのですが、、、。
壮大にされすぎて興ざめしてくるところあったり飽きてくるところある。
そして、のびたくんは新しくなってしっかりしてる気がする。
どらえもんに指示するとこ増えたくない!?
>|

あなたにおすすめの記事

似ている作品