映画 ドラえもん のび太と緑の巨人伝の作品情報・感想・評価

映画 ドラえもん のび太と緑の巨人伝2008年製作の映画)

製作国:

上映時間:112分

ジャンル:

3.2

「映画 ドラえもん のび太と緑の巨人伝」に投稿された感想・評価

これは心底ガッカリしたなぁ…
ドラえもんの声優陣が一新されて、新のび太の恐竜・新魔界大冒険に続く三作目。わさびドラ初の原作不在な完全オリジナル作品。期待したんだがなぁ…

何故に?何故に?こんな似非ジブリ映画を作ってしまったのか?
新海誠の「星を追う子供」並みに酷い。

のび太が唐突にゴミの中の苗木をカワイイと言って持ち帰り、ドラえもんの植物が自由に動き回れる道具で“キー坊”として可愛がる。
キー坊は原作にもあったキャラクターで、これを流用している。

ココまでは良い。
そしたら植物型宇宙人に囚われ、地球を植物の惑星にする計画を阻止することになる。

ラピュタの様に木々を登り、トトロのようなキノコの長老に守られ,もののけ姫の様な森を移動し、ラピュタの様に「すり脱げながらかっさらえ」をやり、巨神兵のような巨人がビームで薙ぎ払い、もののけ姫の様に焼け野原に花が咲き乱れる…
酷い…丸パクリの連続…

ジブリの影響下にある作品は多いんだよ。「ももへの手紙」だってそう。
「ヨヨとネネ」もラピュタの木々を登るシーンをやってる。
でも今作はそういうレベルじゃない。完全にジブリ作品の切り貼りでしかない。

しかも妙にエコロジーに対して説教臭いのも頂けない。少なくとも宮崎・高畑はエコロジーに対して自身の確固たる信念に基づいているから、多少理屈に合って無くても力技で物語がちゃんと成立する様に作ってある。
でもジブリをなぞっただけの、今作のエコロジカルな内容はメチャクチャ気持ち悪い。変な洗脳ビデオを見せられているかのような薄ら寒さすら感じたわ。

でも当時、友達の子供は今作を見てとっても感動したと言ってたんだよなぁ。「ボク泣いちゃったよ」と言ってた。
そうなのかぁ…とても複雑だったよ。
自然破壊や争いをテーマにした内容。

漫画で見たことあるけど昔のキー坊も映画のキー坊も両方可愛かった。

某有名映画の演出に似てるのが微妙かな。もっとドラえもん色が欲しいところ。

とりあえず、平和が一番なのとドラえもんは面白い👍
昔のキーボーも可愛かったけど
こっちのキーボーのほうが可愛い💕

ママのお手伝いしてるとことか可愛すぎて泣ける😭💕
空から何者かが地球を観察していた。わずか数百年で緑が減少した事に「緑の怒りを!」と叫んでいた。

一方のび太は空を見上げ沢山の0点の答案に頭をかかえていたら風で飛び追いかけたらゴミだらけの中にいる小さな木と出会う。

キー坊(吉越拓也)「植物自動化液」で動けるようにしてもらった木。キーとしか言えない。

リーレ(堀北真希)口も悪く一見自己中でワガママな緑の星の姫だが色んな迷いがあり孤独。

長老ジィ(三宅裕司)巨大キノコの形をしている。オナラのような菌の煙を出す。動きも素早く不思議な力を持つ。

パルナ(有田鉄平)兵の中ではリーダー。ナスのような見た目でとぼけているが力は強い。

シラー(大塚周夫)表面上はリーレの部下であるが実質シラーが仕切っており地球人絶滅計画を考えている。

他出演キャラ→ドラミちゃん、出木杉くん、ジョーロの幼い女の子、葉で覆われているロク、ほぼ人間の姿のヤマ、ジャイアン似のモヤ、ドロ虫他。

テレビアニメの「さらばキー坊」や映画「雲の王国」にも出演しているキー坊がメインの映画となる。

3度目の鑑賞。この映画の強く感じた印象は今までのドラえもん映画には無いタイプのグニャグニャした映像に驚かされたのとジブリなんかも浮かぶ内容。

「のび太の恐竜」「不思議風使い」でも思ったが守りたい存在が登場すると、のび太はやたらとしっかりするなぁ。のび太の成長には弟か妹が必要なのでは?と思えてくる。

オープニングのクレイアニメ?のような感じも可愛いし、ほんの一瞬のシーンだけどママとキー坊の洗濯干すシーンはホッコリ。歳を重ねてから見るドラえもん映画はパパやママの優しさに毎回泣けてきてしまう。終わり方もあたたかくて非常に好み。

昔のドラえもんの絵から新しい絵になり綺麗になってからはしずかちゃんにやたら色気を感じる。昔は、性格も自己中な部分もあったのに大人びてるし。

長老ジィの三宅裕司の声優も良かったしキノコのキャラクターがとても好みでした。堀北真希の声優は、熱く頑張ってる感じは伝わるんだけど厳しかったな...。

フランス製のボール、タイムマシーンの車検、2つの月が重なる時間、タイムウォッチ、水道から吹き出る水など細かな部分にも目が行く映画である。

地球滅亡かと一瞬でも思うし、やや分かりにくくも感じたが時間に関して出してくるあたりはドラえもんらしいSF感があり好みである。

今までのドラえもんの中では何だか違和感のある作品ではあるので好みがわかれそうだし初めて見た時はつまらないと思ったが3度目で非常に良かったと思えた。メッセージ性は強く感動的であるので親子で見ても良い作品だと思う。絢香のエンディング「手をつなごう」も合ってました。

「過ちから学べるのが人間の良い所」

「どうして言う事をすぐ聞かないと敵になっちゃうの?」
サトシ

サトシの感想・評価

2.9
キー!キー!

キー坊のこえがなんだか不自然に感じてしまっていた。
c

cの感想・評価

1.0

このレビューはネタバレを含みます

これは酷い
理解力無いから話が壮大すぎてよくわかんなかった
作画もやばい。顔芸ね(笑)

ジャイアンの「おまえすげえ緑だな」って言うとこ笑った

原作を見てみたい


喋る前までのキー坊はちょっとキーキーうるさいけどかわいい
パパは癒し
端

端の感想・評価

2.0
お話だけでなく演出も某有名映画に近いものがあって、わざわざやる必要はあったのかなと。
キー坊のデザインは原作のほうが好き
で、近年のドラえもん映画によくあることなんだけど、あと2秒ためたら大人にも響く作品になるのになって思うことがたくさんあつた。テンポが早すぎて主たるターゲットのお子さんたちがついていけるのだろうかと思うところも。
kazvt

kazvtの感想・評価

4.0
ストーリーは某有名映画そっくりなシーンがいろいろとありましたが、それでも自分には大満足!
最近ドラえもんって深いなーーってよくおもうわけです!
うめ

うめの感想・評価

2.8
中々に重いテーマ。どことなく某ジブリ映画に通じるものを感じる
meow

meowの感想・評価

3.2
終わる30分くらい前までとにかく平和でキー坊がただただ可愛かった。
新しいキー坊可愛いすぎる。のび太のママがあんなに溺愛するのもわかるし、のび太のママパパがちょっとキー坊と関わって新鮮だった。
雲の大国にちょい役で出たおじさんキー坊しか知らないので、キー坊との出会いが見れてよっかった。
にしても、顔芸がひどいなぁ(笑)特にキー坊助けるときののび太(笑)いいんだけどさぁ

後、あのお姫様はあんま好きじゃない。

村の子供たちも可愛かったなぁ。
全体的に緑だし視覚的にも聴覚的にも癒し満載でした。
>|