映画ドラえもん 新・のび太の日本誕生の作品情報・感想・評価

映画ドラえもん 新・のび太の日本誕生2016年製作の映画)

上映日:2016年03月05日

製作国:

上映時間:104分

ジャンル:

3.6

あらすじ

『映画ドラえもん 新・のび太の日本誕生』に投稿された感想・評価

5loth

5lothの感想・評価

3.0
日本誕生には思い入れがありすぎて一歩引いたような視点では見れないのですが、よかったように思います。

ドラえもんが電工丸持ってハムスターに決闘申し込みにいこうとするところ、最高に狂っててちょうおもしろかった。

家出を決意したのび太にドラえもんの言う「自由と独立への第一歩だ」という台詞はギャグだけど誇張ではなくって、そのテーマを子どもに伝わるミニマルなサイズに落とし込むF先生の想像力に感嘆する。分かっているけどいつも思い知る。
息を吐くように悪口を言うスネ夫が見れました
のび太がペガだけ依怙贔屓してて草
おかゆ

おかゆの感想・評価

4.3
映像綺麗だったなぁ〜!
ペガたちの目潤んでる絵とかほんと可愛くて素敵だった〜
のんびりつけっぱなしで見たくなるほのぼの♡
みんなでご飯食べるとことか空想の生き物にわくわくするとことか子どもらしくて好きだったなあ

このレビューはネタバレを含みます

シリーズ36作目。リメイク作品としては6つめ。

旧作も割りと好みの作品だった記憶がある。
導入部分はほぼ同じで、家出をしたいのび太たちが安寧の土地を求めて人類のいない広大な土地で生活しようとタイムマシンで石器時代へ飛ぶことに。

序盤ドラえもんの道具がたくさん出てきて楽しいが、家出すると言ってすべてドラえもんの道具で快適に暮らすってのは甘えん坊過ぎてイラッとくるね。

ペット大臣ののび太はドラゴンペガサスグリフォンというキメラを作り出す。罪深い行為を意図も簡単にやってのけるのび太には毎度辟易する。

ヒカリ族のククルと出会い、得体の知れぬギガゾンビなる敵と対決していく。
ギガゾンビは23世紀から来て、時空間を破壊し、石器時代に王朝を作ることが目的らしい。
こいつがなかなか強くて凶悪なのは良かったが、もっと早くタイムパトロールが何とかしてくれたら良かったのになと。

んー、基本的に私はリメイクの方が好みな傾向があるのだけど、本作に関しては珍しく旧作のほうが好きかも知れない。

ママとのエピソードとかも無理やりねじ込まれてる感じがするし、新解釈が軒並みうまく行ってなかったように思う。ママとのエピソードを強調するなら、例えば途中でククルと母のエピソードを入れるとかして、そこからのび太が何か気付きを得てラストに繋げるとかなら良かったかな。
酢酸

酢酸の感想・評価

3.3
今週末ドラえもんミュージアムに行くためのドラえもん映画

新シリーズは初鑑賞

古代宇宙人とかの都市伝説と親和性があって割と面白く観れた

開拓のワクワク感などはドラえもん道具ならでは
ペットとの感動シーンはどこで泣くのかよく分からないけど

たまに観るにはドラえもん良いね
さくら

さくらの感想・評価

3.4
遭難したのび太を助けるのってタイムパトロールのマンモスじゃなかった?と思って旧作も観返したけどやっぱそうだった。あれ結構大事なシーンだと思うけどな。ていうか陰気な理系がギガゾンビと名乗って原始時代で威張り散らしてるの悲しい話すぎる、23世紀にもツイッターや掲示板があったら【悲報】ギガゾンビ逮捕wwwとか書かれて死ぬほどコケにされちゃうよ。
今まで見たドラえもん映画で一番よかったかも。
7万年前の少年ククルとの交流、かわいい3匹のペット、親子の関係 を軸に、ストーリーが丁寧に展開されていた。
ドラえもんの道具があれば衣食住に困らず快適に家出できるというのび太の発想はすばらしい。夢がある。僕も、ドラえもんの道具を持って、数日家出したい。できれば家族と一緒に。
ノリノリでドラゾンビしてるドラえもんが面白かった。
タイムトラベル先での冒険を描くだけでなく、その先を少し見せてくれたのがまたよかった。
サイチ

サイチの感想・評価

2.7

このレビューはネタバレを含みます

リメイク版は初めて試聴。
というか大山のぶ代さんではないドラえもんは初めての試聴かもしれないです。

以前の作品を観たのも25年前とか?笑
でも案外記憶には残っていました。

のび太が創り出したペットとのお別れのシーンは相変わらず泣けました。

ドラえもんらしさが出てて懐かしい気持ちで視聴出来、嬉しかった。
プーマ

プーマの感想・評価

2.5
リメイク前は大好きな大長編ドラえもん。
各所でのセリフも再現しててよかった。
土偶の声だけ気に入らん。小さい頃見た時は恐ろしさがあった思い出。
>|

あなたにおすすめの記事

似ている作品