映画ドラえもん 新・のび太の日本誕生の作品情報・感想・評価

映画ドラえもん 新・のび太の日本誕生2016年製作の映画)

上映日:2016年03月05日

製作国:

上映時間:104分

3.6

あらすじ

「映画ドラえもん 新・のび太の日本誕生」に投稿された感想・評価

ragii

ragiiの感想・評価

3.6
1989年に公開された「ドラえもん のび太の日本誕生」のリメイク作

リメイク前が映画ドラえもんシリーズでも大好きな作品ってことで不安もあったけど、良ーい塩梅でアップデートしてる!

ストーリー展開や内容はリメイク前とほぼほぼ同じだけど、リメイク前のおどろおどろしくて、子供の時に怖かった部分が薄められて、より大衆的に作り変えられてるかなー。

やっぱり声優が変わってもドラえもんは面白い!
わか

わかの感想・評価

3.5
大まかな流は旧作と一緒。
ただ旧作の暗くて恐ろしい部分が無くなっているので、より大衆向けな作品になっている印象だった。
これぞドラえもん映画ですね

分かりやすくて
楽しくて大冒険

申し訳程度に意外と深いメッセージがあるのもいいですね
maipop

maipopの感想・評価

3.4
ドラえもんて必ず明るい気分になれるから好きだなぁ。そして感動した。
スズキ

スズキの感想・評価

3.6
おもしろいぞ。ただし新ドラになってからタイムパトロールの渋いサングラスおじさんをクビにしたのは解せない。
学校や家で怒られる日常にうんざりしたのび太は家出を決意するが、誰かの所有地ではない土地はどこにもないことを知る。一方ドラえもん、しずか、ジャイアン、スネ夫も思うところがあり家出を決心したものの、行くあてもなく途方に暮れていた。それならばと太古の日本へ行こうと思い立った彼らは……。
SH

SHの感想・評価

4.0
若干2000年代に即したアレンジがあるけど、オリジナル版を改悪してなくてよかった。

ドラコたちとのお別れのシーンは泣ける。
のび太は本当に駄目なキャラだけど良い子だよね。
wtnbmgh

wtnbmghの感想・評価

4.9
ラストののび太のママの表情とセリフに泣かされる。タイムマシンを使ったのだから家出していた時間はほぼないにもかかわらず、ママは家出息子が無事帰ってきたことをわかっている。
お子さんと一緒に視聴する親世代が涙なしでは見れない一本なのではないでしょうか。
KH

KHの感想・評価

3.8

このレビューはネタバレを含みます

wowow史上最強の映画ドラえもん祭り録画消化36作目

第10作『のび太の日本誕生』のリメイク だよっていうストーリー

ようやくリメイクのほうがいいと思える作品に出合えた。
大まかなストーリーはリメイク前とは特に変わりはないのでチート秘密道具の時を止めるストップウォッチとかドラミ無双も健在だ。
前作からこの映画はのび太が大活躍するストーリーだがそこにジャイアンとスネ夫の見せ場(最後に助けに来るところ)も見どころも増えていてよかったと思う。あと地味に土偶の種類が増えていたのにもテンションが上がったが後に青森のPRのため無理やり増やした説がwikiを見て沸いてきて複雑な気持ちになった。
新映画になって前作から作画も安定しており今作もきれいな絵のまま続くので安心して見ていられるのもいいところだ。
大人になってから見ると、ドラえもんがいう便利な道具を貸してはいけない論を今さら言うのあり?とか、ドラゴンとかペガサスとかグリフォンとかもうそれ生命への冒涜とかのレベルじゃないよとか純粋に楽しめなくもなりますが、純粋な心の子供にはとても刺さるストーリーだと思うのでオススメです。
takuma

takumaの感想・評価

4.2
にわかにドラえもん祭(笑)
旧版から変更されている箇所も多々あったけど良い変更で熱かった!
>|