ドラえもん のび太の日本誕生の作品情報・感想・評価

ドラえもん のび太の日本誕生1989年製作の映画)

上映日:1989年03月11日

製作国:

上映時間:100分

3.6

あらすじ

「ドラえもん のび太の日本誕生」に投稿された感想・評価

面白い!面白い‼︎面白い‼️(煉獄さん風)

開始2分半で7万年の時が流れたところで2001年宇宙の旅を思い出したw

ジャイアンの「まーかされよー!」久々聞いた!現代で使ってもスベるから使わないけど使いたい名ワード🤣

テンポ良くて脚本もよい!序盤空き地にキャンプを張るのび太にオイオイとツッコむ間もなく地主さんが登場し現代の日本に所有者のいない土地なんてないんだという現実を子供に突きつけるあたり学べるアニメとしても評価出来る。地球の歴史などもサラッと知識に入るし…。

名作ですね☺️
ペガ、ドラコ、グリが生まれるところはいつも可愛い☺️✨
畑のレストラン私も食べてみたい🤤
方眼

方眼の感想・評価

3.9
大長編ドラえもん。古代日本とファンタジー。いつまでたってものび太はのび太。藤子先生の原作は、すべからくSF者の一本芯が通っている。
みね

みねの感想・評価

3.5
かぶがめっちゃ美味しそう
パカっと開けると美味しそうな料理入っててほんと美味しそう。
かぶのままかじってるのすら美味しそう。
最後が他の映画よりアッサリしてますね。
え?!?!終わり?!
ボタン押しただけですぞ?!
ってなりましたが、良かったです。
ぺーちゃん風に言うと良くも悪くもアッサリ👏
きりん

きりんの感想・評価

3.5
映画ドラえもん第10作『のび太の日本誕生』
映画化10周年記念作品でもある🦄🐉🦅
叱られてばかりののび太が家出を決意した。それぞれの理由で家出を共にしたドラえもん一行が向かったのは7万年前の日本!そこはギガゾンビが支配しようとする世界だった。

日本が誕生した歴史を知ることができる子供教育の一面もある本作。
あっそうだそうだ、この情報をお伝えしておかないと。
今回は出木杉の登場はなし、しずかちゃんの入浴シーンもなし。でものび太のちωこはあります←誰得情報~🤣

家出をする時のジャイアンのセリフ
「おれ、かぁちゃんの奴隷じゃないっつーの」
7万年前の世界に住むククルたちがギガゾンビの奴隷として働かされる展開への布石となってるのがにくい。

のび太の作ったペガサス、ドラゴン、グリフィンの3匹が可愛くて癒し✨後にドラえもんたちの助けになる展開も◎🦄💗

ひとつ気になったのがマイナス50度の世界で死にそうになってるのび太に近寄るタイムパトロールが操縦するマンモス。死にそうになってるんだから助けてやれよー🤣🤣
のび太の0点のテストがみんなの命を救う事になることも面白い😂

こうやってシリーズを観ていると今の地球があるのはドラえもんのおかげなんだなぁとつくづく思う😌
まだ生まれてないときの映画だ…
生まれるずっと前から今でもドラえもんは続いてるんだなぁ…

これのイメージなのかわからないが、土偶ってなんか怖い(笑)

カツ丼とか種うえたら生えてくるの羨ましい…
この作品をみると、「歴史は誰かによって作られているのかな」と感じる。
ドラ旧劇場版シリーズのopに入るまでの演出がどの作品も気持ち良すぎ

このレビューはネタバレを含みます

子供が全員それぞれ家出を決意するというところから始まる、面白い話題の構成だった。みんなそれぞれワガママではあるものの、親が嫌になって家を飛び出してくるが、のび太の家に居候してる身のドラえもんまで、のび太ママがハムスターを飼い始めたというだけでキレて家出したのには不可解すぎて笑った(笑)しかもドラえもんはのび太のママとパパには次世代道具で助けたりしてないし、私の記憶ではその存在すら教えておらず、本当に居候してるだけのくせに、と思った(笑)
土偶強し
マンモスのドリンク、子供の頃美味そうに見えましたw
>|

似ている作品