妖精ファイターの作品情報・感想・評価

「妖精ファイター」に投稿された感想・評価

log

logの感想・評価

2.9

このレビューはネタバレを含みます

ジャケット通りの出来かと思いきやそれよりは少しいい感じだったんだけど、それを潰すくらいには
幼稚なだけの男(主人公)に都合のいい優しい世界過ぎてちょっと。子供に見せたくないやつ。
(まだ細いロック様も好き)
デレクがだんだんいい人になっていくのが見ていて嬉しかった。

そして自分もあの粉がほしい!!!!
「あなたは第一級ファンタジー殺害罪です!
これから2週間トゥースフェアリーとして奉仕していただきます。。」

ドウェイン・ジョンソンが、開始11分でピンクのタイツにレースのスカート・ふわふわの羽が生えた妖精に(ノ∀`笑))

トゥースフェアリーとあだ名が付いているアイスホッケーの選手のもとに、ある日フェアリーランドから召喚状が届き、ほんまのトゥースフェアリーにされてしまうコメディ。。

(トゥースフェアリー・歯の妖精とは、西洋で信じられている迷信で、抜けた乳歯を枕の下に入れておくとコインと交換してくれる妖精のこと♪)

ドウェイン・ジョンソンの姿に終始笑いが止まりませんでした(笑)こんなにおバカな設定で笑ったのは「空飛ぶペンギン」以来かもしれん(ノ∀`笑))

主人公が夢を持ちなさ過ぎて、腹が立ったり胸が苦しくなるところもありますが、終わってみればむっちゃ面白いお話でした♡よくあるコメディで、先はなんとなく読めてしまうんですけどね(笑)アイスホッケーの観戦に行きたくなりました♪

主人公のお世話役・羽を夢みる眼鏡をかけたヒョロヒョロの妖精、トレイシーがめちゃくちゃいい奴♡

恋人の息子・ランディとのふれあいも、心温まった(*´艸`*)ギターかっこいい♡

一振りで数秒前のことを忘れてしまうパウダー、身体が小さくなる縮小ペースト、姿が見えなくなるスプレー、、いろんなアイテムが出てくるのも楽しい(*´艸`*)あれ欲しい(ノ´∀`)ノ

エンドロールまで面白いヾ(*´∀`*)ノキャッキャ♪

最近怖い映画を見過ぎてか、ラプトルに襲われ血まみれになる夢を観たので、今日はほっこり気分になれるように本作をチョイス(笑)思った以上に楽しかったし、トゥースフェアリー信じてる娘のためにもDVD買おうかなぁ(/∀\*) 笑
ひどい出来の映画なのになぜかなんども見てしまいそうなくらいロック様がくせになる
ちょっと対象年齢低めな感はあるが、基本をおさえた良いコメディー。

中でも個人的にはザ・ロックの魅力が大きなポイント。WWFのロック様しか知らなかったけど、演技もかなりイケるんですね。まあプロレスも体を張った舞台演劇と言えるかもしれない。かっこいいだけじゃなく、くだけた感じのザ・ロックをもっと観たくなった。
ファンタジーとしてもコメディとしてもB級感溢れてる。

途中、主人公のクズっぷりに観るのやめようかと思ったけど、ランディが超イケメンだから頑張って観てたら、最後30分くらいの展開はベタだけど良かった。

それにしても邦題酷い(^◇^;)
rena0614

rena0614の感想・評価

3.7
このいかついルックスで妖精ってやばすぎ、、しかも歯の妖精って、、
この人ハムナプトラに出てなかった?笑
nisui

nisuiの感想・評価

-

このレビューはネタバレを含みます

反則で会場を沸かせることくらいしかできなくなってしまったベテランホッケー選手が妖精不信罪でとっ捕まって「歯の妖精」として服役させられる話。
「歯の妖精」の言い伝えなんて初めて知った。ロック様のチュチュ姿という盛大なる出オチかと思いきや、努力・友情・勝利な展開にしっかり感動させられちゃったよ!多少なりとも才能のあるロック様や少年と違って、そもそも「羽」という資質のない事務職妖精が現場を目指す姿に一番胸を打たれた。
ロック様の自分が失敗して当たり散らすような態度にはムカッと来たし、あそこで成功体験をしなかったら…と、思わなくもないけど、終わり良ければすべて良し!ってことで。
少年「みんなに笑われるかも」ロック様「かもな。でも逆に喝采を浴びるかも」この切り返しは使えるぞ!
しま

しまの感想・評価

-
とりあえずドウェイン・ジョンソンのピンクの妖精姿見られるぜって言ったら何人かは絶対見るだろう。。
ピンクのタイツにふわふわのスカートにパフスリーブの可愛い袖に妖精の羽だぞ?そりゃ見るだろ!
一体どんな弱みを握られて出演させられてたんだ。完璧な罰ゲーム

子供向けの自分を信じてチャレンジだー!という単純明快なストーリーで
この監督はどれだけ俳優の弱みを握ってるのか知らんけど
ジュリー・アンドリュースやらアシュレイ・ジャッドやらビリー・クリスタルやら錚々たる面々を揃えてる。
監督怖い。。。
Lily

Lilyの感想・評価

2.4
アメリカやヨーロッパでは、乳歯が抜けた時、枕の下に抜けた乳歯を置いておくと、歯の妖精が集めに来て、代わりにお金を置いてくれるという迷信があります。本映画はその迷信を元にしたもの。

selfishで子供嫌いなドウェインが、歯の妖精の職務を経験することで、子供に夢を与える素敵なパパに成長していくというストーリー。ドウェインのあまりのjerkっぷりに引いてしまうシーンもありますが、性的な描写もないし、ファミリーで見れるほのぼのした映画です。彼のスマイルがまぶしい。
>|