ナイト・ビフォア 俺たちのメリーハングオーバーの作品情報・感想・評価・動画配信

ナイト・ビフォア 俺たちのメリーハングオーバー2015年製作の映画)

The Night Before

上映日:2016年02月27日

製作国:

上映時間:101分

ジャンル:

3.4

「ナイト・ビフォア 俺たちのメリーハングオーバー」に投稿された感想・評価

Mr15

Mr15の感想・評価

4.6
ハングオーバーより少し先の話。
いつものメンツに観てほしい。
いつかみんなでクリスマス過ごせたら良いなぁ。
-It’s harder to stay friends with people when you’re older.
-You have so much of your own shit going on.
ナミ

ナミの感想・評価

3.3
マイリー!!!
ステージのシーン、微笑みながら観てたけど
まさかの😂💔
のあ

のあの感想・評価

3.2
メンツと監督からとことんモラルのない笑いを提供してもらえると思ったら、底抜けしないというか沸点に到達する前に水をかけられるみたいな。
惜しいなぁと、、
「50/50」で共演してたジョセフとセス・ローゲンが共演してる。アンソニー・マッキーも。
面白いかなぁ。「ハングオーバー!」はちょっと自分には合わなかったんだが。。。

「おバカコメディ」
頭の中空っぽ状態で。
しかも、これは数年後に記憶からストーリーが消えてしまいそうなのであらすじ書いとかないと。

両親を事故で亡くしたイーサン(ジョセフ・ゴードン:レヴィット)は親友のアイザック(セス)とクリス(アンソニー・マッキー)は毎年のクリスマスを一緒に過ごそうとする。一年目のクリスマス、酒を飲んでいたお店にクリスマスパーティーを心底楽しんでいる来店客に衝撃を受ける。どこのパーティーかを聞くことができず毎年の様にそのパーティーの会場を探す。
時は流れ10年以上が経ち、アイザックは弁護士となり結婚、妻ベッツィー(ジリアン・ベル)のお腹には赤ちゃん。クリスは有名なアメフト選手へと生活が変わるなか、イーサンだけは未だに定職に就かず、クリスマスもバイトの生活。そんな時、クロークで探し求めていたパーティーのチケット3枚を来客のコートの中に発見し、3人で過ごす最後のクリスマスを過ごすことになるが…

しかし、突然の天使?のヤクの売人だったりと天使がそれぞれ3人に会う事で彼らの関係性も変わる。

まだ父親になる自信のないアイザック、実はチーム内で疎外感を感じ、自らもドーピングしながらチーム内のドーピング蔓延に悩むクリス、別れた彼女ダイアン(リジー・キャプラン!を忘れることが出来ずに悔やむ日々、

ラリったセス・ローゲンが笑わせてくれる。
ユダヤ教信者のアイザックがキリスト教の教会ミサでゲロしたり、人形と会話したりとハチャメチャ。
「ビッグ」を思い出させる足踏みピアノとか、セリフで出てくる色んな映画の例えも面白かった。

ま、最後はみんなでこれからもクリスマス祝おうね。みたいなチャンチャンで終わるので。

なんという雑なレビュー…笑
buchi6969

buchi6969の感想・評価

2.0
クリスマスの勢いで観るべき“季節限定”作品ですかね?
真夏に観るものではないですね。
ジョセフ・ゴードン=レヴィット、セス・ローゲン、アンソニー・マッキーと、大物をキャスティングしてはいるものの、クリスマスもの程度の仕上がりですね。
manato

manatoの感想・評価

-
明るい気持ちになれます。
友達とバカなことしてる時が1番楽しいよね
たにし

たにしの感想・評価

3.0

このレビューはネタバレを含みます

両親を失ってしまった主人公が毎年親友達と過ごすクリスマス。しかし大人になるにつれ家庭環境も変わり、今回で最後と決めたクリスマスパーティ。その一夜の物語。

タイトルでコメディ色強いのかなと思ったけど、コメディちょっと添えたヒューマンドラマって感じでした。
親友の絆。家族愛。その他色々詰まってて結構感動させられました。
鍵になるのが大麻なのは笑うけど笑

Mr.グリーンは結局何者?サンタクロースでいいのかな?
めちゃくちゃ笑えて、ホッコリする。
セス・ローゲンの安定感よ。

まさかマリファナに感動させられるとは…
Sankawa7

Sankawa7の感想・評価

3.8
Netflixレコメン

ハングオーバー見ると必ずレコメンされるやつ。

ポスターからも似たような映画を想像したけどかなり違った‼️

腐れ縁の3人の親友達、毎年クリスマスもいっしよに過ごしてきたがそれぞれ家族事情も変わってきて最期と決めたとしのクリスマス・イブの一夜の物語中心。

ドラッグパーティムービーかと思いきや途中から「素晴らしき哉人生」ぽいなぁとも思ったがガッツリロマコメもファミリードラマも入っていた。

ごった煮の割りに纏まりが良い。
ジョセフゴードンレヴィット、セス・ローゲン、アンソニー・マッキー、超個性派3名のなせる技。

しかし、アンソニーカッケーな‼️

ジョゼフの相手役のダイアナ可愛いなぁと思ったら、マリアンヌのリジー・キャプランだ‼️

マイケル・シャノン想像ついたけどやっぱり‼️

確かにお下劣描写がどうかな⁉️というのはあるがとても爽快な気分になった。
じま

じまの感想・評価

3.0
ハングオーバー!と比較するのが間違ってるのは分かる…分かるけどタイトルに入ってるし…

コメディ要素を削ってハートフルさに振った感じの作品。

ハングオーバーがタイトルになければ面白かったのかもなあ…
コメディを求めてすぎてはいけない作品。
>|

あなたにおすすめの記事

似ている作品