スリーデイズの作品情報・感想・評価

「スリーデイズ」に投稿された感想・評価

れな

れなの感想・評価

3.6



無罪の妻が殺人容疑で
突然の逮捕


教師のジョンは
妻のララを逃亡させるべく
奮闘する



後味はまぁ悪くはない!
めちゃくちゃ良かった。
妻の冤罪は裁判を重ねても晴れず脱獄を試みる夫。
ハラハラドキドキ劇がたまらん。
ラッセル・クロウの妻に対する深い愛情。
それ故に真面目に聞いてきた善の道をも踏み外してしまう。でも、火事のところで敵を助けようとするところとか踏み外しきれない感じもよかった。
とりあえず、みんなみて欲しい、良い映画やった。
ゆかし

ゆかしの感想・評価

3.1

このレビューはネタバレを含みます

妻の殺人の冤罪をどうやっても晴らせなかった夫が、収監されてしまった妻を刑務所から脱獄させようとする。んだけど、夫が無茶をしすぎて観ていて心臓が痛い……危なっかしくていつバレるかハラハラした。

無罪の妻を救うために夫が罪を犯していく形がしんどすぎる。
これはいい。助ける過程で人が死ななかったらもっとよかったなぁ

このレビューはネタバレを含みます

○ストーリーの根幹となる家族愛が画面を通じてほとんど感じられない。脱獄してまでという気持ちにならない。

○綿密に立てた計画も行き当たりばったり感が否めない。
冤罪である妻の脱獄を計画する夫の映画。

なんか、色々足りないです笑

夫がそこまでして妻を脱獄させたい理由(二人の間の愛情)がものすごく薄っぺらって事と、
妻が本当に冤罪なのか最後まで100パーセント信じることができなかった(笑)

そもそも子供いるのに全警察を敵に回すような事しますかね?
バカなのかな?😂

…まぁ、こういうツッコミどころがあるのも映画の醍醐味。

全体的にシリアスな雰囲気が流れてるけど、基本的にこの映画はバカです(笑)

そこんとこ理解して見ましょう!

いざ脱獄するシーンは中々緊張感あって良かったと思います
ラストも、その手があったか!と納得。

ただあまりにも説明できてない所が多すぎる映画。
別につまんなくはないです

______________________________
[この映画のBest俳優]
ラッセル・苦労(笑)
[脚本面]☆☆
[映像面]☆☆☆
[ストーリー性]☆☆☆
[オススメ度]☆☆
memento

mementoの感想・評価

3.2
ボタンがーーーっ!惜しいっ!

冤罪、こわい。
例えうまく逃げられたとしても、自分はダメだ。白黒つけたい。
…つけられなかったから逃げたんだけども。

ラッセルクロウ、やはり丸々しとる。
Chiarums

Chiarumsの感想・評価

3.0
全編とおして、いたたまれな過ぎ!!
どうしてもこんな形になんなきゃダメだったの!?とモヤモヤしました...
ラッセル・クロウの苦悩の表情は大好きですが...。
それにしてもスッキリしないラストだな^^;
ラストというか全部w

余談ですが、奥さん役のエリザベス・バンクスって他の映画でちょいおバカ系女の下品な役でしか観たことなくて、個人的に今作での役柄にめちゃくち違和感ありました。
良くも悪くも役のイメージって染み付くもんだなぁと実感^^;
これをハッピーエンドととるかは難しいところ。全体として、ハラハラドキドキは最後まで継続していたので非常に楽しめたが、この一家がこれから先本当の幸せを手に入れられるのかという思いのモヤモヤもある。賛否の分かれる作品なのだろう。個人的には壁に貼られた計画や、秒単位で検問をかいくぐるところなど非常に面白い映画であると感じた。
ポール・ハギスは「crash」や「告発のとき」と同様に、人間の暗い部分を絶妙に表現することに長けている。この空気感も個人的には嫌いではない。

リーアム・ニーソンが本当にチョイ役なのには驚いた。
yun

yunの感想・評価

3.0
大学で教鞭をとるジョン・ブレナンの妻ララが、ある日突然殺人罪で逮捕され刑期3年を言い渡された。

以降、ブレナンは妻の無実を証明するために奔走するが、彼らの上告が棄却されると、妻の脱獄を計画する。

▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲

そもそも冤罪から始まって話が展開されるから、悲しみしかないので、個人的には苦手な作品。

最後の最後で、刑事が妻の無実に近づくんだけども、焦れったくも進展しないまま終わってしまう。
それもまたモヤモヤ。
すっきりしない。
>|