プリズン・サバイブの作品情報・感想・評価・動画配信

「プリズン・サバイブ」に投稿された感想・評価

DarcyAnam

DarcyAnamの感想・評価

5.0
クソみたいなジャケ写からは想像もつかない程の良作だった。
刑期が短い主人公があそこまで積極的に喧嘩騒ぎを起こすのは有り得ないだろうけど、身を守る為って理由には納得できる。
ウェイドは本当に頑張ったと思う。
スミスは格好良かった。
ハッピーエンドがありがたい。
これは面白い。ドラマ「プリズンブレイク」のパチもんみたいなジャケ写に騙されちゃいけない。ちゃんと面白いよ。

スティーヴン・ドーフ、ヴァル・キルマー出てるし。

無罪を主張もむなしく殺人罪で服役することになった主人公。
刑務所は屈強で凶悪な男たちがうようよいる。殴り合いは日常茶飯事、殺しもあったりする。
そんな中に放り込まれちゃう子犬のようだわ…。
いかに刑務所で生き抜くか、渡り生きていくか。品行方正に勤め上げて釈放をもくろもうとするも、あれこれ巻き込まれたり悲惨極まりない主人公。

だけど同室の囚人との交流で少しずつ状況が変わっていく。

子犬のようだった主人公も、だんだん見違えるように根性が座ってくる。

終盤にはまさかの展開もありなかなか面白いドラマに仕上がってた!
もちろんこれはフィクションだけど、実際アメリカの刑務所には似たようなギャングの抗争とかあるんでしょうね。怖〜
たま

たまの感想・評価

3.6
環境によって人は変わってしまう。または変わらざるを得ない。

頭を丸めたスティーブンドーフがジェイソンステーサムにそっくり。
子供もいて結婚間近の夫婦の家に訪れた強盗を誤って殺してしまって豚箱行き。挙句の果てに囚人に罪を被されてしまい、刑務所の重警備棟に入れられてしまう話。
囚人からのメンチ、看守からの虐め等、中年のパパが頑張るシーンだらけで切ないながらも応援📣🔥
一緒の独房になった囚人が17人も殺したという終身刑の男でパパも怯える。いやそれは怖いわ。
そんなことを一切口に出さないパパに嫁は金がなく、仕事も大変で周りから嫌な目で見られる。こっちの社会も大変なのよ!と言われて色々ゴタついて刑期先延ばし。パパがんばって…😭😭
家族や仲間をテーマにしたとても良い作品でした。
「俺と同じ経験をさせてやりたかった。想像を絶することを与えたんだ。奴らの身内全員を殺し、一族を根絶やしにした。イカれた因子を一掃し浄化した。」の殺人動機が好きです。
犬

犬の感想・評価

3.6
運動場

家族と平凡で幸せな日々を送っていたウェイド
しかしある晩、自宅に押し入った強盗を誤って殺害してしまい、過剰防衛の罪で刑務所に入れられてしまう
そんなウェイドを待ち受けていたのは、凶悪犯たちによる制裁や看守たちの嫌がらせだった……



塀の中で行われていること
外にいる人には分からない辛さ
刑務所の中のルール

恐ろしすぎます!

リアル
緊迫感が伝わってくる

人種抗争

看守たちの物語もあり

刺青とか見るからに怖すぎですよね
てるる

てるるの感想・評価

4.0
こ、これは隠れた良作!!
刑務所映画ってハズレが少ないけど、これも見応えあり。

真面目に生きてきた男が、押し入り強盗を誤って殺してしまったことで凶悪犯用の刑務所へ送られてしまう。
そこでは囚人同士の争いと、看守達の容赦ない暴力が待ち受けていた。

主演はスティーブン・ドーフだけど、彼と同じ監房に入るヴァル・キルマーが渋い!

久しぶりにカッコ良いヴァル・キルマー観れた!
最近太ったなーと思ってたけど、今回はそれが功を奏して、貫禄たっぷりのベテラン囚人役がハマりすぎ。
凶悪と思われた彼の腕に刻まれたタトゥーの意味が切なすぎて泣ける。

そんな彼を友人と呼ぶ元刑務官にサム・シェパード。
これまた渋くて彼がまた泣かせてくれるんだこれが!
スティーブン・ドーフもこの映画の為に鍛えたらしく、普通の男がだんだんと刑務所に染まっていく姿を演じきってる。

エキストラも元囚人やギャングを起用してるし、実際の刑務所へリサーチを重ねたとのことでリアルさが凄まじい。

刑務所でも、悪党なりの美学を持った奴とセコい悪党がいて、どちらを選ぶかは自分次第。
でもどっちを選んだとしても命懸け。

生き残る為に周りに合わせなければ、タフにならなければ生きていけないのに、その分家族が離れてしまうのも「ブラッドスローン」みたいで切ない。

看守も理不尽な権力や暴力を振りかざすけど、それぞれ家に帰れば普通のお父さんだったりするのも印象的だった。

後半ちょっと駆け足気味だったけど、ラストはめっちゃハラハラ!!
もう心の中で「早く早く!」てなって前のめりで観てた。

このダサすぎる邦題とジャケのせいで観てる人少ないけど、オススメです。
Naho

Nahoの感想・評価

3.1
刑務所ものの王道、って感じで夢中になって一気に観られた。すっきり。
jonajona

jonajonaの感想・評価

4.1
強く望め、何者にでもなれる。

家族を守るため強盗を殴ったら殺人罪。
この出だしの緊張感だけでも十分リアリティがあって引き込まれた。夜、家の中に強盗がいたら、そりゃ子供や妻のために武器を手に取るのが人情だろう…

かわいそうな主人公は、さらに悲劇に。
監獄はなにやら普通ではない。
人種間の対立が激しいが、真っ白な大部屋にグループがばら撒かれている。
さらに看守が囚人を人として扱わず地獄のような腐敗具合…どこの犯罪組織にも属さない主人公は、窮地の中、同房となった政治犯の老人に監獄でのサバイブを教わっていく。

後半も面白いが、前半の
ストーリーへ引き込み方が素晴らしい。
プリズン映画好きなら、ぜひ!

(プリズン映画なら、ジャックオディアール監督の『預言者』も最高です。)
無

無の感想・評価

3.5
家に侵入した強盗を追い殴りつけ殺してしまい正当防衛に取ってもらえず理不尽に3年の懲役を言い渡されたウェイド・ポーターが、監獄内等で様々な事件に巻きこまれ更に刑期が追加になり、その間に実社会で疲れきった妻にも見放され人生が詰んでしまったかのように見える男とそれを取り巻く他の収監者や看守の閉ざされた社会の話。

全編あえて手ブレ感のある接写の構図で撮影されておりドキュメンタリーのようなリアルな映像になってるが、あまりにもずっと揺れてると眩暈がしてしまう。

同房に入ってる家族を殺されその復讐に加害者の親類縁者十数人を殺害し終身刑になった、静かだがいかにもヤバイ奴感のあるおっさんが刑務所の掟を色々と教えてくれるんだけどヴァル・キルマーに似てるなと思ってたら本人だった。
周りの囚人は耳なし芳一になりかけみたいな汚い刺青を入れた男だらけ。

最初は普通だったスティーヴン・ドーフが一気に老けた雰囲気になるのがすごい。
徐々に鍛えられ逞しくなっていく身体もお見事!
ハロルド・ペリノーの病んだクズの看守役も良いし、サム・シェパードは居るだけで味がある。

ジャケ写がチープで損してる非常にもったいない作品。