ハリソン・フォード 逃亡者の作品情報・感想・評価

「ハリソン・フォード 逃亡者」に投稿された感想・評価

トパ

トパの感想・評価

-
無実を主張するも妻殺しの有罪判決を受けた医師キンブルは、護送中に起きた事故の最中に逃亡する。連邦保安官ジェラードの執拗で容赦ない追跡を何とか逃れながら、彼は自らの手で真犯人を突きとめようとする。追いつ追われつの逃亡劇の決着は。
何度目かの鑑賞。物語の面白さを支える要素は幾つかあるが、ひとつ挙げるなら追跡するジェラード連邦保安官だと思う。彼の有能と執念を端的に示す描写があってこそ、追われる逃亡者キンブルの緊迫が高まり、ギリギリの攻防を盛り上げる。演じたのはトミー・リー・ジョーンズ、まったく見事な存在感。
かりん

かりんの感想・評価

3.9
かっこいいトミーが観たくなって久しぶりに観た。この演技でアカデミー賞取ってたのか、今更知りました。
なんと言っても、トミー演じるジェラードがほんとツボ。ウィットに富んだ台詞がことごとくバドミントンのスマッシュのように飛んでくるのだ。
こんな上司欲しい。
妻殺しで刑務所に入れられた医者がひょんなことから逃亡者となり、自らの無実を証明するために奔走する話なのだが、主人公である医師キンブル(ハリソンフォード)を追い詰める保安官ジェラード(トミー)の魅力があってこそのこの映画なのである。
ノアちゃんが良くやったと言われた時のあの笑顔が全てを語ってるよね。いつまでもボス犬について行きます。
yuki

yukiの感想・評価

5.0
手に汗握る的な。次は?え、このあとどうなるの〜😧😧😧的なハラハラドキドキの犯人はお前だったのかーー😱😱😱
てなるやつ💖💖💖
いと

いとの感想・評価

4.8
無実の罪で死刑判決を受けたキンブルは護送中の事故をきっかけに逃亡を始めるが連邦保安官補のジェラードが執拗な追跡を始め…。
逃走をしつつ真犯人を探す定番パターンの始祖となったドラマの映画化作品を久々に再鑑賞。緊張感溢れる逃亡劇と理路整然とした追跡劇も全てが高い完成度。

あまりの人気の高さにスピンオフ作品まで作られたジェラードはジョーンズおじさんの魅力全開で『メン・イン・ブラック』での渋くてプロフェッショナルなおじさん感はここから来てるよね、と納得してしまう。早い段階で『追跡者』も再鑑賞したい。
トミー・リー・ジョーンズが助演男優賞を取った作品と知り見てみました。
勝手に重厚な作品だと思い込んでましたが、直球で娯楽のサスペンスアクションで、普通に面白かったです。

凝ったサスペンスが氾濫する現在に慣れた目で見ると、お話自体はどこかで見たようなそれで、新鮮さはあんまり。
じゃあ何が面白かったんだというと、魅力的な主要2キャラクターですね。
ハリソン・フォードは本作でもさすがのタフネスで、ピンチを際どくすり抜けていく姿は、やはり絵になります。
対するジョーンズはどんどん主人公を追い詰めるプロっぽさが抜群で、主人公だけでなく真相にも迫っていく彼の活躍は、ある意味主人公以上に爽快でした。
受賞演技かくあるべし、ですね。

まあ、適度にハラハラさせつつきれいに収束するストーリーを、人物の魅力で牽引する、佳作の娯楽って感じですかね。
安心して楽しめる作品だと思います。
無実の罪で逮捕され死刑宣告。偶然も重なり、逃げることが出来て自ら犯人を追うハリソン。
それを執拗に追い詰める捜査官トミー・リー・ジョーンズ。

両者のせめぎ合いがとにかく凄い。
最後までスリルある展開に唸りました。
ただ黒幕は何故わざわざ義手の男を殺し屋として雇ったの?笑
今回のケースみたいに、目撃されて下手に捜索されたら一発アウトじゃん!
yoshis

yoshisの感想・評価

2.8
昔観たけど記録ないから再度観た。古さを感じた。ダムから飛び降りるところなんて、どう見ても人形落としてる。
戯連堂

戯連堂の感想・評価

5.0
ハリウッド版レ・ミゼラブル、テレビ翻案映画という何ともオリジナリティの欠片もない作品。されどハリソンの無個性とオーバーアクトのトミーリーのマジックで思いのほかデリシャス!jムーアがなぜか役立たず。恐らく活躍すれば、ラストが薄っぺらくなっちまうので、撮ってる内に止めちまった感アリ!
リリー

リリーの感想・評価

2.8
面白かった。ハリソンフォードがかっこよ過ぎて内容入ってこない。
『ハリソンフォード 逃亡者』鑑賞!😂
小4以来!結構曖昧な感じで見たからその時は曖昧だったけど今日観たらメッチャ面白かった!ハリソンフォードとトミーリージョーンズが共演してるサスペンス。
妻殺しの容疑で逮捕されたキンブルは無実を証明するためトミーから逃亡しながら真犯人の行方を探して行く。色々な病院を周り犯人を絞り込んで行くさまが本当に素晴らしい。この2時間があっという間に過ぎてしまう作品でした👍
>|