イタリア的、恋愛マニュアルの作品情報・感想・評価

「イタリア的、恋愛マニュアル」に投稿された感想・評価

SNL

SNLの感想・評価

2.0

このレビューはネタバレを含みます

2008年に書いたブログのコピーです。

イタリア的、恋愛マニュアル ちょっと時間の無駄???


イタリアの4つの男女関係が、オムニバス形式でリレーして描かれる。

1つめ、23歳の若者が、一目ぼれした女の子に猛烈アタックする話。
イタリア人って、こんななの??
ストーカーでないの?これって。
一人恐怖を感じていたら、女の子、振り向いちゃうし。
これほどの猛烈アタック、されたことないのでわからないが、
これだけしつこくやられると、好きになってしまうものなのか!!??

「あなたのこと嫌い」電話番号うそ教えても、電話に出ないで居留守しても、他の男性とキスしても、
、、、猛烈アタックする男。こわかったっす。

2つめ、倦怠期の子供のいない夫婦
微妙な問題、どうしたら、解決するのかもわからない。

3つめ、子供のいる夫婦、夫が浮気
なんとなく、気持ちはわかった。しかし、婦人警官が、夫の浮気で傍若無人になるのは、怖い。イタリアならありそうだ。

4つめ、自由奔放な妻(姿出さず)に捨てられたまじめな医者の苦悩。
これが一番よかったかなぁ~。。

でも、別に、見なくてもよかったなぁ、っていう映画だった。

1話目の女の子が、学生時代のバイト仲間にそっくりで、あの子かわいかったなぁ~、と思い出した。今も年賀状の写真見てもいまだ可愛いし。そういえば、彼女は、即効結婚したが、熱烈にアタックされたと言っていた。美人はさすがだ。
2007/08/07

 こちらのレビューをさらりと見たときに、「え?笑える映画なんだ」と思って行ってきたのですが・・・なるほど、笑えますね。

 字幕なしではわからないので100%台詞を理解出来てるとは思いませんが、イタリア人の気質なのか、映画の演出なのか、喧嘩していてもウィットに飛んでいる会話に笑ってそして感心。浮気したダンナに向かって「あなたなんて○○よ!」(映画館で是非楽しんでください)って、おいおい、○○か~!凄いな~、というかその感覚が洒落てて面白い!

 映画の構成も面白い。オムニバスなんだけど、ちゃんと全部がつながってる。そして恋愛が回っていく・・・。たかが恋愛、されど恋愛。楽しい事ばかりじゃなけど、恋愛ナシの人生なんて面白くも何ともないだろうな、と考えつつ、でもクスクスと笑いながら気軽に楽しめた作品でした。ナレーション役の女性、綺麗な人だったな。
あさ

あさの感想・評価

4.5
よかったです
結構、かなり好き。
また見たいなーと思うし、すきな人に見てほしい。
DVDほしい。
つながってるってゆうより、続いてる。
地中海の6月。
って、設定もいい。
はじめはトンマーゾのストーカーっぷりがだいぶ怖いでしょ!って思ったけど、あのカワイイ笑顔見せられちゃ、許しちゃうでしょ。
ジュリアもかわいいし。
歯並びが悪いのも、完璧ななかに美なんてないって再確認させられて素敵だった。
おばあちゃん面白かった。
マンネリ夫婦の女の人もかわいかったし、婦警さんもかわいかった。最後の話もめちゃ素敵。
風景も。
イタリアと日本は食が似てるんやっけ。
フランス映画よりテンポがよくって、
みんな一生懸命でかわいくて、応援したくなる。
登場人物がみんな魅力的で、好きになります。
いきたーーい!
2もあるみたいで楽しみです★
Kitty

Kittyの感想・評価

5.0
ヨーロッパ映画なのに物凄いテンポがよくてサクッと楽しめる。4組の恋人や夫婦の恋愛模様。

イタリアってやはりこんな情熱的で波乱万丈なのかしら?って思ったけど、若い恋人達は可愛くて楽しかったなぁ。

ヨーロッパ映画の、登場人物が劇中でこっそり視聴者に語りかけてくるあれが好き。笑 他ではまず見ない、なんて斬新なんだろう。笑
ふ

ふの感想・評価

3.8
日本の恋愛とは違う。情熱的で、見ていてすごく新鮮だった。男も女も堂々としていて素敵。
DVD📀所有、再鑑賞。ジョヴァンニ・ヴェロネージ監督作品。オムニバスの4編ラブロマンス。
manuale d'amore 4編のドラマが繋がってます。
1話 I'innamoramento めぐり逢って、一目惚れ。
2話 la crisi すれ違い、倦怠期。
3話 il tradimento よそ見して、浮気。
4話 i' abbandono 棄てられて、離別そして新しい出会い。
イタリア人は男は85%、女は60%が浮気をするらしい。元気を貰える映画ですよ。
オムニバスは1本目で評価しない、その鉄則を知る。後半へ行くほど味わい深い小粋な話となり、冒頭の軽さからは想像の付かない懐の深い後味が感じられた。これが本当に「イタリア的」なのだとしたら、確かに日本の恋愛事情よりよほど充実していて羨ましい限り。
なつん

なつんの感想・評価

3.4
4組のカップルの始まりや危機を描くオムニバス映画。それぞれにほとんど全然関係ないけど、ストーリーの移り方は良かった。
やっぱりトンマーゾとジュリアのカップルが素敵だったなあ。トンマーゾ本当になんなんこいつ?って感じで始まったけど普通にいい子で、跳ね除けようとするジュリアが絆されてしまう様が見てて可愛かった。
(ルームメイトには災難だったけど。)

見てる年代や、置かれた状況で感じ方とか好きなパートは変わるんだろうなあ。
n

nの感想・評価

3.4
「恋愛マニュアル」なるオーディオブックによってゆるやかに連関する4本立てオムニバス形式のラブコメ映画。第1話の主人公の男が悪質なサイコストーカー犯罪者でいきなりはらわたが煮えくり返り吐き気を催したが(普通の映画だったら怨恨殺人とかに発展する流れでは?ジャスミン・トリンカさんをあんな目に遭わせた製作者は絶対許さない)、そのおかげもあるのかそれ以降はさほど酷く見えず、特にマルゲリータ・ブイ&セルジオ・ルビーニのエピソードは最高だった。日本で観られる数少ない(もしかしたら唯一の?)ブイさんのコメディ作品なので、この話だけでも一見の価値はある。本当に天才コメディエンヌだなあ〜。
何年か前に見て、とても面白く印象に残っているけど探せども探せどもどこにもDVD無い。何話かあるオムニバス形式の映画で、ひとつめの話が好きだった。美男美女だった。全部の話が面白かったし、良くできていると思った。
ラブアクチュアリーとか見たのもこの映画の影響だったと思う。
>|