朝食、昼食、そして夕食の作品情報・感想・評価・動画配信

「朝食、昼食、そして夕食」に投稿された感想・評価

jumo

jumoの感想・評価

3.3
セルヒオの身体のあつみ好きだな〜

正直、貝殻ギコギコ鳴らすのはチャージマン研の登場人物だけかと思い込んでたところあるね
生きていたらいつか遭遇しそうな"まさか"や大人のケンカ、直感的な会話劇
あまり明るい内容ではないのになぜだか生きる気力が沸いてくるような泥臭さ
タイトルからほっこりした作品を予想していたが、結構ドロドロしていて驚いた。
朝食ではよく見えた相手に、昼食でがっかりして、夕食で気を取り直す…人生はそんなことの繰り返しだなぁ
何かに疲れたとき、カウチとお酒を伴に眺めたい作品。
人が食事している映像を見るのが好き。好きな人とおいしいものを食べたくなる
uematsu

uematsuの感想・評価

-
食べるを通して繋がる人々
当たり前の日常を切り取りながらも、ロケーションやその会話から彼らの生活や人生が見えてくる。
朝から酒を飲み人の家に乗り込み、美味しい食べ物手に入れるおじさんたちもいれば、朝からビールを飲み人生の旅に出ようと決心する人もいる。
なんだかとても不思議なことな気がするけど、今もまさにそんな瞬間を自分も生きているんだよね。
あかね

あかねの感想・評価

3.3
私は食事というものが好きなので飽きずに見られたけれど、少し退屈かも?
スペイン語を勉強していて、
朝食を食べる、昼食を食べる、夕食を食べる
の動詞がそれぞれあることを知り、打ち震えていた(スペイン人、人生のプロすぎる…)ところにこの映画を見つけました

原題は、きっとこれらの動詞(かその派生語)が並んでいるのではと想像していたら、


18 comidas
(18の食事)


シンプル素敵!


* * *


サンティアゴデコンポステラが舞台の話だけど、巡礼一切関係ないところが潔し。。
(街角の画で、巡礼者らしき人が少し映ってるくらい)


朝っぱらから飲んでしまったビール、アトリエでピザ食べながら飲んだ缶ビール……
全てエストレージャで、そうよねガリシアだもんね、と思って見ていたらEDクレジットに提供で出てきた🍺


* * *

食事をめぐる人間模様、共感できる登場人物も、こいつは…何なんだ……という人もいたけど、

年配ご夫婦の定点コミーダが、すべてを超越している……!
朝食、昼食、夕食、それぞれ6組×3回=18組の食事シーンが登場するスペイン映画。無言で食べながらも愛が伝わってくる老夫婦、恋人を待ちながら料理する男の家におしかけてくる従兄弟、恋人同士のレストランでの食事、夫婦関係が上手くいっていない夫婦、兄にカミングアウト出来ていないゲイカップル、オーディションを受けに来た歌手を迎える親子、誰もが誰かと食事を共にしながらもその心情は様々で、ドラマに溢れています。殆ど食事のシーンしか出てこないので、少し退屈に感じるかも?
Mouki

Moukiの感想・評価

-
記録

アルゼンチン映画頑張れと応援したくなる映画。
面白さだけで言うと、可もなく不可もなくな感じでした。
ごめんなさい💦
女将

女将の感想・評価

-

このレビューはネタバレを含みます

題名がうける🤣

今日は休み。それでも早起きした自分ってやっぱり凄い☺️健康&尊敬の自画自賛🎶←また?😅

こんな朝は良い曲を聴こう☺️

コロナで今、大事な人と離れ離れのあなたへ💕

YouTubeで聴けるよ🎶

不可思議wonderboy
「銀河鉄道の夜」
>|