オスカーの作品情報・感想・評価

「オスカー」に投稿された感想・評価

日央

日央の感想・評価

1.0
コメディーに関してはシュワちゃんの勝ちだな。

どっちも演技が酷過ぎるけど。

これを劇場で見たんだから大したもんだよ俺。

この映画で笑えるのは彼の演技の酷さくらい。
シュワちゃんの『ツインズ』に対抗して作られたとしか思えない作品。
制作動機が浅はかなら、作品自体も浅はかな出来やった。
演技のぎこちなさが逆に味になってる気がします。ストーリーは上手くまとまっているし、思ったよりも悪くはない感じでした。ロボコップに出てた悪いおじ3(カートウッド・スミス)も警部の役で登場。吹き替えで見るとアホさ倍増かもしれません。

スタさんはシュワちゃんよりやっぱり少し不器用かな?(だからこそ愛おしいかもしれませんが)

イトウハム、イズ(ソレナリニ)オイシイ。
なんとシルヴェスター・スタローンのコメディ。

マリサ・トメイの若い頃が見れてラッキー。
いおん

いおんの感想・評価

3.9
お姉ちゃんとみた
コメディってハマるか不安やけど、めっちゃ面白かった!しかもシルヴェスタやしスゴいね
キャラクターがみんな可愛い!ティムカリーもイイ役やったよ^ ^
嫌な気持ちになるネタも無くてスッキリ観終わった、良くできた話
vanilla

vanillaの感想・評価

4.0
いおんとみた
スタローンのコメディ
脚本がすごくて感動した
登場人物多くて話ややこしくなりそうなのに全然綺麗にまとまってて気持ちよかった
最高に愛嬌あるキャスト達でみんなを好きになれる
イシ

イシの感想・評価

-
全体的にのほほんお笑い、長いけど、ゆるふわギャングのスタローンが癒し系やったからいいかなーと思った。私は字幕でみました。
nobuo

nobuoの感想・評価

4.0
スタローン主演・「スリラー」MV監督による勘違い系コメディー。
「刑事ジョー・ママにお手上げ」のような悲劇が生まれたのかと思いきや、意外にも面白い!
嘘と勘違いが重なり、同時多発的に起こり膨れ上がるトラブル。ギャグはベタかつ天丼ばっかりだけど、喜劇としてはかなり良い線いってると思った。

観るなら吹き替え推奨。羽佐間道夫さんのロッキーの5倍はナマってる素敵演技が堪能できます。
スタローン自身に関してはひたすら右手人差し指を向ける演技ばっかりしてた印象しかない...。
Yasterize

Yasterizeの感想・評価

3.0
30年代の禁酒法とかの頃が舞台で、マフィアのボスことスタローンがカタギになろうとする中、色々アホなことが起こるTHE喜劇。

ことスタローンに関しては自分は吹き替えが好きなので、本作も吹き替え(羽佐間道夫)のVHS買ったんだけど、スタローンがDB悟空ばりの発音(ex.乾杯しようぜ!→カンペーしようぜ!)をしゃべりまくるので個人的にめちゃ良かった。

あと劇中で女性下着の入ったカバンが随所で笑いを誘ってきて、まあ古典的なノリで最初はあんまり面白くないんだけど、カバンの天丼が余りにもしつこ過ぎて途中から爆笑してた。

ロッキーのお茶目な部分が好きだったり、クラブラインストーン、刑事ジョーあたりを許容できるスタファンにはオススメ。

109分とけっこう長めなのでスタレベル低めの方はツラいかも。
スタちゃんコメディ初主演作品。

ライバルのシュワルツェネッガーが
コメディ映画「ツインズ」でコミカルな役柄を演じ大成功。
負けてたまるかい!とばかりに対抗心メラメラに出したのが本作です。
コメディというより喜劇で作風もスタイリッシュ、いまいちパンチが弱いかな?というのが素直な感想。
強烈なのが見たいなら
「刑事ジョー、ママにお手上げ」のスタちゃんのアレを見た方が良いかも( =^ω^)
しかし感心したのがオスカーって題名な割には実はオスカー嫌いなんです、ここでのスタちゃん、見れば分かります。
見れば分かりますというけどレンタル店では絶版状態で幻と化した本作、あーTSUTAYAでもGEOでもいいから復刻版レンタル開始してよ!

実はスタちゃんがアカデミー助演男優賞を受賞したら、このレビューをしようかと決めてたんだけど残念ながら逃しましたね。
でも言わせてもらって、いいですか。

貴方に、そんなモノは似合わない。

「ロッキー4」での台詞を引用させていただきます。
「この家や車、それが全てじゃない。」
形だけの名誉なんていらない。
貴方のハートに惚れたんだ、無一文でも構わない、私はスタローンについていく!

大好きだよスタローン
「オスカー」入荷せよ
TSUTAYAに申請します\(^-^)/
>|