インディ・ジョーンズ/最後の聖戦の作品情報・感想・評価・動画配信

インディ・ジョーンズ/最後の聖戦1989年製作の映画)

Indiana Jones and the Last Crusade

上映日:1989年07月08日

製作国:

上映時間:127分

3.8

あらすじ

「インディ・ジョーンズ/最後の聖戦」に投稿された感想・評価

しおの

しおのの感想・評価

3.9
何度か観ていてそれなりに覚えているつもりだったが、こんなに面白かったかというくらい面白かった。ジョージ・ルーカス、スティーヴン・スピルバーグ、ハリソン・フォード、ショーン・コネリーらの個人の力の功績はさることながらだが、そのエンタメ性の根底には欧米スラップスティック・コメディ映画の流れを汲むものを強く感じた。そういうスラップスティックコメディ調のアクション性が当時の特殊効果技術や今より緩い倫理規範などの時代背景とぴたりと噛み合っていて、この映画はそうしたいくつかの条件のもとでできた時代の結晶のようにも見える。公開は1989年で本格CG映画幕開けのシンボルとなる「ジュラシックパーク」公開の4年前。その意味でも時代を象徴している。個人の才能では脚本のジェフリー・ボームに隠れた功績を見る。この後「リーサルウエポン」の2と3の脚本も担当しアクションコメディで才能を発揮しているのをみると、ハリソン・フォードとショーン・コネリーの掛け合いも彼の仕事に依るところがあるのだと思う。2000年に53才で亡くなっているのが惜しい
Na

Naの感想・評価

4.0
昨日に引き続き続編を!
相変わらず出てくる骸骨と蛇!(笑)
急にお色気シーン入るのはお決まりなのかw美人のチャンネーに弱すぎやろw
昨日間抜けっぽいって評価したけど、まさかのパパ譲りでしたw
そして最後の騎士がどう見てもメルビンすぎて(笑)ドラクエがここから着想を得たのかなあ。確かに実写版ドラクエとして見たらおもしろいのかもしれない…。

昨日のやつは宗教的なものとか意味不明すぎて怖かったけど、今回はそういう恐怖はなく、ドキドキアドベンチャー映画として見れた。
けどやっぱり自分には特に刺さらず…。
謎解きが現代では擦られきったネタやからなのかもしれない…。小さいときに見てたらもっとテンション上がってたかも。まあ小さいときでは怖すぎて見れてないと思うけどw
あとこの時代にこれに感動してた人たちがスターウォーズの最新作とか見たらちびっちまうんじゃないかなあとか思ったり(笑)

とにかくわかったのは、考古学者はムキムキじゃないと務まらないということです。
MikahJay

MikahJayの感想・評価

4.3
相変わらずド派手。カーチェイスに飛行機に戦車バトル。なにも考えずに観られる冒険活劇は、やっぱりいいですね。
エルザなんか最後助けようとするなよ、とは思った。いきずりでヤッただけのビッチなんだから。
星野

星野の感想・評価

4.2
今回はパパがヒロイン……笑
いっぱいおじさんたちが出てきていつも通りコミカルな要素も多くてやっぱり面白かった!
パパがヒロイン。
ヴェネツィアいいな〜〜〜旅行してる気持ちになってあちこち観れるのいいね。石窟はいつかどこか観に行ってみたいなぁいいなあ。
例のテーマが勝ち確演出すぎてワクワクする。元気ない時聴こ。
ハリソン・フォードがちょっと歳とってきて、落ち着きがある顔になってるのもまたいいのよ。
Tk

Tkの感想・評価

3.8
シリーズ3作目が、実はなんとなく覚えているシーンが1番多かったのが意外でしたが、今回は父と息子で冒険を繰り広げていく感じ、良かったです!そしてインディのヘビ嫌いがどうしてなのかとか、ラストには名前の由来まで知れて面白かったです。ジュニアってのもかわいいものですね〜ハリソンフォードとショーンコネリーの親子感良かったです!相変わらずのナチ達が嫌でしたが、時代設定だけに仕方ないところではありますね。
とりあえずは3部作という形で使ったであろうインディシリーズですが、実は4作目が作られたみたいで。ちょっとまたタイミングみて観ようかな?思いました。

No.136
kanna

kannaの感想・評価

3.7
リバーフェニックスッ!!!
考古学者じゃなくてカウボーイだったカッコよかった
鑑賞記録。

何回見てもおもしろい映画。母親がこの映画でハリソンフォードにハマってたな、笑。
かいと

かいとの感想・評価

4.6
リバーフェニックス演じる若きインディジョーンズがかっこよすぎる
父子の関係も微笑ましい

素晴らしい名作
リバー・フェニックスというキャスティングがもう、素晴らしい。
>|

あなたにおすすめの記事