インディ・ジョーンズ/最後の聖戦の作品情報・感想・評価

インディ・ジョーンズ/最後の聖戦1989年製作の映画)

INDIANA JONES AND THE LAST CRUSADE

製作国:

上映時間:127分

ジャンル:

3.8

あらすじ

「インディ・ジョーンズ/最後の聖戦」に投稿された感想・評価

個人的にシリーズ最高傑作。
最も長いはずなのに、全く時間を感じさせず、あっという間に終わってしまった。

父親にショーン・コネリーというのが本当に好き。
2人の掛け合いがなんとも面白くて、本当の親子のようにも感じられた。
さらには若きインディ・ジョーンズにリバー・フェニックスをもってきたところもグッとくる。

冒険というよりも逃亡劇が多いが、非常にテンポの良いコメディ要素も存分に楽しめるバディムービー。
JOKER

JOKERの感想・評価

3.7
首が飛ぶシーンはトラウマでした笑

スピルバーグが当時、父親と仲が悪く自分が映画監督として成功しているのに認めてくれない父がやっと認めてくれてから制作した映画なのでインディー親子の絆が大きく描かれています!
見る順番間違えた。
でも王道のストーリー展開
BGMも聴き慣れてるから
なんだかワクワクできます
佳子

佳子の感想・評価

4.0
子供の頃大好きで何回も見ましたシリーズ⑥
私の中では、シリーズ最終作。
だって、最後の聖戦だし。

3は、なんとなくジョジョ第三部を彷彿とさせるんですよね。

お父さんのキャラがジョセフ。
機転があり、どことなくユーモラスで。

インディーが承太郎。
振り回されて、やれやれと思ってるけど、そこに愛があり、尊敬もある。

回転扉のシーンめちゃくちゃ笑った。

見えない道。

どの聖杯を選ぶのか。

うん、やっぱりインディージョーンズはこうじゃなきゃね。

なきリバーフェニックスの全力疾走が、弾けんばかりの若さに溢れていて切ない。
インディージョーンズは毎回ひやひやしますσ(^_^;)子供の頃何度も見ました🈂️‼︎⤴︎ #記録
shawqi

shawqiの感想・評価

-
超王道映画。
勧善懲悪、冒険、アクション。
映画中の映画という感じ。
これがエンターテイメントだ!という感じ。
トイストーリー2の元ネタこれかっ!というシーンもあった。見ておくべき古典作品であると思う。
3paircard

3paircardの感想・評価

4.0
初見。レイダース〜最後の聖戦の3部作観了。
ただただ面白かった。

よし、アンチャーテッドやるぞ!
Lily

Lilyの感想・評価

-
最後の聖戦、ほんと面白い!
これがラストでもよかったんだが…
■2回目(2019/9/28)
インディジョーンズシリーズ第三弾。

いつも通りのアクションだけでなく、
インディの過去や父親が登場する
シリーズファンにはたまらない内容。

インディは青年の頃から、
お宝探しの探検をする。

この時の戦いによって、
鞭を使うようになったり、
顎に傷、そして敵から貰った
帽子を被るようになる。

そして、舞台は大人のインディに戻る。

大学で授業を終えたインディは、
ウォルターという男にさらわれます。

ウォルターは、伝説の聖杯を
探してほしいとお願いしますが、
聖杯と言えば、インディの父親が
その道のプロです。

父にお願いすれば良い
と言うインディですが、
その父が聖杯探索の過程で、
行方不明になっていたのです…

いや、本作も相変わらず面白いの一言。

元々007シリーズを
モチーフにしていたがゆえの
ショーン・コネリーの登場。

そして、インディとは
またちょっと違ったキャラを
しているところが笑える。

反ナチスなど、
数々のテーマが盛り込まれているが
何と言ってもの親子の絆。

前作までに無かったほっこり感が
かなり好きな要素。


■1回目(2006/11/24)
もう言うことなしでしょ!

こういうわくわくする映画や漫画
今世紀にまた巡り会いたい…❗❗
>|