ミッション:インポッシブル/フォールアウトの作品情報・感想・評価・動画配信

ミッション:インポッシブル/フォールアウト2018年製作の映画)

MISSION:IMPOSSIBLE -FALLOUT

上映日:2018年08月03日

製作国:

上映時間:147分

ジャンル:

あらすじ

「ミッション:インポッシブル/フォールアウト」に投稿された感想・評価

トキ

トキの感想・評価

3.0
頭が悪いので最後までよくわからなかった
人の名前と顔一致させるのが苦手な人は楽しめないと思います
coco2ir3

coco2ir3の感想・評価

3.5
手に汗握る攻防戦。
トム・クルーズの体を張ったアクションも健在。
ただ、昨今の話題作は長時間なうえ、幾多の登場人物が複雑に絡み合うといったような、往々にして受け入れ難い作品が多い。この後に続くシリーズ7作目や8作目も楽しみな反面、そのあたりの懸念を拭えない。
前作に加え格闘シーンのクオリティ向上も加わりアクション映画としてより極限までてんこ盛りな内容に!しかし全体的になんかイマイチ。ストーリーのマンネリ化のキツさもあるしアクションも現実離れしすぎかな。前作がいかに絶妙なバランスだったのかを再認識する結果に…😶

シリーズ6作中5作が自分の属する組織から疑われて最後に名誉挽回する話ってどゆこと?どうしてもっと普通に大きな組織に属した状態でミッション与えられて任務を遂行して巨悪を倒すみたいなシンプルなストーリーを間に挟まないの?サスペンス要素が欲しいにしてもそろそろバリエーション変えてくれや!
sima

simaの感想・評価

3.0
DVD/棚①

今作特に、個人的に、イーサンのキャラとトム・クルーズがしっくり来なくて、そろそろいいかな…と感じてしまったそんなこんな。
とんも

とんもの感想・評価

3.8
遂にイライラ系映画に成り下がってしまった、別撮り感スゴい声も相まって
終盤で決戦地へ乗り込み系映画に良い思い出ない
odorukazu

odorukazuの感想・評価

3.7
ミッションインポッシブルシリーズの最新作。

ここのところ大作映画の新作が公開される事が多く復習がたいへん、初見だと楽しめない問題があるじゃないですか。なのでアマプラ配信終了間際だった事もありこちらを観てみました。

このシリーズ1,2はおおよそ20年前ぐらいに観たことある程度、覚えてるのはあの音楽と宙吊りトムぐらいでストーリーは全く覚えてない状態。

結論はアクションスパイ映画としてはあるあるが詰まっていてそこは面白かった。
ストーリーは単純なので置いてきぼりにはならないが人物の背景、関係性はやっぱりあまり理解できず細かい会話のやり取りに楽しみを見出だせない。 観ながらやっぱりシリーズ追ってから観た方が楽しめたなと思ってしまう。

最大限楽しむためには、やっぱり復習大切。
これからも色々楽しみながら観ていきたいと思います。

最後にこの映画はスパイものってこうだよねというのが多く面白かったので
あるある言いたい😄

・指令伝言、5秒後に消去される
・爆弾の爆発阻止はやっぱりコード切り
・ヘリコプターに着いた縄にしがみつきがち
・今にも落ちそうな高所で戦いがち
・爆弾はなぜか時限式
・爆発一秒前に見事解除成功
ミッションインポッシブルシリーズ
6作目

前作ローグネーションから2年後の内容。
「シンジケート」の創設者である元イギリス諜報員ソロモン・レーンの逮捕に成功するが、CIAは組織の壊滅には至らなかった。
残された仲間たちは新しく「神の使徒」を創設し活動を続けていた。
IMFのイーサン、ルーサー、ベンジーは盗まれたプルトニウム3個の回収する任務についていたが、回収直前に神の使徒に奪われてしまう。
過激テロリストのジョーン・ラークは世界秩序の崩壊を願い核兵器テロの計画、彼に感銘を受けたデルブルック博士は彼のために核兵器を設計する。しかし、その兵器にはプルトニウムが必要不可欠であった。
神の使徒は奪ったプルトニウムを餌にラークにソロモン・レーン解放の協力を持ち掛けた。
神の使徒とラークはホワイト・ウィドウと呼ばれる仲買人を通して取引を行うと情報を入手したイーサンたちは、取引場所の慈善パーティでラークに変装しプルトニウムの奪還を計画する。
しかし、そのパーティにはMI6のエージェント、イルサ・ファウストも現れた。
彼女の目的は何なのか。
プルトニウム奪還は成功するのか。

【3年前の感想】
『作品は順番通りに観ないと後悔する』が再確認できた。
イル…サ…?うん?あー…ね、アレね。元同僚やんね?うん?(あながち)
長官?え?長官…?……?(箸にも棒にも)
再生ボタンを押す二時間半前の自分に言ってやりたい。
『アマプラで上の方にあるからって、勢いで再生したら後悔するぞ』と。

内容は面白かったです(語彙力)

【感想】
「IMFはハロウィーンよ。大の大人がマスクを被ってはしゃいでいるだけ。」
ちょっと!はしゃいでいるのは1人だけ!!そこは間違えないで!!(大声)
今までは単発でも観やすかったMIシリーズですが、2部作構成でパワーアップです。
以前の感想でも述べていますが、これは前作を観ていないと『???』となります。必ず前作を観てから&出来るだけ日をあけず観ることをオススメします。
途中、誰が誰やら、何を狙ってるやら混乱しそうになりました。それくらい複雑です。
まず見た目からして、ソロモン・レーンの風貌が変わりすぎて…余計に前作の記憶を引っ張り出すのに苦労しました。
内容は間違いなく面白いです。
ただ、もうそろそろ俳優さんが吹き替えするのは考え直しませんか…その道のプロにお任せしましょうよ…
奇跡的にマッチングすることはありますが、それは奇跡なんです。そんな滅多に起こらないんです。
まさかの6作目にきて俳優さんを…しかも主要人物に起用するなんて……
内容は最高なのにスコアを4.0以上にしたくない小さな抵抗です。
MyYouMe

MyYouMeの感想・評価

4.1
シリーズ中、唯一劇場で鑑賞した『フォール・アウト』。アマプラ見放題終了前に再見。
ストーリーやアクションシーンは前作を上回る迫力、充実度でシリーズのファンを裏切らない圧倒的エンタメ力は純粋にすごいなと思う。
この手の作品にしてはロジックが破綻してないのも好感度高い。

今作の見どころのひとつがヘンリー・カヴィルが演じるエージェント・ウォーカーの存在。彼の大柄な体型から繰り出される肉弾戦のスクリーン映え具合はトムとはまた違った魅力があって、パリのクラブ内のトイレ格闘シーンは見応え十分。にしてもヘイロージャンプを飛んだ後にあのアクション、イーサンとウォーカーの底なし体力恐ろしい。

謎の武器商人として登場したホワイト・ウィドウにバネッサ・カービーを配役したトムは流石の慧眼力。
またイルサは再登場で今回も戦闘力の高いアクションを披露、彼女の感情や物語に深みを出しつつ、イーサンの元妻ジュリアのシーケンスにもきっちりカタを付けるところにこのシリーズの誠実さを感じる。
女性キャストの描き方は前作と今作がやはり良いよね。

今回もすっかりプロのスタントレベルに到達したトムの命がけアクションが最大の見どころ。
ビルとビルの間をジャンプするシーンで骨折したものの撮影を続行したとかその怪我を脅威の短期間で回復させたとか、難易度の高いヘリの操縦ライセンスやスカイダイビングのヘイロージャンプスキルを短時間で取得して劇中で実際に挑んだとか、そんなトムの武勇伝が先行しがちだけど、おかげで鑑賞するこちらの満足度は高い。観客に楽しんでほしい一心のエンターテイナートムが情熱を燃やし、限界に挑戦していることに胸を打たれる。その強靭な肉体と精神、そして撮影クルーの尽力に感服。
 やっと観れた。ホントMIは元気がでる映画ですよ。スケール、かっこよさ、友情、愛、笑い、ストーリー、こういう映画が日頃のストレスや悩みを和らげて、沈んだ気持ちを元気にしてくれる。楽しかった。
ヘンリーカヴィルが参戦した6作品目。
終盤のシーンは特にヒヤヒヤしたけど、綺麗にまとめられてて良作だった。
次作にも期待。
>|

あなたにおすすめの記事