劇場版 忍風戦隊ハリケンジャー シュシュッと THE MOVIEの作品情報・感想・評価

「劇場版 忍風戦隊ハリケンジャー シュシュッと THE MOVIE」に投稿された感想・評価

1番好きなレンジャーだけどストーリーはちょっと、、

御都合主義っぽすぎるかも

全員合体のときブルーのイルカだけハブられるのにとても強いノスタルジーを感じた。
django

djangoの感想・評価

2.5
定期的に作られる忍者物スーパー戦隊。
ストーリーは特にないが、敵の目的が、美女?(宇宙人)を丸焼きにして食べること。
という、トンデモ目的。
子供向け映画にまさかのカニバリズム。当然レッドに助けられるけどね。
全然知らないスーパー戦隊なので、なんとも…。
あおい

あおいの感想・評価

2.7
アストラム星の王女を邪悪な忍猿から守れ!ハリケンジャー!あ、参〜上〜!

龍騎と同時上映のハリケンジャー劇場版。当時イカズチ丸のおもちゃ持ってたなぁ。

最終的に6人になるけど、個々の流派に属している設定が斬新で面白い。ガチャガチャを模したカラクリボールは最近のコレクターアイテムの先駆けとも言える。

忍法やったり、色付きの煙、幕を持っての名乗りなど忍者的演出も秀逸。やはり忍びといえばニンニンジャーよりハリケンジャー。

最近は初期メンバー3人の戦隊が珍しくなってきていますが、これは3人戦隊の秀作です。

「せい!バイバイ!」

AmazonVideo#90
ハリケンジャーそれぞれのモチーフである陸海空を盛り込んだバリエーション豊かなロケーションは良かったが、それ以外は第1話程度の豪華さなのが残念。劇場版ならでは感が足りないと思います。ストーリーも宿敵・ジャカンジャ一味をダシにするような使い方をしていて、ちょっとガッカリしてしまいました。
少し説明的なセリフが過ぎるもののテレビシリーズ同様のノリで楽しめる本作。つまりは...「大体のことはどうでもいい」(笑)

これといって目を見張るアクションなどもないが、ハリケンジャーらしいアクションは詰まっているのは良いポイントか。(影の舞や空駆け、水面走りなど)
戦隊らしい色のついた煙の爆発などが見られるのも今作ならではか。

とりあえず、七海の「王子になったら鷹介は口を聞いてくれない」というセリフに返して、無言で笑顔で流す、というのは良くないぞ。
エンドロールはとにかく和めるので、テレビシリーズ好きな人は一見の価値あり

エンドロールは和んだ。
ふき

ふきの感想・評価

4.0
キャストが主題歌を歌うのってどれくらい続くんだろう。今見ると結構楽しかったんだなあ。
さ

さの感想・評価

3.5
お父さんがDVD買ってきてくれて何回も観てた

ハリケンブルーがほんとに好きだった
女の子の水色ブームはハリケンジャーから始まったんじゃないかと思ってる。
映画のエンディングがテレビのエンディングの歌のフルバージョンで、見終わってからしばらく振り付けを真似して遊んでた。
緑葉

緑葉の感想・評価

3.5
それでいいのか悪の組織ジャカンジャ

いやすごい和んだけど

けども
森崎

森崎の感想・評価

3.0
(※語ってるわりに中身は特に無いです。)
ハリケンジャーの何が好きってブルーが女の子ってことだったりする、けども。霞兄弟のゴウライジャーの格好よさ(当時龍騎の秋山蓮とあわせてクワガライジャーに惚れていた)やそれぞれの名乗りの格好よさは格別でもう!これは!ねえ!移動手段が馬だったりハンググライダーだったりとツッコミどころが多いとしても、いきなり三つのカラクリ巨人が一つになったとしてもロマンだなあ。特撮はいいなあ。格好いいなあ。山本梓も塩谷瞬も聖子さんも若いなあ~!!!メイキングの五人が可愛い!そういえば、TRICKの矢部刑事の部下はギンガレッドの前原さん、クワガライジャーの姜さんときてイケテツなのは何故ですかね。好きだけど。