ヘアスプレーの作品情報・感想・評価・動画配信

ヘアスプレー2007年製作の映画)

Hairspray

上映日:2007年10月20日

製作国:

上映時間:116分

3.9

あらすじ

「ヘアスプレー」に投稿された感想・評価

DAIRIKU

DAIRIKUの感想・評価

4.0
思ってたより、めっちゃ良かった

お母さん役がジョントラヴォルタ?!?!
すごすぎる笑笑
no16masa

no16masaの感想・評価

4.0
トラボルタの女装ブサイクすぎ(笑)
ウォーケンとラティファ出てきて驚いた
ブラックデー最高
音楽とダンスなかなか魅入る
しかし何度見てもトラボルタがブサイク(笑)
底抜けに明るく、前向きになれる映画。

主人公のニッキー(トレーシー)がコミカルで常に笑顔なのが癒される。
こんな風に前向きに世界を捉えられたらどんなにか素敵だろうと感じる。

夢を追う、そして何が正しいかも分かっていて、そのために行動できる。

そんなことを当たり前にやっていけるトレーシーに惹かれて、またこの映画を観てしまうだろう。
m

mの感想・評価

4.1
トレーシーかわいいしずっと楽しい!歌とダンスがパワーに満ち溢れてる!そしてザックエフロンかっこいい〜
出会えてよかった映画!
前向きである事の大切さ、好きなものを好きと言える勇気の格好良さ、正しいことを躊躇いなくできる勇敢さを学ぶことが出来ました。
セリフもほとんどがミュージカルになっていて、ミュージカル好きとしてはとても胸が踊りました。だからなのかは分かりませんがあっという間に2時間が過ぎてしまっていてびっくりしました。

心が豊かな人は周りの人に恵まれる。
映画だから、といえはそれまでですが、自分もトレイシーのような人間になりたいと思いました。

2020-32
yt

ytの感想・評価

4.2
観てるだけで自然と笑顔になっちゃうミュージカル映画で
次から次へと流れる音楽とパフォーマンスに、カラフルな色彩やレトロで可愛いファッション、それだけでまず幸せ

加えて、おデブちゃんのハッピーミュージカルかと思いきや…!人種差別問題にも焦点が当てられていて。
体型・見た目は関係ない っていうテーマが描かれてるけど、
おデブちゃんを主人公に据えることで差別問題に触れやすくなってる(重くなりすぎていない)し、普遍的なテーマにまで昇華されているのがいいなぁと。

個人的には社会問題はがっつり深く重く描いた作品の方が好きだけど、今作のように軽く触れやすい作風ながらも社会問題(今回は主に人種問題)について言及した作品は、
特に差別問題に疎い我々日本人とか、より多くの人が知って考えるきっかけになると思うし その点素晴らしいと思う!


舞台となったのは、あのキング牧師も活躍した黒人差別撤廃運動が盛んだった1960年代アメリカ。
その中で、今作に登場する街ボルチモアは、運動がなかなか進まなかった街で、TVショーのモデルとなった番組も実在していたそう。


“integration not segregation”

20127
彼女に前々から勧められていたんですが、やっと鑑賞。笑
最近起こった黒人が白人警察官によって殺害された事件と状況は違えど、共通してる部分多くて、見入ってしまった
この映画を見たことがなかったことにただただ後悔
間違いなく音楽の力で愛、平和、楽、結束を体現化させた映画やった
ヘアスプレーの全キャストのダンスは画面越しで見ているのに肉眼で見るくらいエナジー、パッション、グルーヴを感じられたしめっちゃ刺激を貰えた。
個人的に1時間11分くらいのトレーシーの両親のダンスがお気に入り。夫が奥さんのお尻を鷲掴みにして何事もないように踊り続ける流れが好きやった
なんやねんそれ!て突っ込みたなります
でもそこが一番グルーヴ、感じられたかも。

後はクライマックスにかけてダンス、音楽を責めていく感じ、超よかった

映画全然詳しくないけど、個人的に評価星5やけど星100個つけたい

話は変わりますが、自分はブラックカルチャーに影響を受けたヨーロッパやアジアの人が創るビート、曲が好きで、かっこいいって思ってます
で、これを共有するのは良いけど自分が正義だとか、正解だと思ってることを強要するのは違うくて、、
言いたいことは
人種や民族に限らず、好みや見た目、倫理観はそれぞれ違って尊重すべき部分だ。ということ
この3つに対して差別や軽蔑をする行為は結果的に争いを生むし、平等な関係は築くことができない。ってこの映画見て思いました
後、もっと言うなら自分の好みや見た目をプライドや誇りを持って生きていくことは見ていてかっこいいし、それがこの映画の白人と黒人間で滲み出ていてうずうずしたなー
もちろん差別するのは違うけどそれぞれがプライドを持った上で、認め合いリスペクトし合う。これってめちゃ大事なことやし改めて気づかさせてくれたヘアスプレーに感謝。

個人的に強要するというか好きなこと以外に対して、頭が固いところは自分にもあるので改めて、意識してなおさなければ、と思いました。。

ああ。言いたいことをズラッーて並べてしまった。けど文章がまとまらんくらい、そのくらい良かった

後、この映画は小中学校の道徳の授業で取り扱ったらいいんちゃうかなって思いました。
どんな人にも人としてどう生きるべきか。考えさせられる、そんな映画。。

最高でした。
sarasa

sarasaの感想・評価

5.0
こんな世界だったらいいのに…!
「自分が正しいと思ったことがあるなら、古い人間は気にするな」という言葉が印象的だった。
時代が変わっていくんじゃなくて時代を変えていくっていうテーマなのが良い。
元気とパワーを貰った。
前半はなんだかなーという感じだけれど、それは意図的なもので、後半にかけてめっちゃ盛り上がる。
最高だ…めっちゃ好きだ。
yoshipy

yoshipyの感想・評価

4.0
トラヴォルタのダンスを見てパルプフィクション見返したくなった。
あれだけどこもかしこも誰もかれも歌って踊ってたのに、結局脳裏に焼き付くトラヴォルタ。嗚呼トラヴォルタ。

主人公の子が明るくてパワフルで、森公美子が若い頃こんな感じだったろうなガールで素敵だった。

歌いまくって踊りまくって差別に立ち向かう。
歴史を変えるマイノリティ達に胸アツ必至!

ミシェル・ファイファーが綺麗過ぎて眩暈。猫顔最高。
こす

こすの感想・評価

4.2
とにかく元気が出るし、ブラックミュージック最高。主人公を見てるだけで悩みなんか全て吹っ飛んでただ楽しく歌って踊って、それだけで人生楽しい!!!みたいな感じがめちゃくちゃ今の自分に響いた。すごくシンプルだけど、そんなところが黒人差別なんてなんであるの?って偏見のある時代に言えてしまう強さ。
これはどうしようもない悩みの中を永遠ループしてる時にめちゃくちゃいい、また見たくなふ。


昔黒人差別があったんだなあくらいの教養の無さなので、もっと知らなきゃいけないな。60年代は丁度移り変わり始めだったんですね。
>|