リスペクトの作品情報・感想・評価・動画配信

『リスペクト』に投稿された感想・評価

さよこ

さよこの感想・評価

3.6
※2021年に試写会で鑑賞※
※過去に鑑賞した映画の投稿が続きます🙏
※当時の鑑賞メモを観ながらのレビューなので薄味です。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

🎤全体の感想
彼女の人生が濃すぎて身につまされる思いだった。そして主演のジェニファー・ハドソンの歌声が凄くて、ぶわって鳥肌立って最後泣いた。

🎤2時間22分
わりと長尺な本作。けどカットして良いシーンが一つもない。幼少期からのエピソードはとても濃いし、デビューしてからのサクセスストーリーも欠かせない。そして集大成ともいえるアルバムも。彼女のルーツがたくさん知れてよかった。

🎤スコア
感動するシーンもありつつ、いまいち主演の演技にハマり切らなかったのでこのスコアにしてます🙏

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
⚠️この先、ネタバレあります⚠️
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

🎤アレサの描写
上目遣いで口元だけで笑い、彼女の感情が読めないときがあった。そういう演出なのかもしれないけど、この上目遣いの顔ばかりなのでちょっと物足りなかった。歌は上手なんだけど…演技はちょっと好きになれなかった。

🎤アイデンティティ
自分の道を切り開くための切り札が『あなたたちと仕事はしない』というもので、自分の身を人質にしないと交渉できない悲しさがあった。もっと交渉できるものはたくさんあるはずなのに、自己肯定感が低くて交渉カードが思いつかないんだろうなと思ってしまった。

🎤アレサの恋愛
怖いもの知らずな男は、ときに自分を狭い世界から連れ出してくれるし、きっと頼れる存在だったんだろうな。ただ自分の欲に忠実なそのエネルギーが自分に向けられたときが怖いよね。DVは最悪だけど、彼女自身も''今の自分に必要な人''として、テッドを利用してる気もするからリターンとバランス取れてないけどどっちもどっち感はあった。

🎤イヤだったシーン
レコード会社への売り込みは、パパが犬を連れ回してるみたいに感じて凄いやだった。けど選ぶ男が奇しくもパパと似てるんだよね…

🎤その他、いろいろ
・ママのお見通し感が凄い
・ずっと自分を責めてるの哀しい
・怖い思いしてまで、男へのディスを歌に乗せるのは圧巻だった。
・何を歌いたい?に答えられないシーンは印象的。
・セッションしながら(自分の意見を尊重してくれる)バンドメンバーたち、最高。
・アレサの実家は三姉妹だし、男を立てるタイプのママがいたんじゃ男一人のパパは王様のような振る舞いにはなっちゃうよなぁ…。パパが育った環境もよくないと思う。
・殴られるかもしれないのに強気で反論するの凄い。こわい。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

過去鑑賞作品のレビューは以上です🙌
また上映中作品のレビューを投稿していきます☺️
本当にジェニファー・ハドソンの演技が素晴らしい。あと、ミュージシャンの伝記映画っていうジャンルの中では話のエグさが段違いすぎて、見てて辛すぎた。アレサ・フランクリンって凄く強くてカッコいい人なんだねってのを改めて知った。
Yota0729

Yota0729の感想・評価

3.0
The Queen of Soul アレサ・フランクリンの伝記映画!
Kingの次はやっぱりQueenも観なくては。
アレサ本人の推薦だけあってジェニファー・ハドソンの歌声は圧巻の迫力でした。
しかしエンドロールでアレサ本人の歌声が流れるとやっぱりオーラというか威圧感みたいな迫力が違った。
(You make me feel like)a natural womanは作者のキャロル・キングよりアレサの方が個人的に好きです。
映画自体はいろいろとハードな内容でけっこう見てるのが辛いシーンが多くてね。
エンドロールでブルースブラザーズがチラッと映ったのが嬉しかった!
ish19oro82

ish19oro82の感想・評価

3.5
耳は幸福でしたが、やさぐれていくのはいまいち共感出来ず…自分が感情爆発させるタイプじゃないから怒鳴ってるシーンは引いちゃいます笑
hoka

hokaの感想・評価

3.2
Tedは12歳も年上の能無しのクズに見えるが、プライドだけ高い非才な男は、得手して圧倒的な才能の前では優しく寛容な男を演じて卑屈になるか、彼の様に居丈高に振る舞うかの二択の様な気がする。

彼女のギフトは“歌う事”であって、人生の哲人であったわけではない。
ジャックポットに当たった凡人の様に、周りの思惑に振り回されるのは必然だ。
本人が歌う(You make me feel like) A natural womanのyouは一体誰だったんだろう?
ミュージカルとしても、優秀だと思う。
タナカ

タナカの感想・評価

3.8
アレサに限らず薬物やアルコール依存症、DV等、やっぱり凄いアーティスト達は、皆どこか薄ら暗い影を持っている物なのかと思う。

アレサはブルースブラザーズで初めて知った歌手で、どういった人物なのか今まで全く知らなかったのでとても興味深かった。

ソウルフルな歌声が羨ましい。
SIZU

SIZUの感想・評価

3.5
圧巻の歌声。最後に本人の映像も見られて良かった。
そして、栄光を得た歌姫の足を引っ張るダメ男の数々…。ホントやーね。
やばい!あんまり面白くなかった…史実系だからだろうか…?違う気がする。ミーハーながらにアレサフランクリンは好きだけど、あんまりグッとこなかった。

ちょくちょく謎のカットというか、なんとなく分かりにくい構図があって悲しい。トラウマの描写とお母さんの描写も少しそのまますぎるというか、入り込みづらい?感じがした。むむむー
キイコ

キイコの感想・評価

3.7
アレサ・フランクリン、ブラックミュージック、讃美歌、いずれかにわずかでも興味があれば見てほしい作品。
個人的にジェニファー・ハドソンの歌そのものが好きなので、それだけでも十分な見応えがあった。
事態の展開の見せ方はあと一押しほしかったですが、一度見て損はないと思います。
Nanae

Nanaeの感想・評価

4.0
アレサ・フランクリンはゴスペルやR&Bで多少は知っていたけど、彼女の人生がこんなに大変だったとは、全然知らなかった。

ラスト、エンドロールで実際の彼女が歌う映像が出てきて、彼女の声が、歌が、深く響いて、、涙ぐんでしまった。
(もちろんジェニファー・ハドソンも良かったけど)

ドキュメンタリー「アメイジング・グレイス」を見なくちゃ。

あと、やっぱり、「ブルース・ブラザース」も見直したくなった。
>|

あなたにおすすめの記事