シカゴの作品情報・感想・評価

シカゴ2002年製作の映画)

CHICAGO

製作国:

上映時間:113分

3.7

あらすじ

「シカゴ」に投稿された感想・評価

音楽もいいし、踊りもいい。
衣装も素敵だしなにより影と光のつけ方が素敵。

ちょっとだけリューシーリューもでるよ。

魅力的な彼女達のお話。
ブラックコメディミュージカル、、。

ブラックコメディってなんだか、自分には合わなくて、、、。
そのせいなのか、ストーリーが圧倒的に好きではなかったです。

音楽、歌、魅せる雰囲気、そういったものは楽しめました。

ある意味、大人の映画?
個人的には感情移入できないし、すごく見づらかった。。
moto

motoの感想・評価

5.0
華がある分ウラがある。
仕掛けにかかる種銭も、花咲く頃に収穫できれば金主も御の字です。
miu

miuの感想・評価

-
ショー!!
歌・ダンス・衣装・肉体美は、本当に見事。
ただ、ストーリーと登場人物が悪過ぎて、心から楽しめたって感じではない。
この作品は、サウンドオブミュージックと並び映画史に名を残す音楽系の作品である。

今年は、グレーテストショーマンやマンマミーヤそしてボエミアンラプソディーと音楽系作品が一年通して盛り上がった。
音楽系が好きな人間にとってたまらない一年だった。

しかしこの作品は、未だ観ていなかったのでBSの録画で観てみた。

主演は、ブリジットジョーンズでお馴染みのレニー・ゼルウィガー。

そして、この作品でアカデミー賞助演女優賞を受賞したキャサリン・ゼタ=ジョーンズ。

男優陣は、リチャード・ギアと言うそうそうたるキャスト。

そしてジャンルはミュージカルだが、同時に通常の芝居が進行する構成はとても新鮮である。

このあたりの評価が高くアカデミー賞作品賞につながったのだろうか。

ストーリーもブラックコメディでとても面白い。
まだ観てない人にはお薦めの一本。
パッツ

パッツの感想・評価

4.0
公開当時、あまりにも気に入り劇場に2回足を運んだ作品です。

キャスティング・音楽・ダンスどれも最高ですが、なかでもキャサリン・ゼタ・ジョーンズの歌とダンスは圧巻です!
私の中のシカゴはこの作品が基準になったので、演劇版やかくし芸?番組などでリメイクを観てもただただ違和感を感じてしまいます笑
個人的にミュージカルは苦手なのと、この時代のシカゴには住める気がしないなぁ。
DVDがなんと100円という破格で購入できたので、約15年ぶりに再鑑賞。

ストーリーは特に凝ったところはなく、1920年代のシカゴの喧騒な雰囲気、華やかなミュージカルシーン、豪華絢爛なキャストを味わうための映画。

本作のミュージカルシーンの大半は、現実の出来事を登場人物の中でミュージカル風に置き換えているところが独特。

劇中のリチャード・ギアの台詞にあるように「 この世の全てはショービジネス」という言葉がまさに本作の核心を突いていましたね。

利用できるものは何でも利用するし、卑怯な手も平気で使う。そして熱しやすく冷めやすい周囲の関心。

それだけ聞くとあまり明るいイメージが付きにくい内容ですが、とにかくミュージカルがエネルギッシュに満ちているので、暗さは全くありません。

ラストも上手くまとめているので、エンターテイメントとして十分な作品でしょう。久しぶりに楽しめました。これ本当に100円で良かったのか?笑
綾紗

綾紗の感想・評価

3.8
女性陣の歌とダンスがパワフルで、リチャード・ギアが霞むレベル。でも、登場人物は割りとクズかな。
Rosa

Rosaの感想・評価

3.8
曲とかダンスとかっていう音楽的にはすごい好きだけど登場人物がクズすぎてあんまり共感できないし見ていて楽しい映画ではなかった、、、ような気がする笑
>|