シカゴの作品情報・感想・評価

「シカゴ」に投稿された感想・評価

cell block tangoが好き。最後が畳み掛ける感じでテンション上がる。
るい

るいの感想・評価

3.8
先が見えなくても、星が見えなくても、振り返る時間なんてない、走り切るのよ自分の人生を。女の生き様がとってもかっこよかった!最後のshow最高!

リチャードギアかっこいい。レニー色気と可愛さが最高。
NJ

NJの感想・評価

5.0
図太い女がもう大好き!
『cell block tango』のシーンはもうあそこまで行けば痛快。ハイヒールを銃口に見立てたり、赤いハンカチの演出が特に痺れた!後半のヴェルマーのドスの効いた畳み掛けも、たまりませんでした。
日本語吹き替えも良かったです。元々曲だけは英語で何回も聞いていたのですが、セリフ部分を吹き替えたバージョンもかなりアリでした。ヴェルマーの声がまたハマってて…!松本梨香のロキシーも割と良かったと思います。可愛らしさと嫌な女感の出し方が流石のキャスティングだとも思いましたが、これは他の声のロキシーもちょっと見たくなる感じはありました。もう少し癖のない声の人でも聞いてみたかったかなぁ。


他にも、ロキシーの裁判シーンなど、いや〜な笑いが滲みでてる感じがもう引くレベル。女優さん凄すぎます…笑

途中、ヴェルマーもロキシーも、『あぁ、もう見てられない』くらい彼女らの足掻く様が、滑稽に見えたりもしました。ヴェルマーのかつての栄光を語るシーンなんか特に。
でも、だからこそ、あの終わりがストンと入ってきた気がします。何が何でも這い上がってやる!という覚悟を持った人間は、どんな悪党でもやっぱりカッコいいです。
それだけやる事をやっているので。その内容が非道だったりしても、躊躇なく一直線にやり切られると、もう『天晴れ!』って感じです。
そういう憎々しい女が個人的に好きだからかもしれないけど…笑


ミュージカルではどんな演出になるのか、色んなChicagoを見たくなりました。
日本語版で米倉涼子が主演してたんですね〜。これも行きたかった!

そして、オールタイムベスト10に確実に入る一本でした。
megfairy

megfairyの感想・評価

4.5
話題になってる時期に見た映画。

こういうミュージカルは大好き✨

とにかくキャサリン・ゼダジョーンズがセクシーで歌もパワフルでうまいし、役にピッタリハマっている。

レニーはというと一応ハマってはいるんだけども、ガリガリに痩せすぎで拒食症のように見えてしまって、じゃっかんオーラに欠ける。
もう少し肉付きを良くしたら、キャラ的にももっとハマり、役が引き立っていただろうと思う。
(彼女の、短期間で痩せたり太ったりする役作りは本当にお見事なんだけども。。。)

てゆうかこの時代は殺人したら芸能人並みに有名になれるのか?w
そこがフィクションなのかリアルなのか区別つかなかった。

曲がそれぞれ個性的でキャッチーで、ああ、ミュージカルだなぁって感じでとてもいい。
RikakoAoki

RikakoAokiの感想・評価

4.0
内容は薄く、歌は力強く、って感じがTHE古典ミュージカルでとてもよかったです。
ずっと見たかったシカゴ見れて嬉しい。
ゆめ

ゆめの感想・評価

4.8
登場人物はみんな人間的にどうかしてる人ばっかり。
共感はできないかな。
でも、パフォーマンスはむちゃくちゃかっこいい!
ダーティな大人の魅力って感じ。
ミュージカル映画らしく全体的にパフォーマンスが散りばめられている。
映像もとっても綺麗。
oobune

oobuneの感想・評価

5.0
キャサリンゼタョーンズの虜になった!ミュージカル映画のなかでいちばんすきかなー。
ユキ

ユキの感想・評価

-
レニーゼルウィガーがかわいいぃぃいぃたまんない……
ブリジットジョーンズのときももちろん良いんですがこっちは彼女の本領発揮ですね。ロキシーのソロ曲がエッチでほんま好きです。彼女の完璧でないかわいさ&熟しきらないあどけなさと細いけど肉感的な身体が最高。視線奪われまくり。ロキシー!
リチャードギアで若干テンション落ちた……
が、映画のつくりとしてもミュージカルと芝居の進行が新鮮で、ストーリーも斬新で、あっという間にエンドロール!魅せ方わかってる!
いいね!
kid

kidの感想・評価

3.5
やーっと見れた!

キャバレーとかバーレスクみたいな感じかな〜〜って思ったけど、ぶっちぎりかっこいい!
いや、あの2つもそれぞれの良さがあるんだけど、シカゴはクラッシュぶちかましてる、なんて言ったらいいかな?やばい!って言うべき?(笑)

話的にはウソでしょ、セコいわ…とかって思ったりもしたんだけど、ショーとしての魅力がすごかった!!
見応え!!

みなさま欲望がすごいノオ…

一番好きなのは腹話術による証言みたいなやつ、笑った。
ギアちゃんの髪を7:3に撫で付けてスーツをビシッと着てるのがかっこよくて惚れた
スーパー面白い
ボブフォシーぱねー

曲、ダンスの良さもさることながら完璧に計算された画面づくりと臨場感溢れるミュージカルシーンは見もの

1番のお気に入りは囚人たちの過去の犯罪を言い訳するシーン
舞台版みてみてーって強烈に思った

舞台版の演出はわからないけど映画版では映画版ならではの演出が光っている
現実とミュージカルシーンが入り乱れどっちが本物なのかわからなくなる
この演出が非常に効果的でオチにも絡んでくるので計算されてるなーと

僕自身現実と妄想の見境がつかなくなるモノが大好きなのでガッツリ決まった

お話もありがちはありがちだけど設定が設定なので非常に新鮮
ハリウッドらしいクソ色恋もなくクソJKJDに媚びてる感じがしないので印象もとてもいい
バーレスクでクソ色恋がフラストレーションだったので大変良い

とりあえず舞台版みてからもういっかい
>|