シカゴの作品情報・感想・評価・動画配信

シカゴ2002年製作の映画)

Chicago

上映日:2003年04月19日

製作国:

上映時間:113分

3.7

あらすじ

「シカゴ」に投稿された感想・評価

ゆ

ゆの感想・評価

3.7

このレビューはネタバレを含みます

殺人してる時点でちょっと主人公に入りこめなくなるというか肩入れしにくくなるけど、ショービジネスだけあって人生もショー的というか、魅せ方次第でどうにでもなるみたいな精神を感じた。生粋のショーマンというのはそんな感じなのかも。音楽が好き。
みんな何で捕まった?
そこをミュージカルで表現
音楽や歌は華やかに
衣装や踊りはセクシーに
ドラマ✕ミュージカル
なかなか見応えあり
PELIMETRON

PELIMETRONの感想・評価

3.8

このレビューはネタバレを含みます

・スターを夢見るロキシー
・不倫男を殺し刑務所へ
・憧れのダンサーヴェルマと出会う
・夫に頼み弁護をハリソンフォードに依頼
・瞬く間に人気者に
・ついに裁判が始まる
・ハリソンの手腕で無罪
・しかし記者たちはロキシーを気にも留めない
・それがシカゴ
・出所したロキシーはヴェルマと組み再び脚光を浴びる
kiki

kikiの感想・評価

4.3
もっと早くみればよかった。

これ超大好き!!!!!!!

ちゃんとミュージカルと映画が融合されて、下手したらミュージカルより作りが楽しいかも(生の舞台には負けますが。)

そして、どのナンバーも好き
ダンスがまじでかっこよくてセクシーだし
曲も飽きずに聴ける。

こんなワクワクしたの久しぶり。

エイモスちょっとおバカさんだからなぁ…幸せになってほしい🥲
kick

kickの感想・評価

3.8
舞台って感じのミュージカル映画。

曲と華やかなセットが良く、悪いことしたやつがちゃんと痛い目見る。
いはん

いはんの感想・評価

4.0
“All that jazz.”

真実がなにか?
そんなことを気にする人なんて、いないも同然。見せられたものを信じ、導かれた道を進む。馬鹿みたいと思うだろうが、誰もそこから逃れられない。

面白ければいい、人目を引ければいい、なんでもいい。Entertainment first、そんな世の中なのさ。今に始まったことではない。情報化がこれをさらに助長しているだけである。まじまじと映画で見せられると反吐がでるが、実は最初から生活の中に溶け込んでいるのだ。程度はあれ、私たちは最初からEntertainment firstを受け入れているのかも。

キャサリンゼタジョーンズがとにかくセクシーであった。あんまり好みに合わないレネーゼルウィカーだが、その演技力と表現力の高さには脱帽。
まる

まるの感想・評価

3.5

このレビューはネタバレを含みます

思ってたより血みどろアングラ世界だった、、笑
バーレスク的な感じと思ってたけど、もっと妖しかった
常に注目を集めるためにあの手この手で花火を上げ続けてる感じ、、、
あそこまで名声にしがみつくショービズ界の怖さ、、、

舞台がほぼ刑務所と法廷のみ、ってのも面白かった!

殺人犯の言い分がめちゃくちゃおもろかった
アメリカンジョークって感じ笑笑

ヴェルマとロキシーの設定が対照になってるのも面白かった!
二人とも、弁護士も、めちゃくちゃ歌とダンスがうまい、、、!!
法廷のシーンの裏のタップダンス、めちゃくちゃ痺れた!心理描写もできちゃうのか!と驚いた

ロキシーの旦那、気の毒すぎる、、
おバカすぎて胸が痛くなってくる、、
アンタ、利用されてるよ、、、
最後立ち去ったのはよかったけど!

基本ずっとミュージカルシーンで、ドラマパートが少ないのも面白かった!

頭と終わりでオール・ザット・ジャズ使うの、ぶち上がった
冒頭からずっと、これがジャズだと紹介されてたのね

ジャズめちゃくちゃ好きだなあ〜と思えた!
苦手なミュージカルだけど、
好きなゼルウィガーが出てるからか、
スムーズに見れた。

📼
りな

りなの感想・評価

3.6
日常がショーに!
人生を目立たせるのも、華やかにするのも自分次第。
女の貪欲さが見える作品
Makittar

Makittarの感想・評価

4.0
大人なミュージカル映画
舞台は100年前のシカゴ

All That Jazz, Mr.Cellophaneってシカゴの曲だったのか。
ママの曲癖になりそう
記者会見の演出すごいよかった

ちょいちょい「あっ!」ってなる俳優さんが出てくる
>|

あなたにおすすめの記事