ジェームス・ブラウン 最高の魂を持つ男の作品情報・感想・評価・動画配信

ジェームス・ブラウン 最高の魂を持つ男2014年製作の映画)

Get on Up

上映日:2015年05月30日

製作国:

上映時間:139分

3.7

あらすじ

「ジェームス・ブラウン 最高の魂を持つ男」に投稿された感想・評価

とても楽しめた。ミュージシャンの伝記映画としても出色の出来では。なにより、ライヴの再現がすごい。当時の熱狂が伝わってくる。それに加えて、J.Bが憑依したかのようなチャドウィック・ボーズマンの演技。ステージでの人間離れしたダンス、シャウトするときの表情から日常のしゃべり方まで、J.Bだ。物語としても飽きさせない。数奇な人生の各時代を行ったり来たりしながら、その人物像に迫っていく。J.Bはミュージシャン・ショーマンとしても超一流だが、ビジネスにおいてもとても鋭敏だったことが分かる。バンドのメンバーから罰金を取っていたことや、DVなどの厄介な面もしっかり描かれている。
kazu

kazuの感想・評価

-
動き、歌い方、話し方、すごく研究して練習したんだろうな、すごく上手い。
その時代の曲が好きだから主人も、関心してた。

野球の映画 42 世界を変えた男 もすごく良かった。まだ、アベンチャーズに出るずっと前だったから、あとで、この人があの42の人だったんだって、わかった。
全然その役で違う。上手い俳優なんだろうな
映画を観てるんだけど、心の隅に
チャドウィックボーズマン…亡くなったんだ‥って、思いがあって…悲しかった
あらすじ(映画.comさんより)伝説のソウルミュージシャン、ジェームス・ブラウンの半生を「ヘルプ 心がつなぐストーリー」のテイト・テイラー監督、「ザ・ローリング・ストーンズ」のミック・ジャガー製作により映画化。貧しい南部の家に生まれ育ったジェームス・ブラウン。両親に捨てられ、叔母に引き取られたジェームスは、教会で聞く音楽だけを希望に、孤独な少年時代を送る。10代で窃盗により刑務所へ入ることとなったジェームスは慰安に来たゴスペルグループのボビー・バードと運命的な出会いを果たす。ジェームスの才能を見抜いたボビーは彼の保証人となって釈放、ふたりが中心のバンドを結成し、ジェームスの才能は見事に開花する。その一方で、破天荒な行動や派手な女性関係により、ジェームスは仲間との確執を生んでしまう。そして、常に彼を支え続けてきた親友ボビーも去ってしまう。ジェームス・ブラウン役に「42 世界を変えた男」のチャドウィック・ボーズマン。(https://eiga.com/movie/80623/)

JBの歌はやっぱどれも良い!無条件にテンションあがる!!

チャドウィック・ボーズマン、ジャッキー・ロビンソンとかティチャラとか生真面目な役のイメージが強かったけど、流石の演技力だった。破天荒でファンクな男になってました!!喋り方とか独特なダンスとかマイク捌き(?)とかめちゃくちゃ研究されたんやろうな…アクションもできて、踊りもできるんかい!本当に惜しい人をなくした…

たまに第四の壁壊して、語りかけてくるJB、行き来する少年時代とJBとしての輝かしい日々…他の音楽アーティスト伝記ものよりも若干わかりづらかったかも。重要なシーンっぽくはあるんだけど、演出がかなり抽象的で何を言いたいのか正直わからんかった部分もある。私の理解力不足も大いにあるやろうけど。
なので最後の終わり方も私的にはふわっとしてたな…と。まあでも破天荒な人だったし、人間の複雑な一生が起承転結のしっかり構成で語れるわけもないし、仕方ないっちゃ仕方ないのかも。こういう伝記もの(ロケットマンとかボラプとか)でありがちな「いろんな苦悩はあったけど、解放された、良かった!!」みたいな解放感、爽快感はあんまりなかった気がする。

文句っぽくなってしまったけど、JBのエンターテイナーとしてのプライドはもちろん、過酷な過去、音楽的なカリスマ性、既存の枠をぶっ壊してより良く、より効果的に売り上げるビジネスパーソン的な力などなどいろんな側面を知れて面白かった。す…すげえとなる。

あとおお!っていう有名アーティストが劇中に登場するけど、ネタバレとして書きます。

コメント欄ネタバレレビューあり
JBというかなり難しいテーマ、この映画吉か凶かとハラハラしたけど、結果かなり良かった。
チャドウィック・ボーズマンが演技、ダンスともに素晴らしい。歳を重ね、深みの増した姿を見たかった。本当に残念。
ジェームス・ブラウンの名前は聞いたことあるぐらいで特に知らず。

「これ本当にあったことか?w」って思うようなことが、鑑賞後に調べたら実際にあったことばっかでビックリ(;・∀・)

ジェームス・ブラウンの若かりし頃から晩年までを演じるチャドウィック・ボーズマンの変身ぶりに驚き!


※放置してたのを登録するため簡素に
時系列が行ったり来たりで混乱して
分かりにくい所もたくさんあったけど、
JBの音楽と主演のチャドウィック・ボーズマンの演技力がかなり素晴らしくて、
最後まで面白く鑑賞できた😚✨
masaG

masaGの感想・評価

4.0
ライブシーンが最高! 痺れた。

チャドウイック・ボーズマン、本物そっくり。素晴らしい。
emikoth

emikothの感想・評価

4.0
とにかくライブシーンかっこよすぎた!

偉大なる俺様、JB!
そして、偉大なるチャドウィック・ボーズマン!
maimie

maimieの感想・評価

-
JBの人生、暗く描こうと思えばとことんできるだろうに、この映画はとても軽快に描く。私といえば、音楽最高、JBマジカッケェ、明日から聴こ、という単純具合である。
親に見捨てられてきっと今で言うACだったのだろう、愛情を試して、試しすぎて人が離れていくのまじわかる。(語彙)
と同時に現代まで続いている、現代で浮き彫りになってきている問題の根本を少し垣間見た気がして、さあどこから知っていこうかという感じ。(私はフェミニストではないけど、女性のぞんざいな扱いも気になったし)

夫メモ
「こんなことされてちゃ差別されてる側はずっと怒るわ」
「映画が暗くないのはJBが(エンターテイナーとして)陽気に振舞ってたからじゃない?」
Abby

Abbyの感想・評価

-
天才でも支えてくれる人が必要なのは一緒なんですね。

この人の折れない精神が凄い。
>|