ジェームス・ブラウン 最高の魂を持つ男の作品情報・感想・評価

ジェームス・ブラウン 最高の魂を持つ男2014年製作の映画)

Get on Up

上映日:2015年05月30日

製作国:

上映時間:139分

3.7

あらすじ

音楽の歴史を変えた、“ソウル界のゴッドファーザー”、ジェームス・ブラウンの栄光と挫折、そして知られざる友情を描いた、真実の物語。伝説の裏に隠された実像が今、明かされる—。

「ジェームス・ブラウン 最高の魂を持つ男」に投稿された感想・評価

ENDO

ENDOの感想・評価

4.0
JBは家族であれバンドのメンバーであれ、JBという偶像であることを選んだ。その孤独たるや……。彼を発見して長年連れ添ったジミーとの訣別も泣いてしまう。極貧から、凄まじい上昇志向でセルフプロデュースし登りつめていく様は狂気。音楽と直結する熱さと冷めた人間関係の対比が上手く描かれていた。第4の壁を超えて観客に語る手法もJBのキャラクターと合っていた。
ファンクの生みの親として、ビジネスマンとしてJBがどんな存在だったかがよくわかる伝記物 。

天才でありながら常に孤独だったJBを支えてきた親友のボビーも割と重視して描かれていた印象。

ローリング・ストーンズとどっちが取りを演るかみたいな下りは、ミック・ジャガーがプロデュースしてるのと関係あるのかなーとか思った。

追記:公民権運動などの最中、白人と手を組んで成功をつかんだ黒人ミュージシャンには色々葛藤があるみたいだけど、JBとかカーティス・メイフィールドはそれでも最後まで一応明るく生きたように描かれる一方で、ダニー・ハサウェイは自殺に追い込まれてるのは、やっばり悲しい。
マト

マトの感想・評価

4.6
とても優れた音楽もの。問答無用にJBが聴きたくなるかっこよくて熱い映画だった。JBが才能に溢れていた表現者だったことがよくわかる。それとビジネスに長けていたことも。それにしても主演の人の演じっぷりすごいねぇ。
劇中でJBちょいちょいカメラ目線。
ひな

ひなの感想・評価

3.8
これは観てほしいなぁ〜
成功しても仲間が居ないと人生寂しいよね…
sayuki

sayukiの感想・評価

3.6
JBも好きだし、ライブも
良かった。

う〜ん言葉にならない
引っ掛かりが・・・

なんだろう
そのうち、また観よう
somebody

somebodyの感想・評価

3.7
WOWOW #1701113

画面に華がない。笑 2時間ドラマぽさすごないですか。映画というよりは。

ネルサンエリスのご冥福をお祈りします。
Bom

Bomの感想・評価

3.2
幼少期のエピソードが想像を絶する

初観作品2017年~379本目
hirokeeen

hirokeeenの感想・評価

4.6
開始早々流れる「Get On Up」に、Lockerなら思わず体を揺らしたに違いない。彼が誰もが憧れるビッグスターへと登り詰めることができたのは、天性の才能と自信を持っていたからだ。特に彼の常人を逸する過度な自信とナルシチズムは、周囲の人間を突き放し彼を孤独にさせた。まさに「孤高」という形容がふさわしいソウルシンガー、ジェームズ・ブラウンの一生を描いた物語。
みつお

みつおの感想・評価

3.7
かっこいい
エゴにまみれた孤高の天才ジェームス・ブラウンの一生を描いた映画。
アーティストとはわがままで在ることを強く感じた。
流れてくる音楽わりと全部好きだった!めちゃノリがいい感じ!
スターには辛い過去があって才能を発揮するキッカケがあるもんだよね。加えて彼のように高いプライドとか自分が上に立っているんだと思わせることが必要なのかもしれないけど、こういうタイプの人間は俺がめちゃ苦手なやつだwwwだからわりとイライラしました笑
最後の歌はちょいと感動したけど。
ボビーバードさんが優しかったな。彼に感謝すべき!黒人さん見分けるの難しい!
てか何かアメリカって実力あれば何でも許される感じだよね!日本だったらJBはのしあがれてなさそう!
>|