ジェームス・ブラウン 最高の魂を持つ男の作品情報・感想・評価

ジェームス・ブラウン 最高の魂を持つ男2014年製作の映画)

Get on Up

上映日:2015年05月30日

製作国:

上映時間:139分

3.7

あらすじ

音楽の歴史を変えた、“ソウル界のゴッドファーザー”、ジェームス・ブラウンの栄光と挫折、そして知られざる友情を描いた、真実の物語。伝説の裏に隠された実像が今、明かされる—。

「ジェームス・ブラウン 最高の魂を持つ男」に投稿された感想・評価

あだち

あだちの感想・評価

3.8
陛下…JBなりきりすぎじゃないすか…めちゃくちゃアガる。
内容的には全く期待通り。JBの名曲次々。時系列少しややこしいかもだけど成り上がりと落陽がクッキリで明快だしいい味出てます。相棒の人生に想いを馳せ、あぁっってなります。普通に良作。ワカンダフォーエバー!
pachi

pachiの感想・評価

3.4
ジェームス・ブラウンの半生を描いた本作。彼のようなスターのお話はいつもパワフルで勇気をもらう。音楽がとても輝いていた頃、そう思う。
#ぱち映画 #映画 #おすすめ映画 #おすすめDVD #movie #movielover #映画部 #映画好き
Tomo

Tomoの感想・評価

4.5
ジェームズブラウンの半生を描いた作品。彼のこと実際はあまり知らなかったからいい機会だったー!家族、親友、バンドメンバー、レーベルのマネージャーなど彼を取り囲み人々との繋がりと別れを経てファンクの帝王と言われたんだと思った!
キング牧師の暗殺前後で黒人音楽を牽引して来た存在としての苦悩など音楽を通して学べた気がする!
そしてチャドウィックが余りにもJB過ぎて、ダンスも姿も声もそっくり。流石です。
犬

犬の感想・評価

3.6
ゲロッパ

伝説のソウルミュージシャン、ジェームス・ブラウンの半生をテイト・テイラー監督、ミック・ジャガー製作により映画化した伝記映画

黒人のため

見応えありました

歌うシーンが多くあり、楽しめました♪
そしてあの歌ですね

子供時代が辛すぎる
いろいろと時代が行き来します

チャドウィック・ボーズマンが似てる!
あとこちらに向かって話してきます
ヴィオラ・デイヴィスも印象的でした
アル

アルの感想・評価

4.0

このレビューはネタバレを含みます

JBの歌は好きでもなく嫌いでもなく なので映画としての評価をします。

彼の半生を知ることができ好きにもなれた。途中少し退屈に感じたが面白かった

ここまで名の知れた黒人がただの天才だけではないのが凄い 苦労人でもあり努力家でもある。Topに立つ器もある
lili

liliの感想・評価

4.3

このレビューはネタバレを含みます

JBは今まで『ブルース☆ブラザーズ』のハイな牧師としてしか知らなかったが、彼の思考の成り立ちや多面的な人となりと、それを周囲の人物たちがどう理解して受け入れあるいは離れていったかが、彼の生い立ちから時に独白や迫力のあるライブシーンを交えてテンポよく描かれていて、JBの波乱の人生をそのまま追体験しているかのようにさえ感じた。
しかしチャドウィック・ボーズマン、演技もダンスもJB過ぎる…。どんな身体能力なんだ。かっこええ〜。
『ブルース☆ブラザーズ』の静かなほうの方が出演していたのはとてもアツいしウケた。
miho

mihoの感想・評価

3.8
JB!JB!
ボス!ボス!
キング!キング!

才能とカリスマと自信の塊。
己を奮い立たせるパワー。

チャドウィック・ボーズマンの
金色のつなぎ姿がカッコよすぎる!
セクシーすぎる!

実の親の愛に恵まれなかった幼少期から
這い上がり、スターになったキングの
物語をテンポ良く描き、名曲も満載の
造り手の愛を感じる作品でした。
友情も万歳!
yuri

yuriの感想・評価

4.4
JBの大好きな曲がたっくさん流れる最高!

そしてそしてブラックパンサーのチャドウィックボーズマン、
喋り方から動きまで完全にJB。すごい。
あの喋ってるだけなのに歌ってるみたいな話し方私も取得したいわ。
n

nの感想・評価

4.3
楽しかった!何といっても歌って踊って大暴れのチャドウィック・ボーズマンがめちゃくちゃ最高。あの凄まじいステージは『シビル・ウォー』や『ブラックパンサー』より動いてたのでは…!?どんなにファンキーな衣装でもギラギラでなくキラキラになるところはさすが陛下です。

見終わって即『ブルース・ブラザース』を再生してしまったので、今日はもう踊り疲れた。
sachiyooon

sachiyooonの感想・評価

3.7
毎日毎日ウォークマンでJB聴いて、ノリノリだった過去を思い出した。
やっぱ天才‼️
>|