たまたまの作品情報・感想・評価

「たまたま」に投稿された感想・評価

疲れていたのか泣いてしまったなあたしは蒼井優ちゃんがずっと永遠に大好きシガーロスも大好き。
たまたま君がいる。たまたま私がいる。できるだけ君を笑わせてあげたいな。
空気の美味しい作品のよう。

美しい景色、音楽、映像。
蒼井優さんの、
純粋さを感じる演技も素敵です。

どういうストーリーなのか終盤まではっきり描かれないのですが、
最後の方で、あっそういうこと…。となって、もう一度見直してみたくなります。

観賞後は、自然が溢れる場所に出かけた時のような、澄んだ気持ちになります。
シガーロスきくための映画のような気がしてきた。見返してみたけどすごい眠かった。
凄く良かった。
広大な風景、アイルランドの人々、流されゆく蒼井優、少し陽気なシガーロス。
何もかもが澄んでいて浄化された。
寓話的で美しい世界観を、どこかひっくり返してしまうんじゃないかと思わせる蒼井優はやはり凄い。
たまたまフィルマークスで、たまたま誰かのベストで見掛けて、たまたま近くのツタヤにあって借りました。
ロバも出てくるし最高。
たまたま、という言葉の柔らかさが救いになる。凝り固まってた頭にやさしく油注いでもらった気分。
音楽と風景と蒼井優が溶けて一体化しているような映像、うつくしいにも程がある!
同じ監督の「もち」を死ぬほど見たいのだけれど、観る手段が無いので、過去作をチェックするという定番の流れ。
多分伝えたいメッセージは観なくてもわかってしまうかもしれません。
それでも観るのは、この作品で蒼井優という女優は「人間」という扱いをされていなくて斬新な気がするところだったり、カメラワークが所々ホラーくさかったり、全体を通してふわふわしているが実験的な作風が漂うからだと思う。
ちなみに一緒に見たやつはぐっすり寝ていました。音楽も心地よいので、それもまた一つの見方かもしれない。
蒼井優って自分の想像より柔軟な人なんだろうな、多様性に寛容な人なんだろうな、ただ美しいだけの人ではないんだなぁってこの頃思いました。
zoe

zoeの感想・評価

3.8
素敵な、運命やらたまたまやら巡り合いやらの物語。詩的で感覚的で芸術的な映画。

“たまたま”って偶然だけど必然で、運命だったりする。

アイルランドの壮大な自然と色とりどりの街並みと行くべきところに行き着くまでに出会う様々な人たち。

希望の飴、太陽の色した希望の飴、希望が生まれる希望の飴。

「よーく見ると色んなものが見えてくる」

頭の隅になんとなくでも留めておくと、いつだって、どんなときだって、役に立つだろう言葉。

蒼井優さんの素直な可愛さが真っ直ぐに伝わってきた。監督さん、きっと彼女の持つ魅力を良く理解しているんだろうなって思った。
たまたまというのは、「今の自分が存在することは奇跡であるからすべてに感謝😌」ではなく、たまたまでしかないから気負わず行こうぜ〜って気持ちになれる。良い時間だった
魚子

魚子の感想・評価

3.7
写真集をぱらぱらめくっているような気分でみれる映画。いまは無性に飴が食べたい
torosasa

torosasaの感想・評価

4.9
俳優というのは何者なのか。
改めて感じたけど、本当にすげー職業だと思う。人の喜怒哀楽を背負い込んで表現する。なかなか重たい仕事だと思う。

そしてそれもまた、たまたまのようでたまたまじゃなくて。
>|

あなたにおすすめの記事