ユモレスク 〜逆さまの蝶〜の作品情報・感想・評価

ユモレスク 〜逆さまの蝶〜2006年製作の映画)

製作国:

上映時間:72分

3.4

「ユモレスク 〜逆さまの蝶〜」に投稿された感想・評価

marika

marikaの感想・評価

-
高校生ぶりに見たけど私の中で日本のガールズムービーと言えばこれ。太田莉菜と美波。まだティーンの二人がくるくると髪型と衣装を変えてはしゃぐそれだけで目が喜ぶ。雨音から始まるこの映画を偶然今日みたいな雨の日に見れてよかった。
タニー

タニーの感想・評価

3.0
夢見心地な映画。
現実的ではないフワフワ感。
内容はどーでもよくて、そのフワフワ感を観る映画かな。
出演者もモデルさんや個性派な方々でした。
yum

yumの感想・評価

-
日本版【ひなぎく】かと思って見てみたものの、そうではなかった。
こういう作品もあるんだな、とながら見で鑑賞するのがちょうどいいと思う。
dodo

dodoの感想・評価

3.0
古道具屋。
可愛いがつまった空間に、女子高生がふたり。
恋。
どれが本当の君なんだい?
いや、どれも本当の君か・・・
kassy

kassyの感想・評価

1.3
17、18歳の太田莉菜ちゃんと美波ちゃんの可愛さを切り取ったという意味で価値のある作品。
2人がきゃっきゃしてれば無敵のパワーを発揮する。

内容はない。
芸術性もそこまでない。
ブツブツと途切れるシーンの連続と拙い演技と撮影にどこまで耐えられるか。
ストーリーはあまり引き込まれなかったが、とにかくビジュアルを楽しむ映画。

何年たってもあのビジュアルと世界観が忘れられない。
ピンナップ・ベイビー、というよりはユー・メイ・ドリームって感じ。
kyoko

kyokoの感想・評価

3.8
この2人か
マリオンコティヤールの顔が
まじに理想って話ししてたら
出てる映画あるよってなって

もう美しすぎて至福の時間やった
お話はとっても簡単。

古道具に埋め尽くされた部屋に住むエイミーとソニーが18才という青春を謳歌するガールズムービー。

表はね。

では水面下へ。

エイミーは学校へは行かず、たまたまバーで見かけたジェイに夢中。背伸びしたくて大人っぽいドレスを着たり、無理にお酒を飲んだり。

ソニーは学校ではぼっちで家庭に問題を抱え、エイミー家でギターを弾いたり、写真を撮ったり。

二人とも本名があるけど、あだ名を付けて「ごっこ」してる。

自分じゃない自分になりたくて背伸びしてる。

でもふたりが揃うと無敵。

「外」に悩む者と「内」に悩む者。ふたりでひとり。

今じゃない今を弾むように過ごしてる。

ソファーの上で色違い双子ちゃんコーデで背中合わせで

「ねー」

「へへーんだ」

でもそれもいつかは終わることふたりとも知ってる。

刹那の風が寂しい余韻を体に張り付かせる。

「十年後の私があざ笑ってた。私の若さを」

オシャレなPVのようで、ソフィア・コッポラみたいな色彩感の中、全てが浮くように切なく儚い。

だからこそ今が眩く映える。

分身を重ねた蝶が未来からこちらを見ているよ。

(追記 予告編がオシャレ過ぎる (´ω`))
mono

monoの感想・評価

3.0
太田莉菜ちゃんが好きというだけで買ったDVD
久しぶりに観たけどやはり面白くはない。
ただただ可愛い。
可愛すぎる!!
>|