あえかなる部屋 内藤礼と、光たちの作品情報・感想・評価

あえかなる部屋 内藤礼と、光たち2015年製作の映画)

上映日:2015年09月

製作国:

上映時間:87分

3.4

「あえかなる部屋 内藤礼と、光たち」に投稿された感想・評価

豊島(てしま)美術館へ行ってから
本作を観ようと思いつつ数年が経ってしまいました。

豊島は直島と共に3年に1度開催される
瀬戸内国際芸術祭の会場(島)の1つです。
豊島には豊島美術館の他にもインスタレーションは多数あります。

豊島美術館は母型と言われる
真っ白のドーム型をしていて
すべすべしている床の至る所から
水が1滴1滴湧き、
粒が水溜りになり
大きくなった水溜りは低い場所にながれ
穴に入っていきます。
そんな光景をみているだけで
癒され、いつのまにか時間が過ぎてしまう
そんな空間です。

その母型の作者の内藤礼さん。
監督の中村祐子さんが2年間アプローチしましたが、結局内藤さんの姿は映画には登場しませんでした。

本作は内藤礼さんのドキュメンタリーではなく監督が母型と接し感じたものを構成した監督主観のドキュメンタリーだと思います。

母型に集まった年齢も職業も様々な5人の女性たちが纏まり発言し言葉が流れていく様は
母型の中の水の流れに例えられるのかな。



豊島美術館を知るには良いですか
あの空間を実際に体験したほうが数倍も良いですよ!
内藤礼氏の作品をとおしてひとりの女性が生と死についてのドキュメンタリーを撮影した作品。作品と出逢うことで溢れる想いが、こんな風に映像化するなんて。きっとほんとうは、わたしたちもひとつひとつ出逢った作品たちを振り返ると、こんな風にひとつの映画になるほどに、たくさんのことを受け止めているのかもしれないけれど、ほんの少し感想を持ったら、日常のなかに溶けて見えなくなるのですね。アートについて、深く考えさせられました。
ハル

ハルの感想・評価

3.0
直島に行く前に内藤礼を知っておきたくて鑑賞。もっと作品のことを知りたかったなぁ

行けということかな
17/08/08 DVDにて

1つの物語が

誰かの物語に

なりますように..
も

もの感想・評価

3.4
紙の音や布の擦れる音が印象的。
突如展開を変えることになった経緯にも
アーティスト内藤礼さんの芯を感じた。
水滴を見る目が変わりそう
Omgmogmgo

Omgmogmgoの感想・評価

3.0
美しいけど、なんか、出演者方々のドキュメンタリー⁇ 途中から何観てるんか分からんくなった。

もっともっと作品のことを知りたかった。説明が抽象的すぎて、婉曲しすぎて、わたしが理解出来てないだけ⁇はてなはてな

確実に言えることは、ここは実際に行くべき。🏃
mew

mewの感想・評価

5.0
ずっと観たかった映画です

内藤さんの言葉ひとつひとつが
すごく美しくて繊細で
ひと時も目を離せなかった

5人の女性もすごく素敵で
映像も全てが美しい

豊島美術館は絶対
生きているうちに行く
recycle

recycleの感想・評価

4.0
改めて内藤礼さん本当に素敵だと思った。あと映像が洒落てた。
お雛

お雛の感想・評価

4.1
ずっと観たかった。
予告よりも、ん?って感じだったけれど、映像美は確実で、勉強になった。

美術が閉じたものでないと確認したい。

という思いをする事こそが素晴らしいし、ひとつひとつの言葉に芸術を感じました。
※個人的には豊島美術館に行かれてから観る方が伝わるように思います。

「生」を感じるとても詩的でスピリチュアルな作品。

結論から言うと求めていた作品ではなかったのだけど、冒頭のやりとりで監督の目指したものも違ったのだろうなぁと思った。

内藤礼さんのドキュメンタリーではなく、監督が「母型」と向き合った作品かな。

私がこの作品を観たいと思ったのは、また母型に包まれたいと思ったからだ。行った人なら必ずそう思える場所。監督もそんなひとりだった。

母型は、母体の中のような不思議な空間。

「生まれることの奇跡。
つくることと生きることの区別できない危うさ。」
そんな言葉がよく似合う場所。

私が行ったのは夏の日差しが降り注ぐ快晴の日だった。

ジリジリと火照るのにひんやりと感じる母型の中で揺れる雫を見ていると私の心も吸い込まれていきそうだった。

生命を繋ぐ臍の緒ような白いリボンに虫たちの存在。ここで四季を感じたい、ここにずっといたいと思わせられる。

はじめてなのに懐かしい。
でも、優しいだけじゃない。
儚さとさみしさとあたたかさが同居しているような、透明と白をマーブルにしたような世界。

寝そべって空を仰ぐと涙が溢れそうになった。

自然に帰れそうな気がするのに生きている限りは還れない。
息を止めても呼吸を感じ、沈黙を貫いても無にはなれず、閉じ込めても煩悩が浮かび上がる。

それでも、真空になれたかのような、自分を手放したかのような感覚になれた。

ああ、また豊島に行きたい。

言葉の不完全さに踊らされ、わからないふりも、わかったふりもしている私たち。
掴めないものこそ実体で、意味を求めるから迷子になるのかな。

映像や言葉で語るには難しい題材だけど、内藤礼さんの心に沁みる感じが伝わればいいな。

keyword
シモーヌ・ヴェイユ