世界はときどき美しいの作品情報・感想・評価・動画配信

「世界はときどき美しい」に投稿された感想・評価

北

北の感想・評価

3.6
ちょっと語りが多くて分かりやすすぎるかもとも思うけど、良い映画
短編の作品が5つ収録されています。どの物語もセリフがとても詩的で、詩集を映像化したような作品でした。夜の微睡みの中で鑑賞しましたが、とても情緒的で素晴らしかったです。
この映画、何年か前にTSUTAYAでレンタル落ちで333円でDVD購入し、鑑賞。

ちょうど昔、学生の頃、この映画の様な映画を撮りたいと思っていた感じの作品でした。

短編がいくつかあり、松田優作の妻だった松田美由紀、長男、龍平さんもでてます。

ある話には、柄本明がでてきますが、僕のお父さんが柄本明そっくりだったんです。(苦笑)

それはいいとして、それぞれの人たちの人生の一部を切り取って映画にした、ちょっとホッコリする様な、観ていて気持ちのよくなる作品です。
深緑

深緑の感想・評価

3.5
この何て事の無さの心地好さ。

漠然とした憂いの帯び具合に岩井俊二を感じる。

小泉と言えば進次郎より孝太郎だし、市川と言えば美和子より実日子。
成笑

成笑の感想・評価

3.0
柄本明の首を持っていかない、グラスだけを傾けて口に酒を含む所作がいいな。

2022/01/07
ryo

ryoの感想・評価

3.3
8ミリの質感と それぞれの世界観が合わさって そのすべてが この作品を創りあげてる

5つの世界 どれも美しい
ジョン

ジョンの感想・評価

4.6
「頭のいい人ってずいぶん楽観的だ」

詩集を読んでいるような不思議な感覚

オムニバス

詩の内容を絵で足してくれてる感じ
このノスタルジックな8ミリフィルムの映像が哀愁漂っててとても美しくすごく良かった。たまに流れる音楽も良い

個人的に柄本明さん好きなのでBARの話が良かったけど、どの作品も好き

作中の台詞の一語一句を漏らさず絵で伝えてくれてる気がしてこの監督はすごく言葉を大切になさってる方なんだろうなって思った

同じニュアンスでも違う言葉がある日本語の美しさと奥ゆかしさ

観る時のその時々の自分のテンションでこの作品の受ける印象変わるかも 

また酒飲みながら何も考えず頭真っ白にしてゆったり観たい 時間もちょうどいい

「女は男が想像する子供に形を与えてくれる」

いい映画だったなぁ🎬
明日朝から用事あるってのに寝れなくて、惰性で見始めた。オムニバスだから、「この話終わったら寝よう」って思ってたら全部見てしまった。結局寝不足で明日を迎える羽目になった。
miya

miyaの感想・評価

3.8
詩みたいな写真みたいな映画
幸せでも不幸せでもないそれは案外惨めなことかもしれない

あとこの時代の松田龍平の美しさったら、(泣)
ic

icの感想・評価

4.0
悲しいことが怒ると開いた傷口に瘡蓋ができるまでバーに居たくなるーーー


わかる!!!と頷きたくなる台詞が詩のように読まれる。写真集をめくってるようなカメラ構図も最高。

ロマンチックで現実的で、その塩梅に強く惹かれる。
>|

あなたにおすすめの記事