ペタル ダンスの作品情報・感想・評価

「ペタル ダンス」に投稿された感想・評価

らう

らうの感想・評価

4.0
画がきれい。
セリフがずっと詩的で胃もたれするけど割と嫌いじゃない。
torosasa

torosasaの感想・評価

5.0
ご本尊主演作品

まず私の好きな女優2人が共演してる時点で胸熱。大先生と安藤サクラさんの会話は時々、これアドリブなんじゃねーかって思えるぐらいの自然体な感じ。非常に良かった。

海辺の木を見つけて
ミキみたいじゃない?のシーンが好き
いち麦

いち麦の感想・評価

2.0
ドリフト感漂うスキャット=菅野よう子による主題歌は素晴らしい。ロケ地も見事。なぜトレーラーの様に音楽と映像を一体化させなかったのか。意味深長な物語を用意しておきながら、この希薄な人間関係は余りに嘘っぽすぎる。
いずみ

いずみの感想・評価

4.0


言葉は繊細だなぁと。。
見えない心は大切にしないと。。
素敵な映画やった
一言では語れないね

ゆっくり時間が流れて、ゆっくり心が動いて行く
そんな映画!!
壊れやすい心を傷つけないようにお互いを気遣って一言一言選ぶ言葉。
一つずつ端折らずに言葉と時間を重ねる。

良い雰囲気の映画でした。
櫻

櫻の感想・評価

-
生きている、しろくゆれる。

風にゆれる花びらのように、かすかに、目をこらさなければ見えないくらいにゆれている。目に見えているものがどれほどあるだろう。見えないものを見えないまま、ただそれらが在るということを知っている人はどれほどいるのだろう。わからないをどうしても超えられないのに、いつも知りたがりなのがわたしたちだ。

何を考えているのかわからない横顔。曇った窓ガラスに描いた模様がとけていくのを見つめていた目。空回りしてついた傷跡がなんか愛おしくなった寒い日。

風のかたちをしている木を、いつかのあなたの影に重ねて見つめていた。
マミ

マミの感想・評価

-

美しかった。
テンポが心地良い。

安藤サクラの存在感がハンパない。大女優だと思う。
Iri17

Iri17の感想・評価

3.0
映像的には綺麗だけど特別なことはやってないし、ストーリー的にも引きこまれない。集中して観ないとなんか綺麗な映画だったなで終わってしまう。

うーん。
Hiii

Hiiiの感想・評価

2.7
キャストは全て大物ばかりなんだけど…
透明人間になって一緒に傍観しているような感じで引きの後ろ姿の構図が多い。
影になって分からないシーンが多いけど、良い演技だから表情とか分かるようにもっと効果的に写してほしい。
少し勿体ない感じ。

自然体でアドリブっぽい感じで言葉を言い直したり被ったり、それがまた現実っぽさと距離感を感じられるこの映画の良さなんだろうけど、ちょっと違和感を感じたり不安にさせたり。気分が暗くなる。

安藤サクラはいつでもズバ抜けて自然体の演技。宮崎あおいは可愛い。吹石一恵はとても美しくて、忽那 汐里が加わることで良いアクセントとなっている。
それぞれが違っているから良い。

終始ものさみしい冬の寒空と灰色だけど、最後に光が差すシーンとそこでかかるトラックとエンドロールの音楽がなんか良い。
『笑って生きていて』は辛い時に自分に言われたような気分になった。
くぅー

くぅーの感想・評価

4.0
my映画館2013#55> 宮崎あおいと安藤サクラに忽那汐里に吹石一恵、存在感のある女優達の共演を見たさに映画館へ…正に小旅行をした様な、いい時間を過ごす。

そう、風が印象的なように、いわゆる感じる作品ゆえに、覚悟されたし。

語られるのは、シンプルに生きるコト…それぞれにいろんな想いを抱えてるのだが、それも生きていてこそで、生きているからこそ絆が芽生えるし、素晴らしい自然も感じられる。

女性達ならではこの距離感を見事に描いた監督に脱帽…タイトルのペタルは花びらの意味で、冬景色ながらも、4つの花びらが確かに舞う余韻。
>|