イヤー・オブ・ザ・ホースの作品情報・感想・評価

イヤー・オブ・ザ・ホース1997年製作の映画)

YEAR OF THE HORSE

製作国:

上映時間:107分

ジャンル:

3.6

「イヤー・オブ・ザ・ホース」に投稿された感想・評価

この世で一番カッコいいおっさんがひたすら轟音ギターを掻き鳴らしてる姿は本当に震える。
ニールヤングの存外自体が好き✨この頃の音が好きかというと?個人的にはもう少し前のハーベストとかアフターザゴールドラッシュが大好き✨
ジムジャームッシユが監督で1997年となってますが古い画像も出てきてかなりマニアックな内容?なぜか今初めて観賞。
ShotaTerai

ShotaTeraiの感想・評価

5.0
バカでかいステージの真ん中でメンバーが身を寄せ合って演奏するシーンでは鳥肌が立った
大昔に今は亡きシネマライズで観ました。
ノリノリ爆音ライヴ映像をひたすらじっとして観るのが苦痛でした。日本人は我慢強いなと思いました。
ジム・ジャームッシュが手掛けた90年代のニール・ヤングというよりも、クレイジーホースのライブ映像を収めたドキュメンタリー。
ここで焦点を当てられているのはバンド全体としてのクレイジーホースについてであって、冒頭でマジギレするニール爺さんとそのメンバーのやり取りがリアル。
それでも長年やり続けている姿勢やメンバーの発言などからバンドについて考えさせられる。
と言っても特別なドキュメンタリーというわけでなく、良いライブ映像として観れる。
ソロで一音を延々と弾き倒すニール・ヤングがまさにギターの鬼。
Kibasyan

Kibasyanの感想・評価

4.1
現役バリバリ感。ネルシャツと短パンの時点で既に若返っている。バンドワゴンで流れる何気ない風景もジム・ジャームッシュの良さが出ている。
大好き。ただ、ニールヤングとジャームッシュが合わさった神。
思い出の映画。
熱量お化けのアラフィフ。

見た目の小汚さに反して天使の歌声なのと、
太く歪んだギターとの対比も良い。
1998年くらい?のドキュメンタリー。ジム・ジャームッシュ監督。十数年ぶりに見返し。今では当たり前の光景ですが、
当時、メンバー全員が50代過ぎのバンドがあれだけ現役感バリバリにプレイしてるのってロック界ではほとんど無かったんじゃないか?

改めてニールヤングとクレイジーホースのヒリヒリした緊張感と轟音ノイズギターにヤラれた!

表現が難しいけどハードロックみたいに轟音ノイズを出すのが目的の音楽のようなものでは決してなく、、自分達から湧き出る情熱とか音楽をプレイしていると必然的に轟音ノイズが生まれるという、その凄まじい内情と迫力を垣間見た感じ。

サウンドプロダクション的には誰の影響も受けずに自然とグランジになったようでめっちゃカッコいい。

あまり意識してこの時期のニールヤングは聴いてなかったけど改めて80年代から90年代のニールヤングのライブ盤を聴き込みたい気分になった!
鬼才ジムジャームッシュによる、ニールヤングを追った音楽ドキュメンタリー。ニールヤングのLIVEパフォーマンスが8ミリフィルムの粗く渋い映像感でたっぷり切り取られて、大満足!
>|