ザ・ローリング・ストーンズ シャイン・ア・ライトの作品情報・感想・評価

「ザ・ローリング・ストーンズ シャイン・ア・ライト」に投稿された感想・評価

最近映画館に行けない(新作が少なくあまり観たいのがないので行かない)ので、ようやく観ましたシリーズばかりですが今回もそれです。

よくストーンズ派かビートルズ派かなんて論争ありますが、まあ永遠のテーマでもあり、不毛な論争ではあるにせよ音楽ファンはこの論争結構熱い。

自分は断然ビートルズ派であり、洋楽聴き始めてもうすぐ40年近く経つけど、正直ストーンズの良さってのがイマイチ分からなかった。

ストーンズのコアなファン層は自分より5〜15歳くらい上の層であり、同世代のストーンズファンの友人ににお勧めのアルバムとか聴いても、「アルバムかぁ…」とやはりそこまで語れる友人は当時いなかった。

確かにシングルでは良いなって思う曲はあったけど、正直アルバムは今までどれを聴いても1、2曲は良い曲あるけどアルバム全体通して聴くのはキツいなと思っていた。

しかし最近何年かに一度来る、マイ温故知新ブームにより、70年代にリリースした名盤と呼ばれる3枚を繰り返し聴くようになった。するとどうだろう?この歳になってようやくなんとなく良さが分かって気がした。

音楽好きなので前置きが長くなったが、そんな温故知新ブームに乗って観た今作。マーティン・スコセッシ監督は好きな監督の1人なのできっと良いものに違いないと思い観たけど期待を裏切らない出来でした!

スコセッシと言えばニューヨーク。本作は06年のニューヨークのビーコン・シアターでのチャリティーライヴのシーンを中心としたドキュメントだけど、ライヴ映像としても見応え十分!ストーンズはライヴバンドだと言われるが良く分かる。メインストリートのならず者が名盤と言われる理由が長く理解出来なかったけど、ライヴで聴くとなんて格好良いんだと思う。

この頃既にメンバーみんなお爺ちゃんだけど、格好いい!ストーンズは1回も生でライヴ観たこと無いんだけど、過去何度か行けるチャンスあったのに行かなかった自分を悔やんでしまう。

ジャック・ホワイトやクリスティーナ・アギレラ等ゲストも豪華。スコセッシ本人もちょいちょい登場する。また途中で入るメンバー若い頃のインタビューとかもいいね。若い頃のミックとキース、本当に格好良いなって思う。オアシスのギャラガー兄弟はビジュアル的なところ、当時のキースの影響結構あったんじゃないかなって思う。

ライヴが終わり、カメラが引いてビーコン・シアターから飛び出してニューヨークの夜景が映り、バックにShine A Lightが流れてくるところ、鳥肌立つ。途中フェードアウトしちゃうけど、出来ればもう少しこの曲流して欲しかった。

本作を観て、ストーンズ全盛期の70年代中盤から80年代初頭のライヴBlu-rayが出てるのでやはり買って観てみようと改めて思った。
アー君

アー君の感想・評価

3.2
ストーンズの良さが分かってハマり出したのはいい歳になってからだけど、この時期のパフォーマンスは平均年齢的に60後半ぐらいでしょ? バンドとして債券を発行したり、ある意味産業ロックの代表格なのかな。
公開時劇場で鑑賞。2006年のビーコンシアターでのライブを中心に
組み立てられている。2006年と言えば日本へもツアーでやってきた
年で、大阪公演は無し。しょうがないのでナゴヤドームまで見に行った。
その2年後のこの映画なので、ライブの再現のよう。興奮して途中で
立ち上がりかけるよ。年とってもロックンロールしてくれる姿を
見せてくれるだけで、僕は満足です。
この後2014年には東京だけ3公演の来日でドームまで見に行ったけど
それっきり来日公演は無し。さすがにもう来てくれないかなあ?
ボビー・キーズも死んじゃったし。
Shine a light は大好きな曲。
期待しすぎてた
うん
評判の割にとモヤモヤしてたら先輩も期待はずれと言ってたのでスッキリした記憶
lani

laniの感想・評価

4.1
ただただかっこいい。ミックはこの歳になってもあの動きすごすぎる。セクシーな動きにいつも魅了される。
Kuni

Kuniの感想・評価

3.3
カットが細かくてアップが多いのでコンサートを観ている気分は希薄だが演奏は良い。散りばめられた過去のインタビューのチョイスも効いている。
Monet

Monetの感想・評価

5.0
ビーコンシアターにいたかった!!!!ってなるだいっっすきな映画
通してみたり好きな曲のとこだけ見たり何回見たんやろう
セトリがもう素晴らしすぎる
バディガイとのセッションはほんとに痺れるしそのあとtumbling diceでストーンズの流れ的なのをちゃんと取り戻すとこもカッコよすぎる!!!
far away eyesみたいなカントリー調もしっかり聴かせてくれるしsympathy for the devil で始まるアンコールほどテンション上がるものはない!!!


これをマーティンスコセッシが監督したってのもすごいし最初のストーンズとマーティンのウマのあってなさもおもろい笑

今の今まで音楽を続けてるストーンズにはリスペクトしかない
伝説だなぁ!!
ZAKK

ZAKKの感想・評価

2.5
期待してたほど面白くもなく、つまらなくもなく。しわだらけのわりに、ギターの引き方がcoolなおじさんたち、カッコいい、ロニーのウエスタンベルトがカッコよかった、ただそれだけ。
umeume

umeumeの感想・評価

4.0
腰振っているおじいちゃんが率いる大好きなバンドのライブ映像

歌もうまくない
演奏もうまくない
メロディも古い
でもカッコいい。だからカッコいい。
方眼

方眼の感想・評価

4.0
2006年ビーコンシアターでのチャリティコンサート・ドキュメンタリー。冒頭、意外な案内人登場。クリスティーナ・アギレラも1曲参加(Live With Me)、パワフルなヴォーカルで魅せる。なんといっても、60歳超えたミック・ジャガーの動き。Sympathy for the Devil、こういう曲もちゃんと在る。カメラも多数入れているが見せない工夫。本物が見せる感動がこちらまで伝わる。ホールの外から中へのカメラワーク、スコセッシのストーンズ愛を感じる。
>|

似ている作品