トンネル 闇に鎖(とざ)された男の作品情報・感想・評価

「トンネル 闇に鎖(とざ)された男」に投稿された感想・評価

みー

みーの感想・評価

3.6
喉が乾く…

トンネル崩壊事故に巻き込まれトンネルの中に閉じ込められるイ・ジョンス

車中で少し身動きをしただけでも今にも崩れてきそうな状況…

そんな中で生きてた携帯が頼みの綱

救助隊長のキム・デギョンが携帯でやり取りをしながら懸命に救助活動をする姿に心を打たれる

尿は冷ましてから飲むほうがいいっていうアドバイス👍w

キムの必ず助けるという言葉に励まされながら少ない水と娘に買ったケーキでなんとか命を繋ぐイ・ジョンスですが…想像以上に救助が困難な状況に悪戦苦闘する救助隊と追い込まれていくイ・ジョンスの人間ドラマに観入ってしまう

状況を煽るマスコミとトンネルの関係者なんかは他人事で他のトンネルの工事の心配ばかりしているし…こういう人間にだけはなりたくないですな😑

イ・ジョンスが関係者に放つセリフが最高👏w

人が人を救いたいと思う純粋な気持ちと時間が経つにつれて心の醜さが出てくる人間の感じを比べて見せてくれるのも面白い

殺人者の記憶法でも目立っていた救助隊長役のオ・ダルスが今回も良かった😄韓国映画を追いかけていると彼をよく見ることになりそうな気がします
vivaKAORIN

vivaKAORINの感想・評価

3.8
助かるのか?ダメなのか?最後までハラハラドキドキ。諦めなかった隊長が素晴らしい!
韓国映画、やっぱ面白い!!

あの闇の中で1人だったら耐えられなかっただろうなぁ。ワンコ居て良かった。
演じるハ・ジョンウは闇に閉じ込められたり、崩壊するビルに閉じ込められたり(テロ、ライブ)、事故に遭遇するのが多い俳優(笑)。
絶望の与え方が韓国映画で笑っちゃった。いろんな所にストレスたまるけど、まぁ現実の社会もこんなもんなんでしょうね....

このレビューはネタバレを含みます

ディザスターパニックでも無いし、シチュエーションスリラーでも無い。これは社会批判映画です。主人公の嫁と、燃えるレスキュー魂を持つ救助隊の隊長、ラジオ局の人、それ以外全員クソ野郎。自分たちの都合がよくなるようにしか動かない政府、スクープが欲しいだけの記者、手抜き工事した建設業者、救助活動止めさせて開発工事を再開したい業者 

私利私欲渦巻く連中の悪どさやクズさをこれでもかと描ききっている。しかし、それに注力する余り、生き埋め主人公の描き方が雑過ぎる!ペットボトル2本の水とケーキしか無いって言ってるのに余裕で2週間過ごしているのがすごいというか単純に無理じゃね?
Husky

Huskyの感想・評価

3.7
大体こういう話は助かるものと思ってみてたら、二転三転わからなくなり手に汗握る。
そしてなんといってもマスゴミのクソさ。
『神と共に』観てからハジョンウに飢えていて、これは何かしら出演作観ないと私の生命の危機が…!とか思い詰めて『トンネル』観たらますます好きになって死んだ。なんなのハジョンウ。好き。

そろそろ助かるでしょ と安心してたら、からの~?からの~?!という展開に最後まで気が抜けなかった。面白かった。

ハジョンウ独りで演技してるだけなのに間が持つのはどこかユーモラスな雰囲気があるからなんだろうな、好き~(何回言うねん)

YouTubeで英語字幕付きのインタビューまとめみたいなやつ見つけたんですが、そこで共演する人たちがみんな口を揃えてハジョンウのことを「こんなユーモアのある人は他にいない」とか「ただただ面白い。具体的にどこが?と聞かれても、ただ面白いんだよ。目が合うだけで笑ってたもん。他にどう言えばいいのさ?」って言われてて、ほんっとに素敵な人なんだろうなって分かるのがもうね…好き………

あ、ちがうちがう。なんの話だよ。
話それてた。


独りでヘッドレスト上下してるだけで面白いとかね…事態は深刻なのに、クスッとくる人間らしい描写がたくさんあって、脚本が上手いのかハジョンウが上手いのか分からないけどとにかく良かったです。

時計に合わせて「ジャーン」て言ってみたり、それどころじゃないのに何故か掃除始めたり、わんわんも好きでした。好き。
マスコミのアホさ加減、権力者の嫌らしさ、常に下に見られる現場で働く人々…韓国だけではないであろう問題が、時には真剣に時には面白おかしく描かれています。
突っ込み所は色々あるけど、最後まで飽きさせずに見せてくれる映画です。
ハラハラドキドキするなか、犬のテインとジョンスの絡みは和ませてくれる(〃⌒ー⌒〃)ゞ
うさ

うさの感想・評価

3.7
トンネルが倒壊し中に閉じ込められた男と救助する人達の話。韓国映画。

メディア批判、欠陥工事などの社会派メッセージもありつつ、エンターテイメントな作品に仕上がってる。

ブルドックと遊んでるいるとドドドッ!終盤作業員が…
軽率

軽率の感想・評価

3.8
助かりそう→まだ無理が何回かあるのでハラハラするし、その中でもふと笑ってしまうような、雰囲気が緩まるところがあって集中して観れた。
マスコミと政府と世論の勝手さ。途中まで開けた穴放置して終わりってありえる?遺体でも回収はするだろ。一周回って怒りを覚える流れ。主人公と救助隊の隊長さんが最後、とっても言いたかった事言ってくれて少し溜飲が下がった。
ずっと薄暗いから、最後ぱっと開けたところ通ると、ちょっと怖いくらいに感じてしまった。
>|