トンネル 闇に鎖(とざ)された男の作品情報・感想・評価

トンネル 闇に鎖(とざ)された男2016年製作の映画)

터널/TUNNEL

上映日:2017年05月13日

製作国:

上映時間:127分

3.6

あらすじ

自動車のディーラーとして働くジョンス(ハ・ジョンウ)は、大きな契約を成功させ、意気揚々と妻のセヒョン(ペ・ドゥナ)と娘が待つ家へ車を走らせていた。しかし、ジョンスが山中のトンネルに差し掛かった時、突如頭上から轟音が鳴り響く。尋常ではない音と揺れに不安がよぎったのも束の間、トンネルは崩落しジョンスは車ごと生き埋めになってしまう。ジョンスが目を覚ますと、周囲は巨大なコンクリートの残骸に囲まれ、手元に…

自動車のディーラーとして働くジョンス(ハ・ジョンウ)は、大きな契約を成功させ、意気揚々と妻のセヒョン(ペ・ドゥナ)と娘が待つ家へ車を走らせていた。しかし、ジョンスが山中のトンネルに差し掛かった時、突如頭上から轟音が鳴り響く。尋常ではない音と揺れに不安がよぎったのも束の間、トンネルは崩落しジョンスは車ごと生き埋めになってしまう。ジョンスが目を覚ますと、周囲は巨大なコンクリートの残骸に囲まれ、手元にあるものはバッテリー残量78%の携帯電話、水のペットボトル2本、そして娘への誕生日ケーキだけだった。一方、トンネル崩落のニュースは瞬く間に国内を駆け巡り、救助隊長のキム(オ・ダルス)らが現場に駆け付けるが、その惨状は想像を遥かに超えるものだった―。

「トンネル 闇に鎖(とざ)された男」に投稿された感想・評価

tomomo

tomomoの感想・評価

3.5
ドキドキはらはら、最後までだれることなく面白かった。
夫婦愛とわんこ。
災害にあったときに参考にしたい?
○は無菌。
しゅん

しゅんの感想・評価

3.5
【ジョンスは車を運転中に崩壊したトンネルに生き埋めになってしまう。たった一人で救助を待つが一向に助けは来ないスリラー映画】

[災害被害者と世間の温度差]
どう生き延びるか、どう救出するかもそこそこに災害が起きた時の第三者の動きをプラスしたストーリー。
トンネル崩壊シーンの迫力や狭い瓦礫の中での演技等パニックシーンもあるがメインではないためそこまで壮絶ではない。

映画の個性を出すためにもっと第三者パートが多くても面白かったが、マスコミのリテラシーのなさかあるいは作為的なものかこの辺りは万国共通。
トンネルを使ったラストシーンも素晴らしい。
ヒーローポジションの救助隊オ・ダルスと犬の名演技も見逃せない。

ペ・ドゥナが奥さんとか羨ましい。
【トンネルが崩壊し車ごと生き埋めになってしまった男の生還劇】

車内や瓦礫の中という小さな舞台でも様々なことが起き、緊迫感途絶えず最後まで魅入ってましたー( •̅_•̅ )

自然的絶望もあれば人為的絶望もあり、大きな絶望に細かい絶望もある。。。

優しさゆえの歯がゆい言動や葛藤、ちょっと笑ってしまったりする出来事も当事者にとっては一大事で・・・

また、生還を祈る妻や救助を仕切る隊長の視点から描かれる外の物語も見応えたっぷり!!

マスコミや政府高官たちの所詮他人事な言動にイライラモヤモヤーo(`ω´ )oそしてモヤモヤイライラー( *`ω´)(笑)

たった一人の命の重さは、人や立場によっては軽さに変わる、、、、そんな怖さを思い知らされますね。。。

所々息抜きに笑える要素やほっこりするエピソードもあり、

特にあの隊長はほんと親身に向き合ってくれてなんと頼もしいことか!!

水や食料、携帯という命綱も ああいう場ではパニックになって先のことまで考えられなくなりそうですが、冷静に慎重にレクチャーしてくれます。マスコミたちに怒ってくれたり希望を捨てずもがいてくれたりと、神がかっていて 最高にかっこいい!!

そしておしっこーーー!!(笑)

あと隊員の卵のエピソードも何気に地味に大好きな場面です(T_T)

そしてパグがまたいい味出してるー(笑)

映画始まってすぐのシーンで、後々重要になるある物に対する扱いがぞんざいすぎて笑ってしまう(笑)

ただ、、、ラストの救助シーンが少し謎ですけどねσ(^_^;)【以下ネタバレ(コメントへ)】

全体的にはとても良作な映画でした(..›ᴗ‹..)
もー

もーの感想・評価

3.3
希望を持て。と周囲から勇気付けられても
最終的に心を奮い立たせないといけないのは自分。
けれど周りから見放されてしまったら、自分も崩れてしまう。

1人の人間として、救出する。
だからこそ、犠牲者が出てしまった時はこのままで良いのかという葛藤が。
命の重さは、関係性や立場によってどうしても変わってしまう。
nickname

nicknameの感想・評価

3.8
私の中で韓国映画あるある化された
最後まで腑に落ちずイライラするリアルな韓国社会とそれに真摯に向き合い作られた映画たち

質は別として、重みが他とは違う韓国映画
alpacino

alpacinoの感想・評価

3.2
いまいち作品に入り込めなかった。主役の二人が絶対絶命のシリアスな作品に合ってなかった感が強い。ワンコの存在も何らかの伏線かと思ってたけど、考えすぎだったか。
Diamante

Diamanteの感想・評価

3.0
よくある災害パニックとは違い、明確な社会に対する批判をテーマに描かれており、題材としては良いと思うが少し露骨すぎたのが残念で、幾ら何でも有り得ない対応の連続だったので、もう少し婉曲な構成であって欲しかったです。とは言え表現方法が巧妙で、外と中での飢えの温度差が切り替わる度に毎回色々な角度から映されていて、主人公への感情移入がしやすい作りになっているのが凄いと思いました。
特によいと思ったのが、近年の同ジャンルものではあり得ない程、最後の救助シーンがあまりにも呆気なく終わり、あれもアンチ表現の一つと思われるが日本映画では絶対に作れないものだと思いました。
設定としての粗も目立つが、予想とは違い面白かったです。
壺尊師

壺尊師の感想・評価

3.0
なんだかとても苛立つ映画だった。
韓国映画にはいつも使えないお偉方が登場するが、今回もオンパレードで見ていて辛かった。
妻の言葉はトラウマだ…。遺体も見つかってないのに言えないわ…。どんなに石もて追われても。一生罪の意識を背負うかも。
蛇苺子

蛇苺子の感想・評価

2.5
こういうシチュエーションスリラー好きなんだけど、いまいち面白くなかったな。
ずっとトンネル内だけの闘いでも良かった。
政府を皮肉っていたのには滑稽。
ErnieHoyt

ErnieHoytの感想・評価

3.0
韓国映画です。内容は簡単、普通のサラリーマンが娘の誕生日の為ケーキを買って会いに行く予定だったが、トンネルの中に入る、結構すすめたらトンネルが崩れてそのサラリーマンがトンネルの中に生き埋めされる。車の中のわずかのスペースで助かったが、救出作戦が始まり、いろんな混乱があり、彼は助けられるのかってストーリー。サスペンスあり、ユーモアもあり、結構楽しめる映画です。
>|