トンネル 闇に鎖(とざ)された男の作品情報・感想・評価

トンネル 闇に鎖(とざ)された男2016年製作の映画)

터널/TUNNEL

上映日:2017年05月13日

製作国:

上映時間:127分

3.7

あらすじ

自動車のディーラーとして働くジョンス(ハ・ジョンウ)は、大きな契約を成功させ、意気揚々と妻のセヒョン(ペ・ドゥナ)と娘が待つ家へ車を走らせていた。しかし、ジョンスが山中のトンネルに差し掛かった時、突如頭上から轟音が鳴り響く。尋常ではない音と揺れに不安がよぎったのも束の間、トンネルは崩落しジョンスは車ごと生き埋めになってしまう。ジョンスが目を覚ますと、周囲は巨大なコンクリートの残骸に囲まれ、手元に…

自動車のディーラーとして働くジョンス(ハ・ジョンウ)は、大きな契約を成功させ、意気揚々と妻のセヒョン(ペ・ドゥナ)と娘が待つ家へ車を走らせていた。しかし、ジョンスが山中のトンネルに差し掛かった時、突如頭上から轟音が鳴り響く。尋常ではない音と揺れに不安がよぎったのも束の間、トンネルは崩落しジョンスは車ごと生き埋めになってしまう。ジョンスが目を覚ますと、周囲は巨大なコンクリートの残骸に囲まれ、手元にあるものはバッテリー残量78%の携帯電話、水のペットボトル2本、そして娘への誕生日ケーキだけだった。一方、トンネル崩落のニュースは瞬く間に国内を駆け巡り、救助隊長のキム(オ・ダルス)らが現場に駆け付けるが、その惨状は想像を遥かに超えるものだった―。

「トンネル 闇に鎖(とざ)された男」に投稿された感想・評価

冒頭見せ場(?)のトンネル陥落シーンはトラウマレベルで震える。
しかし何だかんだ主役のハジョンウが最後まで不死身に見えてしまうのは彼のスターさゆえか。
とりあえず災害時はみなさんペットボトルには口を付けて飲まないようにしましょう!
メモφ(..)
NORA

NORAの感想・評価

4.0
ペドゥナってほんといい女優さん。
表現力ってこういうこと言うんだと思う。
崩落したトンネルの中に一人閉じ込められた男と、その男の救助を巡って奮闘する人々の姿を描き韓国で700万人を超える動員を記録したヒット作☆

主人公ジョンス役を「チェイサー」「お嬢さん」など数々の話題作に出演する演技派俳優のハ・ジョンウが務め「空気人形」「クラウド アトラス」など日本やハリウッドでも活躍する女優ペ・ドゥナがジョンスの妻セヒョン役で共演。

自動車ディーラーとして働くジョンスは大きな契約に成功して意気揚々と妻と娘の待つ家へ車を走らせていた最中、通りかかったトンネルが突然崩れ落ち生き埋めになってしまう。

かろうじて一命は取り留めたものの手元にあるのはバッテリー残量78%の携帯電話と水のペットボトル2本、そして娘に渡すはずだった誕生日ケーキだけ。

崩落事故はすぐに全国ニュースとなり救助活動も開始されるが現場の惨状は救助隊の想像を超えるもので作業は難航し。。。

よくある内容ではあるものの、ほぼ車中のみの狭い空間で約2時間という作品が出来上がるというのが凄い。

ラストは死ぬか生きるかどちらかしかないわけだけど水や食べ物も尽きた状態でラストに辿り着くまでの途中段階でジョンスが生き延びている過程が正直驚き!笑
期待し過ぎちゃったかなぁ。簡単に、ない、と思ってしまった。
トンネル崩落までほとんど時間をかけないのが良かった。
sin182

sin182の感想・評価

3.0
セウォル号事件を思い出す。

ストーリーはジャケの通りやけど、
何故生き延びれたか、
細かい設定が雑いかな。

マスゴミは世界共通で、
クズ政府に、捻じ曲げた報道、
御都合主義の国民…

まともな人間も、いるんやろうけど、
セウォル号事件の時に
映し出されたリアルな加害者や
被害者達、その家族の
キチガイぶりを思い出す。
ERI

ERIの感想・評価

2.5
『127時間』とか『FROZEN』みたいなその場での葛藤。

私多分こうゆう映画苦手なんだな。

でも救助を諦めなかった隊員にウルッと。

そして途中だれてたのに最後には泣いてしまった…

犬もちゃんと忘れずに最後まで出てきて良かった。
夜

夜の感想・評価

3.5

このレビューはネタバレを含みます

最初は、娘の誕生日のためのケーキを買い、ガソリンスタンドによった、そこで、水を2本もらうことになる。

そのあと、帰りのトンネルで悲劇は起きた。穴埋め状態?

トンネルの中で倒壊崩落
車の中でなんとか助かった状態である。

車が潰れるまでの時間の問題もある。

携帯が唯一電波届く場所は後部座席であり、少し動いただけで、余計に崩れそうになるのである。

最初、警察は通報を甘く見ていた、

そして、ことの重大さと、トンネルを作るに当たっての不備などが出てきた。

主人公のイさんは、生きている同じ環境の女性に出会うが足の上に瓦礫があり、最終的に亡くなってしまう。

その女性の飼っていた犬にケーキを食べられて、愕然とするが、最後はドッグフードを食べたり自分の尿を飲んだりして頑張った。

トンネル作業中に作業員が1名亡くなったことから、状況は悪くなり、イさんと連絡が取れなくなったことから、絶望となり、イさんは、死んだこととし、工事を中止、爆破することになった。

この時指揮をしていた、隊長は諦めていなかった。

そして、妻も、ラジオで現状を伝えた、届いているかわからない、夫へのメッセージ

イさんは、自分の車に戻り、クラクションをなり続けた。

音は地上に届いたものの、爆破はされてしまった。

助けに入った救助隊はイさんと犬を保護

イさんが、隊長に言った言葉は最高だった。

お偉いさんの長官も中止に賛成していたのに、イさんと救助ヘリに乗ると言う。

代弁して隊長は言った。
『みんな、クソ野郎だ!』と
私は最高だと思った。1度は死んだと決めつけ止めさせておいて、生きていたのに爆破で、逆に殺すところだったのに。

最後にイさんは、代弁してくれた、隊長に親指をあげてナイスと返した。

テレビ側は、ほかの人たち、報道陣、政府への感謝と誤解報道していたが、笑える。

トンネル恐怖症にならないことを祈ると共に手抜き工事の怖さを知った作品だった。
ぺしん

ぺしんの感想・評価

3.5
パグ映画

トンネルが崩れて閉じこめられる
ここで10分くらいか
そこから2時間どうすんのと思ったら
笑いや感動や皮肉も交えつつ
メチャクチャにやり切った

「絶望感な状況でも自分でなんとかせえよ」という教訓も学べる(?)

しかし救出後のドラマが少なすぎる
隊長との再会
パグのその後
亡くなった女性の家族の話
工事施工業者の顛末など
こっちにも時間を割いて欲しかった
miyabi

miyabiの感想・評価

3.5
実話⁉️違うよね⁉️
水、食、無しで35日?無理でしょ⁉️
日本と韓国との違い❗
日本では、そもそも、 あそこまでの 手抜きは、無いな‼️トンネル、全線崩壊なんて❗ 韓国、中国では、有りそうな 話し。
マスコミの扱いも、日本では、あり得ない!あそこまで、犠牲者のそば迄 行けるわけないな。
政治利用は、同じか?自分の地位は、大事!
最後は、ちょっと はしょり過ぎ⁉️
IPPO

IPPOの感想・評価

3.1
期待していたほどでは…

ありがちなストーリーかと。

韓国で大ヒットしたのは、
ハ・ジョンウとぺ・ドゥナという
二大男女スターが揃ったからか。

1人の人物が絶体絶命というより、
『新感染』や『ザ・タワー』みたいに複数の人物の人間模様が描かれるパニックものの方が個人的には泣けて好き。

そして、
韓国特有の義理深さ、情の熱さが描かれたかと思ったら、やっぱり利己的で自分の損得で振る舞う国民性が描かれていて、
あるあるだなと思った。少し寂しいね。
>|