トンネル 闇に鎖(とざ)された男の作品情報・感想・評価

トンネル 闇に鎖(とざ)された男2016年製作の映画)

터널/TUNNEL

上映日:2017年05月13日

製作国:

上映時間:127分

3.6

あらすじ

自動車のディーラーとして働くジョンス(ハ・ジョンウ)は、大きな契約を成功させ、意気揚々と妻のセヒョン(ペ・ドゥナ)と娘が待つ家へ車を走らせていた。しかし、ジョンスが山中のトンネルに差し掛かった時、突如頭上から轟音が鳴り響く。尋常ではない音と揺れに不安がよぎったのも束の間、トンネルは崩落しジョンスは車ごと生き埋めになってしまう。ジョンスが目を覚ますと、周囲は巨大なコンクリートの残骸に囲まれ、手元に…

自動車のディーラーとして働くジョンス(ハ・ジョンウ)は、大きな契約を成功させ、意気揚々と妻のセヒョン(ペ・ドゥナ)と娘が待つ家へ車を走らせていた。しかし、ジョンスが山中のトンネルに差し掛かった時、突如頭上から轟音が鳴り響く。尋常ではない音と揺れに不安がよぎったのも束の間、トンネルは崩落しジョンスは車ごと生き埋めになってしまう。ジョンスが目を覚ますと、周囲は巨大なコンクリートの残骸に囲まれ、手元にあるものはバッテリー残量78%の携帯電話、水のペットボトル2本、そして娘への誕生日ケーキだけだった。一方、トンネル崩落のニュースは瞬く間に国内を駆け巡り、救助隊長のキム(オ・ダルス)らが現場に駆け付けるが、その惨状は想像を遥かに超えるものだった―。

「トンネル 闇に鎖(とざ)された男」に投稿された感想・評価

ありそうでなかった一作。
トンネルからの脱出(救出)劇であるとともに、生きているかもわからん人間の救出に社会が無味乾燥になっていく様子が描かれている。
トンネルに閉じ込められた男と、それを助ける人、待つ家族っていう、まー想像つく範囲の物語を、ひねってくるとかと思いきや、そのまんま直球で、逆にびっくりした。清々しいシーンが後半に1箇所あった。
MrBigMouth

MrBigMouthの感想・評価

3.5
閉ざされる場所がトンネルだと、どうしても身動き取れないだろうし、展開が停滞してしまうのではと思ったけど、そこは上手いことみせてくれる。

あんなギリギリの状況下で、自分があの立場だったら水を分け与えられただろうかなど、自分をみつめる瞬間がしばしば。
そういう意味でも楽しめた。
たえこ

たえこの感想・評価

3.8
ハラハラドキドキ
スマホの充電もちすぎじゃね?
とか突っ込みどころ満載だけど、かなり楽しめた。
最近の韓国映画面白い。
想像以上に早い段階でトンネルが崩壊し生き埋めにされてしまい驚きました。
ケータイの充電そんなにもつの?とか、突っ込みどころはまあありますが、細かいことを抜きにすれば楽しめました。
救助までそんなにかかるの!?とか、えっそこ間違えちゃうの!?とか、今爆発させたらまずいにきまってるだろ!!とか、奥さん諦めないでよ!!!とか、つい自分が主人公だったら…という気持ちで焦りながら見てしまいました。
こういう緊迫した作品は特典映像でキャスト陣が和気あいあいとしている様子を見て安心するのが好きなのですが、今作に登場するパグのテンちゃんが可愛くてたまらなかったです( ´ ▽ ` )♡
ケーキ食っちゃったけどね笑
トンネル崩落事故に巻き込まれたイ・ジョンス。彼は一人取り残された中で懸命に生き残ろうと奮闘する。
その中で、彼を電話越しに支える妻。熱心なレスキュー隊員などが出てくることで話を持たせています。

1人の人間を救うために莫大な費用をかけ続けることは出来るのか、救助活動を長い期間続けることは出来るのか、現実を考えさせられる作品になっています。
極限的な密室サバイバルと
スケールの大きな救出劇を見せる本作は
降り幅の広いダイナミックレンジを持ち、

ディザスタームービーらしさに加え、
他とは比べ物にならないほど緊迫感のあるサバイバル模様を展開していく。

しかし、自虐極まりない政府批判、
社会風刺は
物語に確かなカタルシスをもたらすと同時に
ハッピーエンドに嫌な後味を残されてしまった。

偶然、韓国の就職難事情を読んでいた衝撃を受けたが、
そんな韓国の方の「政府」に対するフラストレーションが
これ以上になく現れていた作品だと思った。

https://ameblo.jp/saygoskitchen2/entry-12351927908.html
大鶴義丹に似たオッさんが、
手抜き工事されたトンネルの中に
事故で閉じ込められた韓国映画です。

映画を通じて、
自国の政治体制、報道のあり方を
痛烈に批判してるのがわかりますね。

『 お前らは、みんなクソだ!!!!!』

ほんと、その通りです。
さとこ

さとこの感想・評価

4.0
崩落事故によってトンネル内に閉じ込められた男性の物語。しかしこの崩落事故、手抜き工事が原因だということが発覚し・・・


という、トンネル内の「極限状態でのサバイバル」とトンネル外の「杜撰な政治体制・非道なマスコミ」が同時進行する物語。
韓国ではこの手の権力批判が受けますね・・・。しかしそれだけに、完全なフィクションでありながらドキュメンタリーのような印象すら受ける。社会的なリアリティを持った作品だと感じた。セウォル号の事件とも被りますしね。

細かい所を挙げれば色々あるんですが、それにしてもトンネル内の埃まみれな空間の描き方、ハ・ジョンウとペ・ドゥナの演技、そして犬(笑)、ハイクオリティなのは確か。ラストも皮肉がきいてました。

2017年は本当に韓国映画の当たり年だなぁ。今後もとにかく期待!
仁

仁の感想・評価

3.0
韓国映画は胸糞系はレベル高い印象で、それ以外は…と思っていたがこの映画は中盤までは緊張感もあり、かなり面白い。中盤以降、どうしてもトンネル内の状況が変わらないのもあり間延び感はあるものの、全体的にはよくまとまった作品。
>|