ザ・ウォールの作品情報・感想・評価

ザ・ウォール2017年製作の映画)

The Wall

上映日:2017年09月01日

製作国:

上映時間:90分

3.4

あらすじ

2007年、アメリカ兵のスナイパーであるアイザック(アーロン・テイラー=ジョンソン)とマシューズ(ジョン・シナ)は、イラクの荒廃した村で瓦礫の中に残った大きな壁に潜む敵を狙っていた。しかし5時間経っても動きがない。マシューズが様子を見に壁に近づくと、想定外の場所から銃撃に遭い倒れる。援護に向かったアイザックも撃たれ、壁の背後に命からがら逃げ込む。身動きの取れなくなったアイザックの無線に、謎の男か…

2007年、アメリカ兵のスナイパーであるアイザック(アーロン・テイラー=ジョンソン)とマシューズ(ジョン・シナ)は、イラクの荒廃した村で瓦礫の中に残った大きな壁に潜む敵を狙っていた。しかし5時間経っても動きがない。マシューズが様子を見に壁に近づくと、想定外の場所から銃撃に遭い倒れる。援護に向かったアイザックも撃たれ、壁の背後に命からがら逃げ込む。身動きの取れなくなったアイザックの無線に、謎の男からの声がかかる。「仲間だ。すぐに助けに行くから、名前とIDを言え。」男のかすかな訛りを聞き分けたアイザックは、男の正体を確かめようとするのだが…。

「ザ・ウォール」に投稿された感想・評価

ぴ

ぴの感想・評価

-
荒廃した土地、崩れた壁、死体。偵察に派遣されたアメリカ兵と、見えないスナイパーの攻防。最後の砦は壊された壁の一部。
スナイパーとアメリカ兵の圧倒的な力量の差ゆえの単調さが、逆にどう収拾をつけるのか気になった。このスナイパー、実在する人がモデルなんですね。
Norie

Norieの感想・評価

2.9
出演者ほぼ2名。敵は声だけ。低予算ながらとてもよく出来たストーリー。
思っていた壁とは違って石を積み重ねただけで今にも崩れそう。
伏線がラスト見事に回収されスッキリ...いやいやちょっとラストは...え!
灼熱の砂漠にいるだけで辛そう。
見えない敵とのやりとりには緊迫感があり、良かった。
アサコ

アサコの感想・評価

3.1
いい意味・悪い意味半々でやられた!と思いましたね(笑)
限られたシチュエーションでどう面白く観せるかが勝負だったと思いますけどあのシチュエーションを生かせていたかどうかは微妙かな..
あとあと考えれば敵とのどうでもいい会話も伏線だったのかーと思えますがちょっと退屈すぎましたね。
さらによくよく考えれば冒頭の2人の会話にも色々とヒントが隠されていましたが観ているうちにピンと来るようでなければあんまり意味がないかなーと。

主人公が冷静さに欠いている気がしてあんまり入り込めませんでした。
これを言っちゃ元も子もないって感じですけどあの状況でマシューズを助けに行っても..って思ってしまってダメでした。

何だかんだ言って結構面白かったような気もします。
普段戦争映画を観ない人の方が楽しめるのかも?
JIRO

JIROの感想・評価

3.0
続編もクソもない映画で、この終わり方されるとモヤモヤするだけ。
序盤こそ緊迫感あり、真剣に観ていたのだけれど……
スナイパーと軍曹のやりとりに、段々と飽きてきて睡魔が(笑)
結局、あらら~という終わり方になり、なんだこれ状態。
riku

rikuの感想・評価

3.0
ハラハラはする。登場人物少ないし大きな爆発演出とかもないから作り手にとって費用対効果は良い作品?
ky

kyの感想・評価

-
アメリカ兵士の二人組がイラクに行き、戦死した仲間を救いにいく。
現場は頭を綺麗に撃ち抜かれて死んでいる仲間ばかり。20時間ほどじっとしていたが、敵は近くにいなそうなので、1人の兵士が死んだ仲間の近くに行くと、どこからか撃たれて動けなくなる。
もう1人も救出に向かうが撃たれてるも、足を撃たれただけで助かった。岩場の陰に隠れていると犯人から無線がはいり、たわいもない話を始める。敵はかなりの腕のスナイパーだった。

最終的にはアメリカのヘリが助けにきたがそれも撃ち落とされ、全滅。
そこにまた仲間の兵士が来たとこで終わる。これを繰り返していた戦場だった。

面白かった。

このレビューはネタバレを含みます

2002年のフォーン・ブースを思い出した。
登場人物も少なく、場所もほぼ1箇所でのジリジリくる心理戦、時間と共に色んな事を観てる方も考えてしまい、いつの間にかそこに居るような気に…
やっぱりか…のラストは胸が掻き毟られる様な後味が残ったかな。
Oliver

Oliverの感想・評価

3.6
まさかの登場人物三人で繰り広げられる戦場での緊迫感が半端ない。相当な低予算制作のはずが最後まで中だるみさせることなく、次の展開が読めない脚本に驚き。

戦場の悲惨さ、そしてアメリカ・イラクの両者にとって悲しい結末しか待っていないこと。そんなことが等身大で伝わってくる90分だった。

イラクのあの作戦がリアルの戦場でも使われていたらと思うと、恐怖しかない。
18049『ザ・ウォール』ジリジリとした、スナイパー同士の一対一の攻防。しかも相手は最後まで出てこない。 中々面白いシチュエーションやった。が、相方の役どころ、ちょっと中途半端?もっと一対一を極めても良かった?(^◇^;)
>|