ザ・ウォールの作品情報・感想・評価

ザ・ウォール2017年製作の映画)

The Wall

上映日:2017年09月01日

製作国:

上映時間:90分

3.3

あらすじ

2007年、アメリカ兵のスナイパーであるアイザック(アーロン・テイラー=ジョンソン)とマシューズ(ジョン・シナ)は、イラクの荒廃した村で瓦礫の中に残った大きな壁に潜む敵を狙っていた。しかし5時間経っても動きがない。マシューズが様子を見に壁に近づくと、想定外の場所から銃撃に遭い倒れる。援護に向かったアイザックも撃たれ、壁の背後に命からがら逃げ込む。身動きの取れなくなったアイザックの無線に、謎の男か…

2007年、アメリカ兵のスナイパーであるアイザック(アーロン・テイラー=ジョンソン)とマシューズ(ジョン・シナ)は、イラクの荒廃した村で瓦礫の中に残った大きな壁に潜む敵を狙っていた。しかし5時間経っても動きがない。マシューズが様子を見に壁に近づくと、想定外の場所から銃撃に遭い倒れる。援護に向かったアイザックも撃たれ、壁の背後に命からがら逃げ込む。身動きの取れなくなったアイザックの無線に、謎の男からの声がかかる。「仲間だ。すぐに助けに行くから、名前とIDを言え。」男のかすかな訛りを聞き分けたアイザックは、男の正体を確かめようとするのだが…。

「ザ・ウォール」に投稿された感想・評価

yo1ro

yo1roの感想・評価

3.3
終始緊迫した空気
壁の向こうに希望はない

見えない敵の恐怖、不気味さ
ハマった後に気付くアリ地獄

面白い構成でした
じわじわと追い詰められていく様。

荒野の何もない場所で切迫されていく。

環境と見えない敵に恐怖していく。

いやもう、精神的に参ってしまうでしょ、まず自分であったら。

いやぁ、、、、戦争はこういうシチュエーションの連続なんだろうけどなぁ。

ラストもなるほど、と唸りましたので、まあ良作でございました!
toshi

toshiの感想・評価

3.7
一人でアマゾンプライム鑑賞。

ハートロッカー的な感じかと思ったら、
フォーンブース的な感じです。
他のレビューがダラダラとネタバレを
書いていらっしゃるので私はあくまで
あいまいな感じの感想にとどめておきます。

じわじわとくる映画です。

フォーンブース的な感じかよと思ったけど、
でもそうでもない感じ。〇

意見は分かれそうだけど、これはこれで一つの着地点だと思います。△
限られた一場面だけで話が展開していく系。絶望的な状況のなか、頼る壁はあまりに脆くて頼りない。大きな動きはないのにそんな緊張感が映画全体を支配してた。
また敵のスナイパーが怖い。スコープのサイトと無線からの声、正確無比な狙撃だけが実在し、本当にそこに存在するのかすらわからない。

そして結末は最高。

映画のジャンルとしてはホラーに近い。
派手なアクション好きや爽快感を求める人にはあんまりお勧めできないかな。
イラク戦争末期。米狙撃チームのアイザックとマシューズは敵スナイパーの攻撃を受ける。
狙撃手のマシューズは被弾し行動不能。観測手アイザックは救出を試みるも失敗し、自らも足に重傷を負う。
崩れかけた建物の壁に何とか逃げ込み、反撃の機会を伺うが…

壁から少しでも身を乗り出せば狙撃されるため、倒れた仲間を助けることも、逃げ出すこともできない。
こちらの狙撃銃は仲間が所持していたため、反撃も不可能。そもそも敵スナイパーがどこから狙っているのかすらわからない。
無線機は敵の狙撃で既に破壊され、応援も期待できない。
アイザックもマシューズも被弾箇所からの出血が止まらず、このままでは失血死。残された時間はあとわずか…

見ている視聴者を焦らせる要素テンコ盛りで、このギリギリの状況がたまらない本作。敵狙撃手に狙われ一歩も動けないという状況は、戦争映画というよりソリッドシチュエーションスリラー要素の方が強いです。ストーリー的には『フォーン・ブース』なんかがかなり近いのかな。
主人公アイザックに対するは、実在したと言われている伝説の一流スナイパー、ジュバ。この2人による互いの騙し合い、駆け引きが見事で手に汗握ります。

評価が分かれるであろう点は、壁際に追い詰められて動けない主人公をひたすら映してるだけなので、絵面的には代り映えしないというところでしょうか。基本的に主人公と敵スナイパーの2人による駆け引きのみで物語が進む構成で、回想シーンが入ったり、別のキャラクターの視点が挿入されたりということがないので、そこが退屈に思える人も多いかもしれません。

最後に余談。私、本作をアマゾンプライムで視聴したのですが、これ制作もアマゾンスタジオだったんですね。この会社は何でもやってるなぁ。アマゾンが世界を征服する日も遠くないかもしれない…
SHIGE

SHIGEの感想・評価

2.6
始まって30分くらい、どうなるどうなる?って引き込まれる…
でもラストまで観て、
腹立たしさだけが残った。

ダグ・リーマン好きなんだけどなー
壁から出ると撃たれるので、隠れているお話しです(^-^)

壁が脆すぎて、見ていてヒヤヒヤします。

実在したスナイパーとか、しないとか。

見易さ★★★

緊張感。

壁の向こうに見えない敵、しかし向こうからは見えていて、スナイパーライフルで狙われている。

そして無線で話しかけてきたのは…


登場人物はほぼ三人だけ。

主演はキックアスでおなじみのアーロンテイラージョンソン。

まぁほぼアーロンさんの一人芝居だったけど。

とにかく緊張感がたまらなかった。そしてラストね。
たむ

たむの感想・評価

3.4
戦場の『127時間』か、イラク戦争版『ノー・マンズ・ランド』か、という印象のワンシチュエーション戦争映画です。
壁一枚隔てた恐怖と心理戦が展開します。
衝撃のラストは、アメリカがイラクから撤退できない理由がよく分かります。
gou

gouの感想・評価

3.2
あー、やっぱり~、なラスト。

つまらなくはないが、もう一度観ようとは思わない類いの映画。
シンプル過ぎるかな。
>|