ザ・ウォールの作品情報・感想・評価

ザ・ウォール2017年製作の映画)

The Wall

上映日:2017年09月01日

製作国:

上映時間:90分

3.5

あらすじ

2007年、アメリカ兵のスナイパーであるアイザック(アーロン・テイラー=ジョンソン)とマシューズ(ジョン・シナ)は、イラクの荒廃した村で瓦礫の中に残った大きな壁に潜む敵を狙っていた。しかし5時間経っても動きがない。マシューズが様子を見に壁に近づくと、想定外の場所から銃撃に遭い倒れる。援護に向かったアイザックも撃たれ、壁の背後に命からがら逃げ込む。身動きの取れなくなったアイザックの無線に、謎の男か…

2007年、アメリカ兵のスナイパーであるアイザック(アーロン・テイラー=ジョンソン)とマシューズ(ジョン・シナ)は、イラクの荒廃した村で瓦礫の中に残った大きな壁に潜む敵を狙っていた。しかし5時間経っても動きがない。マシューズが様子を見に壁に近づくと、想定外の場所から銃撃に遭い倒れる。援護に向かったアイザックも撃たれ、壁の背後に命からがら逃げ込む。身動きの取れなくなったアイザックの無線に、謎の男からの声がかかる。「仲間だ。すぐに助けに行くから、名前とIDを言え。」男のかすかな訛りを聞き分けたアイザックは、男の正体を確かめようとするのだが…。

「ザ・ウォール」に投稿された感想・評価

Seiji

Seijiの感想・評価

4.1
どう考えても低予算な作品なのですが、戦争映画としてはかなりの秀作だと思います。スナイパーが主役の山猫は眠らないを上回る緊張感を味わえました。見てると水をガブガブと飲みたくなります。
凄く面白い!

見終わった後に、飲んだペットボトルのコーラがたまらなく美味しかった。
気分は砂漠、口の中が砂だらけに思えた。

戦争映画の手法は数々あれど、こんな表現もあるのでは?
傑作『ダンケルク』も好きだけれど、この映画の予算はいくらなのだろうか? おそらく十分の一、いや百分の一か。

お金をかけなくても、素晴らしい作品ができる見本みたいな映画。
なにせ、セットは砂漠にこさえた瓦礫だけ、出演者は2.5人だけ。

主演の役者を後で調べたら、びっくり!
あの『キック・アス』のふにゃふにゃなお兄ちゃんとは!!

とにかく、見て損のない映画だ。
制作者もしっかりと儲けて欲しいものだ。
ちよだ

ちよだの感想・評価

3.8
機内で。
眠かったのにこの映画見始めた瞬間から眠気がふっとんで、常にハラハラ。

90分間ずっと緊張感がある。
自分もイラクのその場所にいるみたいな感じ。

姿が見えない怖さがすごかった。
イラク戦争を舞台にスナイパーに狙われたアメリカ兵の極限化を描いている。

登場人物3人

1人は姿を見せず声だけ(笑)

壁に隠れて攻防や心理戦のみのワンシチュエーション

アーロンはマジカッコイイけど作品で活かされて無いよなー

軍服スゲー似合ってる

DVDで十分でした
ドント

ドントの感想・評価

3.9
とてもよかった。イラク戦争終結直後、砂漠の中の建設現場近くで敵兵を探していた米軍兵士2人がスナイパーに狙撃され負傷、ひとりはボロボロの壁の後ろに隠れるが……
戦場が舞台で、場所はカッサカサの砂漠で、弾丸が飛んでくるが、これは怪談映画ないし怪奇映画である。姿は現さず、声で揺さぶりをかけ、人を手玉に取る狙撃手。手で押したら崩れる壁もどきの防波堤を越えて話しかけてくる、人心を脅かす悪魔のような相手で、そういう意味では『激突!』や『エクソシスト』みたいな感触。知識や情報が豊富だったり本音や過去を知りたがるのも悪魔っぽい。なので「こちらを見ている相手方からのスコープからのショット」は不要だったと思う。必要最低限の2つだけ残して全部隠してほしかった。惜しい。
2.6人芝居くらい(なぜ半端なのかは観るとわかる)なのにほとんどダレることなく、謎痛さ怖さ渇き駆け引き緊張感が持続する。だだっ広い砂漠なのにきちんと閉塞感があるのも怖くてgood。簡素でスリリングな作品。よいものをみました。
菊千代

菊千代の感想・評価

2.5
2017年10月19日(木)

上ー5 Mー16 CS

贔屓のD・リーマン作品。

地味に砂埃の中進むストーリー

好きだけど、わりとありきたりな話。

次のバリー・シールに期待。
MasaHata

MasaHataの感想・評価

2.4
臨場感はあったけど......それだけ⁉︎ オカズ無し、お新香だけでご飯を食べた感じ。
raga

ragaの感想・評価

3.5
姿の見えぬ敵スナイパーとの会話や心理戦が面白く、それだけに最後の顛末はもう一捻り欲しいと感じる。ペットボトルの水の美味さや銃創の痛さがひしと伝わる。戦争はやめよう、国民の命を守ると訴える政治家はやはり信用できない。
みか

みかの感想・評価

3.8
ちょっと疲れてたので中盤ウトウトきてしまったんだが、ラストに向けて目もぱっちり。
oldmanSEEK

oldmanSEEKの感想・評価

2.6

このレビューはネタバレを含みます

一発オチムービーでした。
(ネタバレなしで書いたつもりですが、一発オチと書いたことで少々アウト感もあり、一応ネタバレにしておきましたがオチそのものや詳細には触れてませんので、以下読まれてもそれなりに大丈夫の筈です)
どこからともなく凄腕スナイパーに狙われる…
キューブリックの『フルメタルジャケット』の2部を彷彿させるような、90分間ハラハラドキドキの、ジェットコースタームービーでした。

盾になるのが、ちょっと押せば崩れてしまう、まるでインベーダーゲームのプレイ中に崩壊してしまう逆U字を彷彿させるような頼りない壁だけ。

例えば一発オチとして映画の面白みを考えるなら、入りは一見一発オチにみえて、ラストにトンデモない展開がある…このパターンだと最近ではイリヤ・ナイシュラー監督の一人称視点『ハードコア』とか。
或いは確かに一発オチなんだけど、その過程のキャラや場面、シチュエーション、展開などが工夫されて面白かったり深みがあったり、大きな哲学的なメタファーだったりで何度も観たくなるし飽きない作品とか。
そういうので最近思いつくのだと、ホナス・キャロン監督の『ノー・エスケープ 自由への国境』とか、古くは『エイリアン』とかスピルバーグ『激突!』みたいな作品とか。

今作も途中の敵との会話にちょっと工夫はあったものの、自分は彼らの会話の表面的な内容は理解出来ましたが、その中にさほど面白みは見つけられませんでした。
日本人であの会話の真の意味が理解出来て楽しめる人って、当時のアメリカ情勢や戦況に相当興味がある人か、肌で知ってる人くらいじゃないかなぁ…
(もちろん会話そのものは理解出来る内容ですが)

そんな感じで、ある程度予想出来る範囲内で終結してしまったのが、物足りなかったというか…なんだか勿体無い感じ。

それこそ『フルメタルジャケット』みたいに、ガーンときて、しかも色々モヤモヤも残るような…。
そういう意味ではやっぱキューブリックは凄かったのを再認識!でした。
>|